ビッグファイブ

個性が大切な時代、"性格"の特性について考えてみませんか?

個性が大切な時代、"性格"の特性について考えてみませんか?

こんにちは。今日は性格心理学について。 性格心理学とは、心理学の一分野で、性格を心理学的に研究していく学問です。 やっぱり自分の性格を知ることはとっても大切。 その中でも、今日紹介するBIG FIVE理論と呼ばれる理論は科学的にもかなり根拠のあるものです。 BIG FIVE理論とは 人間が持つさまざまな性格は5つの要素の組み合わせで構成されるとするものです。 その5つの要素とは ①外交性 ②協調性 ③誠実性 ④神経症傾向 ⑤開放性となります。 ちなみに私

7
人気のMBTIにも弱点があった!ビッグ•ファイブとの違いとは?

人気のMBTIにも弱点があった!ビッグ•ファイブとの違いとは?

Hi guys! How are you doing? Today, let me explain about the difference  between “MBTI” and “Big Five”. こんにちは! 今日はさくっと終わりますので、お気軽にどうぞ😄 MBTIは自己分析に役立つ性格診断です。 他者との違いを理解するのに便利なツールでも あります。 しかしながら、タイプだけでその人の全てが 分かるわけではありません。 同じタイプであっても違いがあります。

3
DaiGoの超性格分析アプリで自分の性格を丸裸にしてみた【Withと連動可!】

DaiGoの超性格分析アプリで自分の性格を丸裸にしてみた【Withと連動可!】

はじめまして!もん@といいます。 普段はTinderやマッチングアプリなどに関する記事やレポを更新してます! Twitterはこんなかんじ! 超性格分析アプリとは?超性格分析アプリとは、性格診断や心理テストを心理学で解き明かし、恋愛の相性まで分かる診断アプリです!メンタリストDaiGoが監修しており、様々な質問に答えていくことで、自身の性格が丸裸になっていきます。診断した結果は、友達や家族にシェアすることができたり、マッチングアプリWithと連携することで

4
性格診断(ビックファイブ)やってみました

性格診断(ビックファイブ)やってみました

https://commutest.com/bigfive/ 結果はこちら。

2
橘玲さんがビッグファイブを8つに拡張した本を出したようです(エニア話ではなく)

橘玲さんがビッグファイブを8つに拡張した本を出したようです(エニア話ではなく)

読んではいないのですけども、新聞に公告が出ていたのでメモとして書いておきます。 『スピリチュアルズ 「わたし」の謎』 橘玲(たちばな あきら) という本の広告を見かけました。 この本ではビッグファイブを8つに拡張しているそうです。 8つの要素 1.明るい/暗い 2.楽観的/悲観的 3.同調性が高い/自分勝手 4.相手に共感しやすい/冷淡 5.信頼できる/あてにならない 6.面白い/つまらない 7.知能が高い/低い 8.外見が魅力的/そうでない 『『スピリチュアルズ 「

5
気持ちが晴れれば結果はついてくるのかもしれない

気持ちが晴れれば結果はついてくるのかもしれない

楽観的/悲観的から___ この章では冒頭に幻覚剤について話がはじまっている。 イギリスには「幻覚剤協会」なるものがあり、そこが主催する「幻覚剤週末体験会」の参加者にはマジックトリュフが与えられトリップするそうだ。参加者はうつ病で苦しんでいる人が多いようだ。 幻覚剤と聞けば怪しい響きだが、オランダではトリュフを乾燥させたものであれば合法だそうだ。 アメリカでは10人に1人がうつ病に苦しみ、毎年約4万3千人の自殺者がいて、半数しか治療を受けていない。 世界保健機構(WH

2
ビッグデータは投票結果を動かせるのか

ビッグデータは投票結果を動かせるのか

マガジンご購読の皆様、こんばんは。お元気でしょうか。受動的であってもソーシャルメディアに参加しているユーザーが、どんなコンテンツを閲覧し、どんなキーワード検索をし、どういうものに like ボタンを押して反応したかという記録のビッグデータがもたらす新しい可能性と倫理の問題について、Sandra Matz さんが話しておられる内容を、少し前に紹介しました。 その Sandra Matz さんのPNAS2017年論文の共著者 Michal Kosinskiさんが、2013年に先

27
スピリチュアルズ(外交的/内向的)

スピリチュアルズ(外交的/内向的)

①刺激に対して鈍感なひとは、覚醒度を上げようとして強い刺激を求める→外向性②刺激に対して敏感なひとは、覚醒度を下げようとして強い刺激を避ける→内向的 この章で1番目を引いたのはこの文。 外交的な人は刺激に敏感なので強い刺激を求めているものだと思っていたから。 ここで”覚醒度”という言葉が出てきているが、報酬系に対する個体差があり、すなわち、欲望へと向かう出力の大きさの違いとなっており、外交性の高い人間のほうが出力が高いそうだ。 ここでいう外交的な人というのは、世間一般

2
パーソナリティ

パーソナリティ

マガジンご購読の皆様、こんばんは。お元気でしょうか。今から10数年以上前のことですが、当時、私は、イギリス物理学会のあるジャーナルの編集委員会のメンバーでした。会議の時に、amazonでやっている「この本を購入した人はこんな本もチェックしています」みたいなスタイルの論文閲覧、ダウンロード推奨のメッセージ表示をいれたらどうか、という提案をしたことがありました。データを蓄積すれば、ある程度機械的にやれますので。当時は、目新しいとか思っていたのですが、誰でもすぐ思いつくレベルの簡単

18
私のあてにならないビッグファイブ セカンドインプレッション

私のあてにならないビッグファイブ セカンドインプレッション

ご存知元気の源ビッグファイブ 私のはこんな感じで、丸くおさまってます で、あてになるのかい? という問題 ビッグファイブ(超性格分析)のテストに限らず 社会経験の足りなさが引き起こす問題がありまして 「そのシチュエーションに立ち会うことがないのだが???」 「こんな場合、あなたはどうしますか?」 を聞かれて聞かれて答えていくのが、こういうテストですよね で、その場合に馴染みがないことが多々あれば 想像で答えるしかなく そんな答え方をしてるので、ウソをついてるつもりはあり

3