マイソール

新着の記事一覧

朝から絶好調。 ヨガはお休み予定だったけど、動きたい気持ちを抑えられず、オンラインに繋いで軽めの練習。 スマホ越しにいつもの仲間の姿が見える。 誰かの呼吸音、先生の指導する声、それにこたえる練習生の声、が気持ちよく聞こえる。 シャラに行かずとも十分に気持ちいい練習だった。

ウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ 足の高さや横への広げ方よりも、骨盤に意識する。 反り腰にならない。 おへそと恥骨を近づけ、尾骨は下げ、しっかした骨盤をつくって、キープ。 肩の力は抜く。 呼吸は、次の姿勢をつくるときは吐く、元の姿勢に戻るときは吸う、のイメージ。

シルシャーサナ 遠くにアシ先生の気配?を感じる。お腹を薄く、自分の身体の芯と、呼吸を意識。最後まで丁寧にゆっくり下りる。安定して、自己ベストくらいにいい感じ。 帰宅後、アシ先生からメッセージが届いた。今日のシルシの写真を送ってくれた。うれしい!そして、思いのほかすごくいい!

プルヴォッタナアサナ 強く踏んで右ふくらはぎが攣る。解剖学的には、一番使っているところが攣るらしい。足先や踵など、全体に力を分散させる意識で踏むように指導あり。 今日は飛ばしていいよ、と先生に言われたけど、再チャレンジ。今度は左ふくらはぎが攣った。やはり今日は飛ばすことにした。

呼吸音は吸うも吐くも喉から出す。 吸うとき鼻からの音が強い、と言われ、確認すると確かに鼻で吸っていた。意識して喉で吸うと、いろいろ変わるらしい。試すると、細い感じがして少し苦しい。積み重ねれば慣れるそう。 なお、練習前後の呼吸練習は、喉と鼻を使い、喉の音は出さないのが◎。

太腿裏の伸びと、お腹の引き込みを意識することに決めて練習開始。 流れにのっているとつい忘れて、思い出して意識し直す、の繰り返し。全体を通して一つのことにフォーカスし続けるのは難しい。 それでも久しぶりに、スプタクルマアサナに挑戦できた。太腿裏も問題ない。いい練習ができた。

マントラ フィニッシング終わる頃には私一人。 いつも、おわりのマントラは、心のなかで曖昧でなんとなくになってる。今日はアシ先生にお願いをして、一緒に唱えてもらった。 はっきり声を出して、アシ先生のリードでやまびこで。心地良く、気持ちが満たされた。 うれしかった。ありがとう。

スプタクルマアサナ アジャストに入っていただく前、体勢を作るときに太腿ウラが固くて嫌な感じがしたので、ブロック使った軽減ポーズで乗り切る。 どんなに気をつけても、無理して身体を痛めるのは一瞬。 明日からは、太腿ウラの伸びを感じながらスプタまでの練習に取り組もう。

ブリッジ練習 膝に挟んだブロックに加えて、今日から、両足の間にブロックを1つ追加。 母趾球で踏む意識を養う。 ブロック追加で楽にブリッジできる感覚があったけど、終わったあとは内腿が少し疲れているのがわかった。これもロールイン、なんだろうな。

ハーフベンド 重心を踵に預け、後ろに飛び込んだら、 足を強くして踏みしめる。地面の方向にかかる力を意識して、地面と後ろ側を引っ張り合う。今は、タイミングがあわず、切れたゴムの様になってしまうことが多い。 踏む力は内股からロールインして膝を地面方向へ。お尻はふわふわのままで。