図書館はつくれる。空き店舗の新しい使い方、完全民営・黒字経営の「みんなの図書館さんかく」の思想。

図書館はつくれる。空き店舗の新しい使い方、完全民営・黒字経営の「みんなの図書館さんかく」の思想。

今年の3月で「みんなの図書館さんかく」を開館しはじめて1年が経とうとしています。たった1年間だけど本当にいろんなことがあって、たくさんの参画が生まれる図書館に育ちました。 焼津駅前通り商店街の空き店舗を活用し、「一箱本棚オーナー制度」と呼ばれる月額制の本棚オーナーの仕組みで、家賃や水道光熱費などの最低限の経費を稼ぎ出し、本を中心にまちの新しいコミュニティをつくる。 シンプルにやっていることはこれに尽きるのですが、①運営者の持ち出しなく黒字で経営できること、②一箱本棚オーナ

スキ
1,839
"場"なんて作っても、人は繋がらない。~In order to truly connect people, simply "making a place" is not enough.~

"場"なんて作っても、人は繋がらない。~In order to truly connect people, simply "making a place" is not enough.~

「人が繋がる場所を作りたいです!」 ゲストハウスを運営してから、こういう相談を受けることが多々あります。 みなさんが想像しているゲストハウスは、場の雰囲気が暖まっていて、多くの人が盛んにコミュニケーションをとっているような場所だと思います。 宿のコンセプトにもよりますが、僕もゲストハウスってどんな場所かを想像する時は、上で書いたような場所を想像します。 しかし、ゲストハウスを作れば、このような場所が生まれるかというと、答えは"NO"です。 少し過激な言い方になるかも

スキ
188
なぜオンラインファシリテーションがうまくいかないのか?~オンライン進行で意識すべき5つの変化~

なぜオンラインファシリテーションがうまくいかないのか?~オンライン進行で意識すべき5つの変化~

 Potage代表 コミュニティ・アクセラレーター河原あずです。年間100件、プロデューサー兼ファシリテーターとしてリアルの場づくりを行っていましたが、2020年、新型コロナウイルスの流行以降、舞台がオンラインへと強制移行しました。  2020年、オンラインワークショップやオンラインイベントを数多くやってきましたが、3月~5月はなかなかうまくいきませんでした。配信中、視聴者がどんどん脱落したり、ワークショップ参加者が途中で帰ったこともありました。  やっぱりオンラインだと

スキ
242
Clubhouseモデレーター、これだけはおさえたい5つのポイント~脱・初心者!音声SNS会話構築術~

Clubhouseモデレーター、これだけはおさえたい5つのポイント~脱・初心者!音声SNS会話構築術~

 Potage代表取締役コミュニティ・アクセラレーター河原あずさです。ステージモデレーション&ファシリテーションについて教えるオンライン講座を半年以上やっていますが、気が付いたらこの半月で「Moderator」という単語が、急速に市民権を得てきました。何がきっかけかというと、ご存じ「Clubhouse」の出現です。  それまで「Dabel」という音声SNSで配信をしたことはありましたが、Clubhouseのカルチャーと広がりはそれとはまったく違い、衝撃的でした。「世の中には

スキ
175
ファシリテーターの”芸風”の構造

ファシリテーターの”芸風”の構造

ミミクリデザインの組織学習を専門とするファシリテーターの遠又が、こんなことをツイートし、共感を集めていました。 たしかにファシリテーターと呼ばれる役割には”画一的な理想像”は存在せず、「個性」のようなものが存在します。現在ミミクリで進めている熟練したファシリテーターの暗黙知に関する調査研究でも、当日の立ち振る舞いや、背後にある価値観は、ファシリテーターによって多種多様であることが確認されています。 ミミクリデザインでは、なぜそれを「個性」ではなく「芸風」と呼んでいるのか。

スキ
202
プロジェクトデザイナーという私の肩書・職種の役割と働き方について考える
+6

プロジェクトデザイナーという私の肩書・職種の役割と働き方について考える

2017年からプロジェクトデザイナー( Project Designer )を名乗っています。(言ったもん勝ち。googleで「プロジェクトデザイナー」と検索すると最上位に来るようになりました。) プロジェクトデザイナーという職種を定義し、様々なところで活躍できる場を増やしていきたい。 プロジェクトデザイナー名乗っている人は、私以外でも何人かいますが、まだ希少職種。そして私の企みは「プロジェクトデザイナー」という職種を定義し、様々なところで活躍できる場を増やしていきたい。

スキ
184
関係構築=飲み会の時代はもう終わり!スマートに『仲間』になる方法

関係構築=飲み会の時代はもう終わり!スマートに『仲間』になる方法

『たった90分の打ち合わせで、何回もの飲み会と同じくらい関係性を深められる方法があるんですよ!』 と、いきなり聞かされたら嘘だと思いますでしょうか? 仕事を早く終わらせて時間を取らなくても、お酒を飲まなくても、関係構築に特化した打ち合わせを行うことで実現する方法があります。 今日はリーダーとして新しいチームに早く溶け込むために『リーダーズインテグレーション』という90分のイベントをチームメンバーと一緒に行った経験を記事にしました。 『知らない人は敵であると感じる』とい

スキ
119
「場づくり」を自分の人生にしてきたぼくがこの1ヶ月で考えていること。「場づくり」という概念の深化と、地域における仕事を取り巻くいくつかの論点について。

「場づくり」を自分の人生にしてきたぼくがこの1ヶ月で考えていること。「場づくり」という概念の深化と、地域における仕事を取り巻くいくつかの論点について。

ここ数ヶ月、さまざまな場に参加した。主催もした。思考を繰り返した。今後、ぼくたちはどうしたらいいのか、どうしていきたいのか、みなさんと一緒に問いを抱きながら話がしたい。 少し羅列的にはなるかもしれないが、思考していたことを記載しておく。これまでやってきたことのまとめ、今後のチャレンジ。そして、いま抱いている問いや悩み。みなさんの活動や取り組みの参考になる部分もあるかもしれない。シェアなどは、もちろんご自由にどうぞ(全文無料でお読みいただけますが、投げ銭制にしています)。

スキ
156
有料
500