ビル・エヴァンス

話のカベウチ No.2「中年病とミドルエイジクライシス」
+5

話のカベウチ No.2「中年病とミドルエイジクライシス」

※話の自己練習(カベウチ)のために始めたYouTubeチャンネルで使った原稿のアップです。思いつくままのテーマでテキトーに(肩の力を抜いて)話していく予定です。 今回のテーマは、最近の「中年病とミドルエイジクライシス」です。 僕は、中年まっさかり アラフォーです。 でね、中年はいろいろ微妙なお年頃なんですよ。 身体や気力の衰えなどの心身の変化とか、将来が少し見えてしまっている悲しさもある。でも、まだまだと自分を奮起する気負いもあったり、一方で、いろんな大人の事情と責任に

スキ
1
この季節に聞きたい曲と言えば

この季節に聞きたい曲と言えば

普段はaikoが好きで車の中や電車乗ってる時はaiko率が高めな私ですが、ピアノを弾く時はクラシック・ポップス・JAZZ色んなのを弾きます。 そんな中で特に秋の夜長に聞きたくなるJAZZの曲。 ジャズピア二ストの巨匠、ビル・エヴァンス。 ワルツフォーデビーはビル・エヴァンスの中でとても有名です。 コロナ前はジャズバーで生演奏を聴きながらご飯食べたりしてたんですが(お酒飲めないのでソフトドリンク笑)、そんな優雅な夜を2年近くも過ごせてないので、最近はビル・エヴァンスの楽

【特別企画】これからJAZZを聴こうと思っている方へ / 4つのおすすめステップをご紹介します。

【特別企画】これからJAZZを聴こうと思っている方へ / 4つのおすすめステップをご紹介します。

これからジャズを聴こうと思っている方へ極個人的な簡単なご案内をしてみます! ジャズというのは、 もともとビッグバンドジャズのような形式というか集団での演奏形式が中心で、いわゆる盛り場でバンドが奏でるようなそんな感じで庶民に広まっていった歴史があります。ニューオーリンズとかのイメージですね。 トランペットであれ、ピアノであれ、サックスであれ、いわゆるリズミカルに弾むような、ノリがこの時代にはありました。スイングというやつですね。 そこに、個性的な奏者が現れてきます。 ジャ

スキ
114
音を日常の彩りに Vol.3 / 季節と季節の間の淡い時間に聴いていたい曲 / 「I Will Say Goodbye」 The Bill Evans Trio

音を日常の彩りに Vol.3 / 季節と季節の間の淡い時間に聴いていたい曲 / 「I Will Say Goodbye」 The Bill Evans Trio

まだまだ日中は日差しが強いですね。ただ、朝晩は東京でも涼しさを感じます。 この時期の夜。少し前の夏のことを思い出しながら、秋の気配に身を任せる時間が好きです。 蝉時雨、波の音、高原の草の匂い、焼けるような日差し、オリンピックの思い出、、、 思い出に浸ったらあとは、、過ぎ去る時間には、しっかり別れを告げて。 新たな季節を楽しむ。 季節と季節の間の淡い時間。グラデーションのような時期。そんなときには、ビル・エバンスのこの曲を聴いていたい。 ■新しい企画テーマを考えてみ

スキ
117
【音楽】NHKEテレ「クラシックTV」のビル・エヴァンス特集。9/16㈭午前10:25から再放送。

【音楽】NHKEテレ「クラシックTV」のビル・エヴァンス特集。9/16㈭午前10:25から再放送。

 最近地上波のテレビは、ニュース番組も含めて、あまり見なくなったのですが、その中でわりかしよく見るのはNHKEテレの番組です。  この「クラシックTV」(毎週木曜日 22:00-22:30)も割とよく見ている番組ですが、一昨日9/9の「ビル・エヴァンス特集」は予約録画をして見ました。  ジャズファン以外でも、美しいピアノに魅了される方が多いビル・エヴァンスの魅力を、30分という短い時間でわかりやすく伝えていたと思います。 未見の方は来週の木曜日16日の午前10:25から再

スキ
4
「世界はジャズを求めてる」2021年6月第2週(6月10日)放送分スクリプト(出演 池上信次)#鎌倉FM

「世界はジャズを求めてる」2021年6月第2週(6月10日)放送分スクリプト(出演 池上信次)#鎌倉FM

※ Spotifyのプレイリストです(扱いのあるものだけですけど)。聴きながらお読みください。 M1 テーマ曲:What the World Needs Now Is Love/Stan Getz 「世界はジャズを求めてる」 この番組は、週替わりのパーソナリティがJazzを中心とした様々な音楽とおしゃべりをお送りします。毎月第2週の担当は、ジャズ書籍編集者のワタクシ池上信次です。ワタクシの回は「20世紀ジャズ再発見」というタイトルで、毎回テーマを決めて特集を組んでお送

スキ
2
有料
300
夏のお昼寝にはアダージョでハノン

夏のお昼寝にはアダージョでハノン

夏休みといえば、小学生までは、40日間あまり、お休みがあり、登校日は、日焼けしてみんな何かしらの夏の思い出を話す。そして、宿題が終わっていないことに焦りを覚えるのが8月の始め。こどもの頃の夏は、かき氷と早朝ラジオ体操とキックベースボールとバレーボールとバスケットボールとテニスと海で泳ぐことで、終わっていた。ピアノのレッスンを受けていた友人はコンクールや発表会に向けて猛特訓を受けていたなぁ。 そして、今、マスクして仕事の日々。汗まみれの日々。 大人の夏休み。ではないですが、

スキ
3
風の歌207:ミシェル・ペトルチアーニ「カンタービレ」
再生

風の歌207:ミシェル・ペトルチアーニ「カンタービレ」

☆風の歌:My favorite songs207:ミシェル・ペトルチアーニ「カンタービレ」 ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani/1962年12月28日 - 1999年1月6日)は、先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評されていた。ビル・エヴァンスらの影響を受け、一部ではキース・ジャレットとも比較されたりもした。ライブ演奏から「カンタービレ(Cantabile)」。まさに歌うような演奏。 ◎Michel Petrucciani Trio - Cantabile Michel Petrucciani - Piano Anthony Jackson - Bass Steve Gadd - Drums Live in Concert https://www.youtube.com/watch?v=EhjZABvC6Ng&list=PLC32D256EB813F1CB

スキ
22
映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』

これ、私見逃した映画なんです。 いやしかし、何で背中をあんなに丸めて弾くのか知りたいのよー。 多分、髪をオールバックにしすぎたんだろうなぁー。

Jazz&fusionにハマった記憶

Jazz&fusionにハマった記憶

独身OL時代は、一時期Jazz&fusionにハマっていた。サックスの方の“BILL EVANS”と“JOE SAMPLE”はCDを買って、よく聴いていた。職場の近くに“ブルーノート”があったので、何度かライブにも行った。 きっかけは、幼少期から高校受験まで習っていたエレクトーンを、OLになってから再び習い始めた時に、以前は“スクリーンミュージック”を好んで弾いていたのだけど、先生の勧めでJazzを教えてもらった事。 Jazzは父がよく聴いていた。子供の頃の私には、Cla

スキ
22