マーケティンググレームワーク

BtoB用のSTP分析のやり方をご紹介【事例で解説】

STP分析は、売るべき顧客を決めるとともに、他社との差別化をするためのフレームワークです。セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の頭文字をとって作られました。

非常にポピュラーなビジネスツールであり、経営を安定させるために役立ちます。以前、カップ焼きそばのペヤングでSTP分析の作り方を解説しました。

今回は

もっとみる
よろしければシェアもお願いしますビズ♪
2

個人用のSWOT分析のやり方【就活にも役立つ!】

SWOT分析は強み(Strategy)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの要素を交えて自他の分析をするマーケティンググレームワークです。一般的には、事業の分析をするために使います。しかし、もちろん個人向けにも利用可能です。特に新卒・中途問わず就活に生かせるフレームワークであり、自分のアピールポイントが分かります。

そこで今回は、個人向けのSWO

もっとみる
またお時間あるときに読んでくださいビズ♪
5