メイドインジャパン

【SNS活用による海外販路開拓】その7

【SNS活用による海外販路開拓】その7

☆☆書類の保管は万全でまいりましょう☆☆ 第1回 今回も見出し写真に大きなやかんが登場しました。そしてやかんをお持ち頂いたのは「着物美人」さんです。やかんも着物も、海外では大人気なのであります! さて、前回までの2回は、☆中古のメイドインジャパンも海外では大人気☆ というテーマで書いてみましたが、同じ話題ばかりも面白くありませんので、今日は書類のファイリングについて書きます。 貿易・輸出入の仕事をしていると、どうしても書類が溜まってしまう傾向にあります。書類を仕分けてビシ

スキ
2
GAFAM とは異なる道を進むために縄文遺伝子スイッチオンの時がきた
+5

GAFAM とは異なる道を進むために縄文遺伝子スイッチオンの時がきた

縄文と沖縄の共通点、「技術力」 上の写真は、縄文土器「火焔土器」 考古学的には縄文中期、世界最古にして最高級品の土器と言われています 下の写真は、現代の沖縄で有名な「壺屋焼」のシーサー (那覇の国際通りを抜け、「やちむん(焼物)通り」と言って沖縄の焼物の専門のお店が数多く並んでいます。 どうでしょうか?同じ「焼物文化」を感じませんか? 一目瞭然、疑う余地のない同じDNAを持つ「焼き物技術」だと思いますが。 共通点は「土と水と火」 自然界の物質で造られた物だと言う事

【SNS活用による海外販路開拓】その6

【SNS活用による海外販路開拓】その6

☆☆中古のメイドインジャパンも海外では大人気☆☆ 第2回 その5での話しの続きになりますが、私が実際に経験してきたことを更に詳しく書いてゆきます。自分がピアノが大好きなので、中古ピアノの輸出のお手伝いをさせて頂いた時期は、とにかく面白かったです。この記事の見出し写真はデジタルピアノですが、最初はアコースティックの中古ピアノの輸出に関わりました。問い合わせのきっけをつくるネット上での情報発信はアリババでした。まだ中国の商社が大掛かりに日本の中古ピアノ漁りを始める前でしたから、

スキ
2
藤本産業の強み メーカー編Vol.1
+9

藤本産業の強み メーカー編Vol.1

今回の投稿は“藤本産業の強み”と題してメイン仕入先、ボルトメーカー「金剛鋲螺株式会社」さんをご紹介いたします。 金剛鋲螺さんは国産品でも特に品質にこだわり、長年の実績により「ハイククオリティー」を実現しておられます。信頼のおける「ねじ」をお探しの皆様にお勧めです! 金剛鋲螺さんってどんな会社? 1956年の創立以来、メイドインジャパンの安心を届けてこられた“ダイヤ菊水”ブランドの金剛鋲螺(株)さん。顧客の皆さんの様々なニーズに対応し続けることで商品アイテム数は、累計30

スキ
4
フライパンの買い替え時の謎~いつまで使えるの?~

フライパンの買い替え時の謎~いつまで使えるの?~

フライパン、何使っていますか? 1,お困りごとは、くっつくことうちは、小さめの鉄のフライパンと、大き目のテフロンコーティングのフライパンと、あとは卵焼き用の四角いのがあります。で、大きいフライパンが、毎回毎回、くっつく。で、我慢の限界。しばらく使わなかったけど、使うとやっぱり、くっつく。(慣れてしまっていることがヤバい!) 2,買い替えを決めたもののいざ、買い替えようと決めたものの、ネットじゃ色々ありすぎて…選べない。比較項目が多すぎるのです。 そこで、勢いで、キッチン

スキ
4
日本製を買って大切に使う

日本製を買って大切に使う

こんちは〜 オリンピックが終わり、小池百合子パイセンの影響をモロに受け閑散とした赤坂のお家からお送りします 新型コロナウイルスはどうか分かりませんが それに対する対策に多大なる不便を被られてる日本国民の皆さんのチカラになれるとまでは思いませんが この状況がある程度落ち着くまでの間、極力 日本製にこだわり製品を購入して行こうと決めました! ありがたい事に私の会社はコロナの影響をほとんど受けずに、この2年間運営してこれました。ただ、先は誰にも分かりません。 小売店や飲食店

スキ
4
【僕がAVIRIVAを選ぶ理由】真摯で紳士、良いものを届けたいという熱意が伝わるメイド・イン・ジャパンの誇り

【僕がAVIRIVAを選ぶ理由】真摯で紳士、良いものを届けたいという熱意が伝わるメイド・イン・ジャパンの誇り

おはようございます! 連日の30度越え、もはや北海道の涼しい夏というものは遠い過去となりました・・・ ま、水曜日からは一気に気温が下がって最高気温でも20度を超えないという予報が出ておりますからもう少しの辛抱なのですが、我々は良いとしても、2か月ちょっとの息子のことを思いますと、こうも乱高下いたしますと可哀想でなりません。 せっかく北海道に産まれてきたのに初年度でこんなに暑いんだからね。 もう少しの我慢、頑張ろう\(^o^)/ さて、本日はですね、ニセコようていスキ

時代を映す鏡、バッグが語る平成・令和
「デザインコンテスト&コンペティションの受賞作で振り返る バッグ・クロニクル」<ジャパンレザーアワード>

時代を映す鏡、バッグが語る平成・令和 「デザインコンテスト&コンペティションの受賞作で振り返る バッグ・クロニクル」<ジャパンレザーアワード>

「タイム&エフォート」公式サイトでは、国内の靴産業150周年を記念した2020年の「革靴特集」に続き、「革鞄・ハンドバッグ特集」を展開しています。 「日本の鞄・バッグ プレイバック」、「業界の有識者&博物館担当者に聞く 日本の鞄・バッグの 現在過去未来」のふたつのテーマを更新中。 テーマ1「日本の鞄・バッグ プレイバック」の新シリーズ、「デザインコンテスト&コンペティションの受賞作で振り返る バッグ・クロニクル」がはじまりました。 日本最大規模を誇るレザープロダクトコン

スキ
8
”made in Japan”神話。

”made in Japan”神話。

こんばんは! 今もなお、この日本において”made in Japan”と名のつく商品やサービスにはある一定の付加価値がつきます。 特に食材や日用品などに関しては、原産国や加工国の表示を気にして購入を検討される人も多いのではないでしょう。たしかに”日本”というラベルがあるだけで、品質が高く安全であると思い込みます。 はたして本当に安全なのか?しかし、その実情を知る人はほとんどいないように感じます。実際に工場や生産する場面を見ているわけでもなく、ただ自分たちの中にあるイメー

スキ
5
ウィズコロナ時代に対応した新スタイルのイベントが好評 「かばんフェス2021」レポート

ウィズコロナ時代に対応した新スタイルのイベントが好評 「かばんフェス2021」レポート

一般社団法人日本かばん協会が「信頼のマーク」PRキャンペーンの一環として行う夏休みイベント、「かばんフェス2021」が7月17日、横浜・みなとみらい クイーンズスクエア横浜で開催されました。 当日ご来場してくださった皆さまには手指の消毒をお願いし、ちいさなおともだちも、しっかりとご協力してくださいました。 来場者を入れ替えるたびに、座席の消毒実施など、新型コロナウィルス感染対策を徹底。 会場では日本製かばん、日本製ランドセルの展示をはじめ、日本製かばんの魅力を発信!

スキ
8