TikTok開始から一週間でフォロワー9700人までいきました。【結論:イケメンには勝てません】※完全無料

初めまして。

宇宙どろぼうによって欠乏した月を、黄色の絵の具で補充する仕事をしております、七草です。

学校やお仕事以外にする事が無く、暇を持て余したので、TikTokを始めることにしました。

開始当初はなんとなく、「一週間で300人に到達すれば最高。ウェイ。」の予定だったのですが、想定以上にフォローして頂いたので、本当に衝撃ですし、感謝の気持ちで一杯です。

今回はそこに至るまでのシンデレラ

もっとみる

七草って。

初めまして。

感情の総数が少ない人間たちに、恋心を吹き込む仕事をしております、七草です。

秋は消失したのでしょうか。
僕の心は秋9割、愛情1割で出来ていたので、少し心疚しいです。
返してくれよ、優しいだけの季節を。

さて、今回のnoteは僕の自己紹介です。
興味ないという人は本当にごめんなさい。
というか興味なかったらここまで読んでないですよね。つまりここまで読んだ人は相当僕のコアなストーカ

もっとみる

ポートレートは、『きゅん』とするかどうか。【たかいたかい】

初めまして。

Amazonの段ボールに書かれた矢印に沿って女を殴る仕事をしております、七草です。

冬が雲に追い付いて、夜を包み込むような感覚が、ずっと心のどこかに在ります。
寂寥感が体を襲う日々が続きますが、どうか生き抜いて、散る為に咲く花を見ましょうね。

さて、今回のnoteには、現在人気沸騰中のスーパーカメラマン、たかいたかいくんに来ていただきました。
インタビュー形式で、「被写体との距

もっとみる

『#スマホでも写ルンです』は、誰の為?

初めまして。

月明かりを集約して、夜空に貼り付ける仕事をしております、七草です。

秋が死んでしまっているような気がするのは、僕の杞憂でしょうか。
人間界では、僕が季節変更ボタンを押す度に風邪をひいてしまう現象があるようなので、人間の皆さんはどうぞお気を付けて。

さて、今回このnoteに書くのは、わたしが企画させていただいたスマホ写真の企画、『#スマホでも写ルンです』について。

そして最後の

もっとみる

草画帖 18

草画帖第十八号を発行しました。
秋の七草号です。
萩、芒、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗。
他に吾亦紅、釣鐘人参、芙蓉。
十種の草筆・木筆による草画です。

俳句は秋の三笑果、通草・毬栗・石榴。
詩は「紅天狗茸」「衣笠茸」の二篇。
なにやら賑わいのある号となりました。

紙版、Web版、自由製本版があります。
 ☆
Web版は下記URLで閲覧できます。
ご自分で印刷製本したい方には印刷用PDFを無料

もっとみる

七草はピンク色のポタージュに そして金柑のサラダ

お正月気分も抜けやらぬまま…
時間はどんどんと過ぎていってしまうのですが、今年は仕事始めがゆっくりなこともあって、ぼんやりのんびりしている私には、季節の行事的なものがあることは、ある意味とてもいい刺激、日常の中のメリハリになっています^ ^

今年はお正月にお節も作って、なかなか良いスタート!
そして、7日は『人日の節句 じんじつのせっく』
七草粥を食べて、今年1年の無病息災を願う日。

近年はス

もっとみる
ありがとうございます\(^o^)/
87

☆1月8日(火)☆ぶーさんの本線ファイブ☆浦和競馬 全レース予想

こんばんは!!おはようございます!!

お疲れ様です!!

七草粥は食べましたか?

私は、すっかり忘れて普通にいつも通りの朝食を

食べましたとさ(-_-;)

浦和2日目、少し調整しました!(^^)!

うまくはまってくれれば良いのですが。。。

つくづく競馬は難しいなと思います(ーー;)

だからこそ、予想しがいがあるのですがね。

的中すると、テンション上がりますしね♬

皆さんのテンショ

もっとみる
今日良いことがある(^^♪
7

七草粥食べて、ゆっくりゆっくり

1月7日の今日は、七草粥の日です。
りこちゃんと こざる達は、みんなで 朝ごはんに 七草粥を食べます。

 昔、りこちゃんが作っていた時は、七草粥に 焼いた餅と
しらすを入れていました。今は こざる達が作ります。
同じように しらすは入れますが、おばあさんの りこちゃんが
安心して食べられるように餅は入れません。

「りこちゃん、少しずつ、ゆっくり食べてね。」
「うん、そうだね。少しずつ、ゆっく

もっとみる
ありがとうございます。今日も ゆっくりのんびり(^_^)
11

七草がゆにトンカツ

なるほど、いつも通りだ。
一月も本格的に始動し、何もなかったかのように、休みの前の続きに戻っている。あっけらかんとしたものだ。

いまの私は、念頭にあたって、というような言葉に触れることもなくなっているので、愈々微塵も感じさせられない。少しばかり長かった休みが終わった、そんな風な出だしだった。気ままと言えば気ままか。

年末年始といえど、そう無茶な生活をしてきたわけでもない。正月のあいだに一度家族

もっとみる
ありがと~(*'▽')