本を読む習慣 — オバマ、ゲイツ、バフェット、出口 | きのう、なに読んだ?

こちらのQuartz の記事を読んだ。タイトルは「週5時間を学びに充ててない人は無責任だ」くらいの意味だ。

冒頭部分をざっくり訳す。

オバマ元大統領は、世界で最も多忙な人のひとりだったが、在任中、毎日1時間を読書に充てていた。なぜか?
史上最強の投資家であるウォーレン・バフェットは、若い頃から現在まで、時間の80%を読むことと考えることに充てていた。なぜか?
世界一の大富豪、ビル・ゲイツは、そ

もっとみる
ありがとうございます。良い時間をお過ごしください。
1003

なぜ「自由な会社」ほど息苦しいのか?

「楽しく働きたい!」
「自由な会社で働きたい!」

そう思っている人は多いでしょう。

出社時間は自由、サークルのようにワイワイ仕事して、夜はチームのみんなと飲みに行く。リーダーもやさしいし、ルールもきちっと決まってないから柔軟に動けるーー。

そんな「理想の」会社で働きたい、と。

すでにそういう会社で働いている人も多くいます。

ただ一方で、最近こんな声も聞こえてきます。

「毎日なんとなく楽

もっとみる
ありがとうございます!
971

チームはまず「3人」でつくれ

今日は「最強のチームのつくり方」を明かします。

 1回目の記事では、ぼくらのお店の「チームプレー文化」についてお伝えしました。今回は具体的に「じゃあ、どうやっていいチームをつくるのか?」というお話です。

 おかげさまでぼくらのお店はうまく回っていますが、それは「チームがうまくいっているから」に他なりません。

 しかもチーム内に「カルチャー」があるから、新しいメンバーが入ってきてもスッと馴染ん

もっとみる
ぼくもスキです
584

実行力が強い組織づくりの要諦は、「システム思考」にある(1万1000字)

マネージャーのアウトプットとは、自分の率いる組織のアウトプット。

そのために求められる行動は、チームメンバーの能力と情熱を引き出し、望ましい行動を強化すること。

一人一人が組織のために正しい行動を取る確率を高めることです。

組織を率いて、個のアウトプットの最大化と個々が合わさった組織のアウトプットの最大化を目指します。そうしてゴールにたどり着くために成果を出すのです。

*  *  *

もっとみる

渡り鳥にリーダーはいないらしい

渡り鳥が群れを作って飛ぶ時いつも先頭を飛ぶ鳥がいますが、この鳥は絶えず交代していると言われています。この法則を仕事に適応できるのではないか。そう思って会社をつくりました。ここでは設立に至った動機を書いてみます。

使い捨てされる若手

建築家として自分の名前で仕事をするには色々な方法がありますが、大学を卒業したら有名建築家に弟子入りし数年修行したのちに独立するというのが王道です。しかしながらその道

もっとみる
ありがとうございます。歳とるまで書きます。
288

【Public Notes】なぜ日本には34歳の首相が生まれないのか

【Public Notes】とはミレニアル世代のシンクタンクPublicMeetsInnovationがイノベーターに知ってもらいたいイノベーションとルールメイキングに纏わる情報をお届けする記事です。

 突然ですが、昨年12月に第46代フィンランド首相としてサンナ・マリン氏が就任しました。日本でもその年齢(34歳!)で大きな話題になったため、まだ記憶に新しいかと思います。
 このニュースを受けて

もっとみる
ありがとうございます! よろしければシェアもお願いします!
387

コロナショックを経て、いますべての経営者にどうしても伝えたいこと

雇ったからには、社員の人生への責任がある

経営者は「社員の人生」に対して責任があります。

経営者は、会社を成長させることで会社の「社会性」を高め、会社の「利益」を増やし、それを社員に分配することでその責務を果たします。

ただしそれは「当面の責務」であり、もうひとつ大切な責任があります。それは「稼ぐ力を身につけさせてあげる」ということです。

経営者は、この先もずっと社員と一緒にいるとは限りま

もっとみる
ありがとうございます!
383

フォロワーシップによるリーダーシップ

最近なかなかnoteを書く余裕がなかったりするけど、とても大切で、しっかり書いておきたいと筆を走らせることにしました。

それは、タイトルの通りなのですが、フォロワーシップについてです。フォロワーとはリーダーにつくチームメンバーのことですが、フォロワーシップは誰もが高めるべきものだったりします。

フォロワーシップについては下記のサイトにまとめてあったので、読んで頂けると良いのですが、リーダーシッ

もっとみる
ありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!
211

出世する殿方の特徴と行動

ホステスという仕事上、様々な経営者の方々を見てきました。

ほとんどと言って良いほど、銀座に来られるお客様は「気を配る」ことが上手です。

また、そういった方が連れてこられる方々もまた洗練されていて紳士であることが多いです。

連れてこられる方の中には、「同じ会社の部下」の方などもいらっしゃいますが、私共も驚くくらいあっと言う間に昇進して、爽やかな笑顔で再び戻って来られる方もおります。

そんな方

もっとみる

【体験談】新卒3年目で7人の先輩が部下になった時に得たマネジメント術

※2000文字程度は無料でお楽しみいただけます

今回はsomekichiの実体験として、新卒3年目で7人の先輩が部下になった経験を元に、そこで培ったマネジメント術と経験談をお話させていただこうと思います。

この話をしようと思った理由

somekichiが管理職になった時は、年齢にして24歳のことでした。部下は先輩ばかりで、中には10年選手な先輩もいらっしゃいました。

そんな中で、初めて経験

もっとみる
有難うございます!!by somekichi
203