謎の腹痛にホメオパシーでアタックの結果別のことがおこった(6/完結編)

私がここで公開しているホメオパシー治療体験談は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。ホメオパシー治療に関心のある方、ひとつのケース・スタディとしてお読み頂ければ幸いです。治療の体験談はあくまで私の場合ですので、どうぞお含みおきください。

前回までのおはなしはこちら

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

あれから

もっとみる
May the force be with you
2

Mickeyが健康オタク”Health Freak"になったわけ

この前のブログにCBDとの出会いを書いた。

ここでは私の過去のお話。

California時代

もともとハイパーアクティブだった私はカリフォルニアにいた頃の仕事が
ファーストペースでノンストップ。

その興奮を抑えるのにもともとパーティー好きな私は夜な夜な飲み歩いた。
ぐっすり眠れない事がほぼ続く毎日だった。
それでも朝起きてパンチを入れる為流行りのコーヒーショップで

強いコーヒーを飲み、

もっとみる

一日安楽死

可哀想で、とても怖くて、直視できないものを愛している場合において、それを直視する役目があると自覚するのを先延ばしにできるのはいつまでか、を1秒ごとに突きつけられるような一日だった。

この子を連れて、車を飛ばして夜間動物病院へ行ったのは、先月に続き二回めだった。先に電話を入れていたから、病院に飛び込んで、診察台の上で鎮静をかけ、猫の横腹から管を入れて胸水を抜く処置が始まるまで、2分とかかっていない

もっとみる
ありがとう。
8

謎の腹痛にホメオパシーでアタック(5)

私がここで公開しているホメオパシー治療体験談は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。ホメオパシー治療に関心のある方、ひとつのケース・スタディとしてお読み頂ければ幸いです。治療の体験談はあくまで私の場合ですので、どうぞお含みおきください。

前回までのおはなしはこちら

(1)

(2)

(3)

(4)

前回の日記を書いた

もっとみる
うれしいです!

謎の腹痛にホメオパシーでアタック(4)

私がここで公開しているホメオパシー治療体験談は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。ホメオパシー治療に関心のある方、ひとつのケース・スタディとしてお読み頂ければ幸いです。治療の体験談はあくまで私の場合ですので、どうぞお含みおきください。

(1)

(2)

(3)



日曜日。休めればよかったのだが仕事の日。起きたところ

もっとみる
ありがとうございます!
3

謎の腹痛にホメオパシーでアタック(3)

私がここで公開しているホメオパシー治療体験談は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。日本ではセルフメディケーションとしてホメオパシーが用いられる傾向がありますが、ホメオパシーという治療が確立した医療体系であるということ、またその医療の本来的な性質を踏まえた上で、私はセルフメディケーションを積極的に採用すべきでないと考えます。こ

もっとみる
ありがとうございます!
1

謎の腹痛にホメオパシーでアタック(2)

私がここで公開しているホメオパシー治療体験談は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。日本ではセルフメディケーションとしてホメオパシーが用いられる傾向がありますが、ホメオパシーという治療が確立した医療体系であるということ、またその医療の本来的な性質を踏まえた上で、私はセルフメディケーションを積極的に採用すべきでないと考えます。こ

もっとみる
うれしいです!
1

謎の腹痛にホメオパシーでアタック(1)

体験談はあくまで私の場合ですので、どうぞお含みおきください。私がここで公開しているホメオパシー治療は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。

**

いまいまの話です。久しぶりに進行形で書きますね!

一昨日の朝、私は海外のとある空港にいた。1週間強で二カ国を訪れる出張の帰路。ナイトフライト7時間弱で朝には帰国できるというとこ

もっとみる
うれしいです!
3

長期旅行の時のホメオパシー

あくまで私の場合ですので、どうぞお含みおきください。私がここで公開しているホメオパシー治療は、ハイルプラクティカ資格をもつホメオパスによる指導に基づいており、自己診断での投薬は基本的に行なっていません。

必須レメディはNux Vomicaです。私は10M。時差ボケの調整、疲れを感じたり、あせったり、刺激が強いと感じたとき、かなり汎用性があります。わりとリピートしても平気と指導されています。たとえ

もっとみる
うれしいです!
2