ブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲームはアセットゲーム

こんばんは

だいぶ前ですが「Dappsでひとくくりにするのも限界があるし、ブロックチェーンゲームの新しい呼び方について考えよう」という話題が出ていた時がありました。
それ以来、ブロックチェーンゲームをどういう言葉でくくるのが「いかにもそれらしい」のかを自分でも考えていました。

アセットゲーム

考えた末にたどり着いた答えが「アセットゲーム」でした。

すなわち、資産から体験を得るゲーム。

もっとみる

2020年のブロックチェーンゲームのトレンド予想

はじめに
明けましておめでとうございます。

ブロックチェーン開発専業会社のdouble jump.tokyoのビジネスサポート・gumiの投資担当をしておりますmotoです。

アクセルマークの「コントラクトサーヴァント」がリリースからわずか1週間で4,500万以上の売上をあげ、話題になっていますね。
知らない方もいるかもしれませんが、2019年6月リリースのブロックチェーンTCGの「Crypt

もっとみる

試された2019年。札幌移住、ドイツ滞在、ブロックチェーンゲーム

こんにちはヤマピーブラックです😎

2019年は以下のようなことがありました。
・東京から地元の札幌に移住。
・起業を撤退。ブロックチェーンゲームにハマり、ゲーム開発に従事。
・足掛け3ヶ月間ドイツに滞在。

札幌移住

ぼくは大学まで地元の札幌に住んでいましたが、東京のIT会社に就職して上京。7年ほど勤務し、昨年2018年に退職しました。

退職の理由は、友人と起業するからです。

その友人は

もっとみる

【年末年始はブロックチェーンゲームで稼ぐ?】

あれから、早1年。

ライトユーザーながらも、可能な限り、1日1回は触るようにしている。

ざっと、アセット状況を確認すると…

少しは資産化できたかな?

これからの拡張性にも期待しつつ。

それでは、また。

もっとみる
その優しさが世界を救います(*´▽`*)アリガトウ
2

ブロックチェーンの仕組み

さて、今回はブロックチェーンの仕組みについて簡潔に書いていきたいと思います。

《取引履歴を数珠繋ぎにすることで改ざんを防ぐ》
仮想通貨の話をしているとブロックチェーンの話はよく出てくるものだと思います。
簡潔に書きますとブロックチェーンとは、データ(通貨)のコピーや改ざんを防ぐための仕組みになります。今まで取引された履歴の全てが、数珠繋ぎになって記録されていきます。
一つ一つが暗号技術で繋がって

もっとみる
サポートして頂けたら泣いて喜びます(⌒∇⌒)
6

ブロックチェーンゲームの今とこれから

ブロックチェーンゲーム『CryptoAlchemist』を開発するGaiaの窪田です。

ブロックチェーンゲームの、過去、現在、未来についてちょろちょろと書きます。

そもそもブロックチェーンゲームとは何でしょうか。

ブロックチェーンゲームとは、仮想通貨などに利用されているブロックチェーン技術を応用したゲームです。

これだとざっくりし過ぎていて分かりにくいですよね。。

ブロックチェーンゲーム

もっとみる

鍛冶場ができました!アイテムをリサイクルして、魔法をかけて、手持ちのアイテムから利益を得ましょう

キューティーファンのみなさん

今季最大のゲームプレーとエコノミーのアップデートです。鍛冶場へようこそ!

キューティーランドのまったく新しいレイヤーとして鍛冶場ができました。これにはいくつかの新しいコモディティーと、ゲーム内アイテムから利益を得るさまざまな方法が含まれます。

私たちは長くプレーしている人、新しくプレーし始めた人両方を考えて鍛冶場を作りました。このシステムは、すべてのプレーヤーに

もっとみる

イーサリアムで遊べ、デジタル上に「命」を創り出すブロックチェーンゲーム「くりぷ豚(トン)」の株式会社グッドラックスリーが1,000万円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。

資金調達情報
調達額:1,000万円

ラウンド:-

募集方式:クラウドファンディング

調達先:株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」

調達年月:2019年11月

企業情報
企業名:株式会社グッドラックスリー

住所:福岡市中央区天神3-14-31 天神リンデンビル 2F

事業内容:仮想通貨イーサリアムで遊べ、デジタル上に

もっとみる
トップページ「News」より、新着順で記事をご覧いただけます〇
3

ギルドβの個人的注目クリプトスペル

お久しぶりです。

ギルドバトルβも迫ってきたということで、今回はCryptospellsのギルドβで大幅に改変のあったクリプトスペルのうち、個人的に注目しているクリプトスペルについて書きます。

ギルドβでどのギルドが使ってくるカードかも併記しています。

フェルトゴルトの烈火(初期クリプトスペル)

3コスト
相手ユニット1体に5ダメージ 味方リーダーに2ダメージ

5ダメージというのは「ホル

もっとみる

クリプトスペルズはどのように収益を出しているのか?

前回の記事ではクリプトスペルズのカード取引がどのくらいの数、金額で行われているかを分析しましたが、今回の記事ではクリプトスペルズの収益モデル、つまり運営がどの様に収益を得ているかについてまとめたいと思います。

収益を得るポイント

現在運営が収益を得るポイントは2つあります。ゲーム内通貨(SPL)の売り上げ、そしてOpenSeaでの取引手数料です。それぞれについて分析したいと思います。

【分析

もっとみる