プライバシー保護

自分が自分である証明の究極の方法は生体認証しか無いはず

給付金を振り込むにあたりマイナンバーシステムの使いづらさが目立ったことで、マイナンバーカードの存在意義やあるいはもっと使い勝手を良くした方が良いとか色んな意見が出ましたが、当然ながら政府としてはマイナンバーを今後も推進していくのでしょう。

その政策の一つに、給付金などで迅速に処理が行えるように、マイナンバーと銀行口座の紐付けを行うという案が出ています。

マイナンバーと銀行口座のひも付け義務化、

もっとみる
ありがとうございます!
3

AIカメラアプリが顔情報を隠すことでユーザーのプライバシー保護に貢献

記者 ペイターズ 報道

知能の時代、技術の進歩によって人々に多くの便利さがもたらされましたが、顔認証などの技術の利用によってプライバシーの流出問題も深刻化しています。

この問題を軽減するために、ロンドンに拠点を置く人工知能スタートアップのPlayground社は、ユーザーが簡単な方法で匿名の動画を録画できるようにすることを目的とした「Anonymous camera」という新しいカメラアプリを

もっとみる

No166 接触確認アプリでよくある誤解

前回に続いて、厚生労働省から公開されている接触確認アプリと
いうスマホアプリについて解説を行います。

前回はこのアプリがどのようにプライバシー保護しているかに
ついて書きました。

今回はありがちな誤解について技術面から補足しておきます。

1. 接触確認アプリとは?(再掲+補足)

最近2週間以内にCOVID19陽性者との濃厚接触があったかどうかを
確認するためのアプリです。

とはいえ、それ

もっとみる
スキしていただいた、あなたに感謝!

No165 接触確認アプリは本当に安全なの?

厚生労働省から、接触確認アプリというスマホ用アプリが2020/6/19
にリリースされました。

実はこのアプリ、ボランティアのプログラマ有志による開発である、
AppleとGoogleが開発したフレームワークを利用している、など
話題性もあり、目にする機会も多いものです。

一方で「プライバシーがつつぬけになる」「政府に個人の移動
情報を提供することになるのでは?」といった不安も聞かれます。

もっとみる
セキュリティはナマモノ。たまに覗きに来て情報更新してくださいね。
4

2020年6月23日

Appleのプライバシーの件、2割くらい予想が的中したような気がします。
プライバシーに関する僕の記事は以下。

今年のWWDCは久しぶりに面白かったですね。すべてのOSやソフトウェアが、より洗練され、より統合され、そして今回は開放することによって、よりApple製品を魅力的に感じさせる内容でした。

その象徴が、Home画面のWidget対応、デフォルトアプリの変更、HomePodの外部サービス

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。
7

著作権や肖像権より大事なスポーツ選手を守る判断基準

こんにちは、Aikaです!

昨日書いた著作権や肖像権に関するnoteがTwitterでえらいバズりまして、驚いています^^;

自分が思っている以上に、著作権や肖像権問題に関心がある人が多いのだなとひしひし感じております。

そんな中、いくつかご意見もいただき、より考えさせられたと同時に誤解も招いてしまっているな、と感じました。

なので、前回言えなかった点、気になった人が多かった点について、補

もっとみる
読んでくださり有り難うございます!
34

2020年6月20日

プライバシーの話の続き。

昨日書いた、個人に帰属するプライバシーポリシーですが、「そうは言っても、交通整理なんて誰がするの?巨大IT企業相手に誰が挑むというのか?」という感じでしょう。確かに。正直、この落とし前は、巨大IT企業自らするしかないでしょう。では、どの企業ならできると思いますか?

僕の答えは、Appleです。

Appleは、開発者、サービス事業者に対して、厳しいガイドラインを敷いて

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。
3

2020年6月19日

プライバシーについて、日頃、皆さんはどれくらい考えてますでしょうか?僕はこれまで、あまり深く考えてませんでした。だいたいの基準があって、それを満たせてれば良い。ちょっと逸脱しそうだったら退く。でも、日進月歩で続々と現れるデジタルサービスの進化を、体感して、理解していくためには、プライバシーなんて犠牲にするもの、くらいに考えていました。

しかし近年、プライバシーに関しては、法で取り締まるべくものと

もっとみる
ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。
3

シリコンバレーで話題のプライバシー重視の有料電子メールサービス、「Hey」が目指していること

初めてGmailのアカウントを取得した時のことを覚えてますか? 私が16年前に初めてGmailのアカウント取得した時には、メールの容量がほぼ無限にあって、届いたメールをフォルダに振り分けなくていいこと、そしてメールの履歴がその後ずっとクラウド上に保存されることに驚いたことを懐かしく思い出します。

それから長い年月が経ち、今ではチャットサービスのSlack、Teams、あるいはFacebookのメ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
65

#統計データ No.10

今回は、「法務省」のデータを紹介します。

ですが、毎度毎度で申し訳ありませんが、統計解析や分析はせず、ゆるーい話で終わると思うので、興味のある方は、実際にご自身で調べてみてください。

ということで、私なりに「データを見ながら感じたコト」について書いていこうと思います。

リンクはこちら(最終閲覧日:2020/06/11)

ーーーーーーーーーー

法務省のデータは、集計した数値をExcelにま

もっとみる
精進します
12