【バレー】早く上達するパス練習

こんにちは。
鍼灸治療・コンディショニングルームRe
Reバレーボールラボ石原です。

バレーボールの基本的な練習にパス練習があります。
ボールともう一人誰かがいればパス練習はできます。
壁など跳ね返ってくる場所を使えば一人でパス練習をすることもできます。

バレーボールはこのパス練習にすべてが集約されていると言っても過言でないほど大事なので、パス練習の時間でより早く上達するためのコツを紹介します

もっとみる
ありがとうございます!
1

コロナ時代の幕開けの意義と課題

このコロナの時代は、時代の終焉であり、政治、経済、宗教、科学、数学、人の意識、常識、等、社会及び世界の全てが、変われなければならない時代に来ている事を示しています。

科学は、様々な限界を生み出す考えを世に与え、エネルギーの枯渇、資源の枯渇、宇宙の限界、と言った負のエネルギーを生み出し、又、そこから発展した医療により、人々に様々な不安、心配と言った負の考えを多く産出し、数学により生まれた経済は、国

もっとみる
スキをありがとう!良ければシェアも、よろしく!
6

バレエ教室どう選ぶ??

おうちで自由に踊るのが好きな子、「バレエでも習わせようかな?」
お子さん自身が「バレエを習いたい〜」言い始めた・・

さて、いざバレエ教室を探してみると
意外とたくさんあって、どこにすれば良いのか迷いますよね。

バレエ教室には「種類」があること
ご存知でしょうか?

【教室の種類】

バレエ教室はさまざまありますが、
大きく3つの形態に分けられます。

1)個人運営のお教室型
2)カルチャーセン

もっとみる

【10分ストレッチ 】運動後・風呂上がりのストレッチ8種目【筋肉痛軽減】【疲労回復】

大阪を拠点に関西各地方にフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!@taishi_fujimoto

運動後に実践してほしいストレッチ8種類(約10分)

健康な身体の方を対象とした内容です。腰痛やひざの痛みなどの外傷・障害をお持ちの方、体調が悪い方は決して無理せずにお控えて下さい。

0:00

もっとみる

スポーツ選手・アスリートに実践してもらいたい体幹トレーニング4種目

大阪を拠点に関西各地方にフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナー として活動している BODY PARTNARS の 藤元大詩(ふじもとたいし)です!(@taishi_fujimoto) 

スポーツ選手やアスリートで練習やトレーニングをしていて指導者から「体幹トレーニングをしなさい!」「体幹が弱い!」などとスポーツ現場で何かと聞く言葉だと思います。

今でも体幹トレーニングと聞

もっとみる

自傷自得

『どうしてこんなことしなきゃいけないんだろうね』

吐き捨てるように呟いた言葉は、体育館全体に響き渡る応援によって、誰の耳にも届いてはいなかった。当の本人マモルも、チームメイトに伝えたいと思って発した訳ではない。隣のコートでは勝負が決まったらしく、三組の男女がハイタッチを交わしていた。クラスマッチで生まれた関係性がいつまで続くのか。マモルの頭の中では、どうせすぐに消える、という簡易的な答えが用意さ

もっとみる
バカな!?これほどまでに思ってくれるなんて!
3

【短所を武器とせよ】 欠点は大きな武器にするチャンス

こんばんは
ケイタです

みなさん短所ってありますよね?

まさか
短所なんてないって方いますか?

もしかしたらいるかもしれませんが
ほとんどの人は
長所もあれば短所もあるはずです

少し考えてみてください
短所ってホントに短所ですか?

ん?なんか変なこと言い出しましたね

真剣に言ってますよ笑

短所はマイナスに捉えがちです

長所は自分のいいところで
武器にすることができるので
深く考える

もっとみる
ラッキー✌️
8

【ハイキュー!!】田中龍之介が教えるバレーの基本!バレーはみんなでやることに価値がある!!

こんばんは。

橋岡克仁です。

本日の名言は、漫画「ハイキュー!!」にでてくる考えも行動も一直線、田中龍之介の名言である。

烏野高校の次期エースと呼ばれており、バレー的な強さだけでなく、メンタルの強さに定評がある。

早速、名言を見ていこう。

下手くそ上等!だからみんなで補えるバレーが大好きな田中先輩の熱い指導!

この場面は、他校との初めての練習試合中に主人公の日向翔陽がイージーミスを連発

もっとみる
スキありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

大山加奈と益子直美と日本国のバレー界

ノーベル平和賞を共同受賞した実績を持つ国際人権NGО「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW/本部ニューヨーク)が、日本のスポーツ現場における子どもの虐待やハラスメントを調査。25歳未満のアンケート回答者381人のうち、約2割が指導者などから暴力を受けているといった実態を7月下旬に発表した。
時を同じくして、2018年に岩手の県立高校で男子バレーボール部員だった新谷翼さん(当時17)が自殺したのは

もっとみる
心と体の健康を
1

私のバレーボール全国物語。②

①はこちらから。↓
私のバレーボール全国物語。①

 
 
 
 
 
続き。

 
 
 
私は声をあげて泣いた。初めての瞬間だった。
 
 
私はいつも、自分には力がないと踏み込んで、自分からなにかを言い出すことを恐れてきた。怖かった。後輩に対しても、みんな自分よりも上手だし、自分よりも慌てないし、みんなすごかった。
 
 
 
自分だけがあがいていて、自分だけがなにか違うところにいつもいるみ

もっとみる
スキなんですか、嬉しいです