ロンドン旅行~フォートナムアンドメイソンからバッキンガム宮殿へ

ロンドンの人気エリアであるピカデリー通りにあるフォートナム・アンド・メイソンへ行きました。

  日本の百貨店(三越)でも紅茶やクッキーが手に入りますが、品質が良い高級品ということもあり福袋もあっという間に売り切れる人気ぶりです。ここでは、商品の品ぞろえもよく、しかもお値打ちに手に入れることができます。レジでタックスフリーについて店員さんに聞いてみたところ、自分たちが購入したクッキーや紅茶について

もっとみる

やがてマサラ #16 UKとマサラの甘い日々

5年にわたる右往左往。行きっぱなしではなく度々帰ってはいたのですが、「帰国」ではなく「来日」とか「出稼ぎ」という感覚でした。

この旅烏なサーカスライフをドラマティックに終わらせよう。

30歳すぎてもどこまでも夢見る年ごろを卒業できない私でした。飛行機で飛べばひと晩で着く日本に、陸路と海路で帰ってみようと思い立ったのです。だって地図を見ていたら地続きで、なんだかとってもわくわくするじゃない?

もっとみる
スキあらば、スキと伝えたい、あなたにも💕
7

ホロちょっと見てみた・コナン・ドイルとシャーロック・ホームズ

今回は大好きな
『シャーロック・ホームズ』の作者である
サー・アーサー・コナン・ドイルを
見たいと思います。

自分がまず、100%楽しめる記事を書きます。

しばらくは

作家のシリーズを充実させようかと思います。

無料なんで、さらっとしか見ないです。

でもまあ、

この人は20代アイドルじゃないんで

『彼はそんな人じゃないです!私のほうが知ってますから!違うって思うことも多いです(笑)視

もっとみる
さすがあなた、お目が高い…!
5

海外旅行と予防

私がLA旅行に行き初めの1月末からコロナウィルスのニュースが毎日。
LAにいるときはあまり危機感などなく他人事だったがそろそろ他人事では無くなってきた。

来週21日〜27日までパリ、27日〜3月3日までロンドンへ旅行に行く。
今のところ日本人入国禁止はされていないけれど、このまま国内感染者が増えると正直わからない。
そして私はまだまだ感染者は増えるばっかりだと思う。

そんな旅に何があっても大丈

もっとみる

世界三大世界都市

世の中には色々なランキングがあります。ランキングは指標になりますし、比較しやすくなるので人気のコンテンツです。

有名なものだとCDの売り上げランキングがあります。これは日本ではオリコン、アメリカではビルボードなどと呼ばれます。自動車も売れ筋商品を知るために雑誌やインターネット媒体が独自にランキングを作成したりしてます。

購入者はこのランキングを見ることで売れ筋商品を知ることができますし、候補を

もっとみる

【イギリス人にインタビュー①】ケンブリッジ大学の考古学者コリーンが語る着物や生け花への愛💓

始まりました。わたしもワクワクの【イギリス人にインタビュー】シリーズ第一弾🤩トップバッターを務めてくれるのは、名門ケンブリッジ大学で教鞭を執るイングランド人女性コリーン。英語版も末尾に掲載しておきますので、よろしければイギリス英語のお勉強にもお役立てください♪

もっとみる
嬉しいです💓
5

東京のジムと比較したロンドンのジムの良いところと失敗しないジム選び

東京で働いていた頃からジム活動の重要性を自覚していたので、ロンドンでは下記のような複数のジムと契約してきました。
・City Athletic
・Fitness First
・Pure Gym
・Gym Box
・その他、ローカルの公営ジムや住居の共用ジム等3件
東京ではエニタイムフィットネスとゴールドジムに通っていたのですが、東京とロンドンでは結構カルチャーが違います。
過去の自分に向けて、ロン

もっとみる
Thank you! Have a nice day!
3

勉強の時間!

今は、毎日日本語を勉強します。
『みんなの日本語』は私の日本語の本です。
毎朝、45分ぐらい勉強します。
私は日本語の辞書がありません、私の辞書はiPad のAPPです。
私は日本語のノートで書くことをれんしゅうします。
日本語はむすかしです!がんばれ‼️

『成人式』

この話は2008年12月に書いてトラベラーズノートのウェブサイト「みんなのストーリー」に掲載された旅のストーリーです。現在も掲載されています。そのままここに掲載いたします。現在も「みんなのストーリー」に毎月一作旅の話を書いています。これは掲載第15作目です。

 年が明けて最初の祝日は「成人の日」。年末年始休み明け最初の一週間を乗り切るとこの祝日が待っている。なかなか日常に戻れない体にはカレンダー

もっとみる

やがてマサラ #15 大英帝国へ上陸

『何事によらず反骨心というものが私を支えてきた』

有吉佐和子さんの小説『非色』にそんな一節があり、折りに触れては思い出します。

敗戦間もない日本で進駐軍の黒人男性と恋に落ちアメリカに渡った日本人女性。日本で堂々と振る舞い頼もしかった黒人の夫が、人種差別と身分制度の名残りが色濃いアメリカに戻ったら日々精彩を欠いていき、自身も「お恥ずかしい戦争花嫁」と呼ばれるなかで道を切り拓いていく話です。

もっとみる
ナマステ。スキアリガト🇮🇳
7