寝不足疲れにCocc.(コキュラス)

今日は朝活でCocc.(コキュラス)について話していたので、少しだけ音声でも話してみました。 乗り物酔いのイメージの強いレメディですが、育児疲れ、介護疲れ、看病疲れ、気疲れ...まとまった睡眠が取れなくて目が回る〜といった時にも役立つ可能性のあるレメディの1つ。 体内時計がOFFになっている…

レメディーについて

ドイツ発祥の自然療法ホメオパシーついて昨日は説明をしました。その時に植物、鉱物等を希釈浸透したものをその症状が出ている人に与えると症状を出し切り自己治癒力が働きよくなると書きました。 こちらを少し説明します。ハーネマンは植物の薬効書を翻訳する仕事をしていました。その中に「キナの皮…

ドイツ発祥の自然療法

最近お会いする人にホメオパシーはご存知ですかとお聞きしたところ 「聞いたことはありますがどういうものか詳しくはわかりません」という方が多かったのでここで簡単にご説明したいと思います。 ホメオパシーとは、ドイツ人医師サミュエル・ハーネマンによって確立された医学体系で200年の歴史を…

ホメオパシー的な考え方ですね、要するに。 毒には毒をみたいな。それで自分の毒がどこにあるかが分かり、’’生きたい!、死にたくない!’’と心の底から思えるかどうか。 試されています。

【人生を堂々と生きるための学び】動画紹介

人生は不安になりやすいものですね。 どんな災難がやってくるのか どんな備えをしていたらいいか わからないから。       でも なぜ自分の人生に ハプニングも喜びも起こるのか その大元の理由を辿ることができたら・・・      自分の人生を 堂々と生きられる。 そう思いませんか?        …

臨床ファッシア瘀血学(10)連動性と局所性(これまでのまとめ)

 これまでファッシアと瘀血に関しての境界領域を中心に、臨床的な理論を述べてきましたが、この辺りで少し概略をまとめてみたいと思います。  鍼灸医学から量子医学まで、「ファッシア瘀血」を中心軸にしてきましたが、中でもファッシアの解剖学的な連動性と、瘀血を中心に出現する慢性炎症の局所所…

危険な医療

①医学が病気を作り出す 緊急性が求められる以外は、病院は必要ありません。 薬は毒です。 薬を飲んだら楽になっても、副作用は恐ろしいものです。 抗生物質は腸内細菌を殺してしまいます。 風邪をひいて、一回抗生物質を飲んだだけで、1/3の腸内細菌が死んでしまい半年間、元に戻らないのです。 大抵…

スターウォーズep.7をホメオパシー的に観て見たら

今日の朝活では、エピソード7「フォースの覚醒」をホメオパシー的に観てみたら?というお題で話をしていました。 音声では具体的なレメディの話はしていませんが、少しだけシェア^^ わたしたちの周りには ダークサイドが常にあって 戦っても戦っても それはなくなることはなくて むしろ 戦えば…

【「自分を生きる」武蔵小金井講座】ご感想ご紹介

「いつも新鮮な喜びがあるから、 積み重ねになります」 「カルマのわかりやすい、 具体的な話を学べる」 「勢いと直感で動けなくなった今、 支えと励み」。 志賀先生の講座は、 こんなご感想をいただいてます。 なんと20~10年、 学んでくださる方もたくさん✨ 武蔵小金井講座は 現在、 歴史的な出来…