バックダンサー

『夢を追う』~難聴者の夢の叶え方~

(前頁~『人生の選択肢』) ※難聴者さんインタビュー⑥

ステージ上から見た景色

人生で一番嬉しかったのは、バックダンサーを掴み取った時。
TRFでは味の素スタジアム、w-inds. では東京ドームシティホール、他にもいくつかの実績を持つ。湘南乃風の大阪城ホールでは、家族が見に来てくれて嬉しかった。

ステージ上から見た、観客のペンライトが綺麗だった。
ダンスのきかっけとなったEXILEのLIV

もっとみる
ありがとう♪また見てくれたら嬉しいな♪
8

『人生の選択肢』 ~難聴者の進学・就労と、将来の不安~

(前頁 ~『音楽は「感じる」ことで聴く』) ※難聴者さんインタビュー⑤

「好きだからダンスは諦めきれない。」

幼少の頃からバレエを習い、中学ではバレーボールにに打ち込んだ。

高校の時にEXILEのLIVEに行った。
TVを持たない生活で流行りに疎く、ダンスを職業にしている人がいると初めて知った。「聴こえないけどやりたい」と強く感じた。

偏見もある。「聴こえないのにダンスをやっているの?」「

もっとみる
ありがとう♪BeOneイイ曲だからぜひ聴いてみてください^^
25

『インターホンが聴こえない』 ~難聴者の日常生活~

(前頁 ~プロローグ~) ※難聴者さんインタビュー①

■ プロフィール

「GenGen」(ゲンゲン)
・フリーダンサー
・27歳
・W-inds、湘南乃風、TRFなどのバックダンサーの経験あり
・2019年、THAT'S WHY!! 加入 

■ GenGenさんの難聴と手話

・生まれつき 音感性難聴 原因不明 
・左は全く聴こえない 右に補聴器、全部は聴こえない
・主に口話を利用 手話は

もっとみる
見てくれてありがとうございます♪嬉しいな!
22

難聴者さんのリアル

By BeOne手話ソングプロジェクト 広報 (yuka)

難聴者さんへのロングインタビュー ~プロローグ~

難聴で手話を使われ、この「BeOne手話歌」の手話監修をしてくださった
GenGenさんに、約3時間にも及ぶ、ロングインタビューを行いました。

インタビューの目的は、難聴者さんや、手話についての理解を深める為。

そこには、こんな思いや背景がありました

・「Be One」という曲自

もっとみる
ありがとう♪大人から子どもまで、楽しくやってます♪
24

韓国と日本のダンスシーンの違い

とーーっても日が空きましたが、マイペースに進めさせていただきます。

早速韓国と日本のダンスシーンについて実際自分が行って感じた感想を共有できればと思います。

ただ個人の見解&5年前なので、移り変わりが早い韓国ではもう既に私の知らない領域もあるかと思いますので、あくまで参考にしていただければと思います。

まず日本は結構ストリートダンスも分野として成り立っており、

ダンサーを目指す上でストリー

もっとみる

スタジオ選び 結局篇

スタジオ選びはもうまとめると、、、、

①情報収集と

②粘り強さ

です!!!笑

そりゃルックスも良く、実力も申し分もなければ何となくいったスタジオの初めてのレッスンでピックアップされインストラクターから声がかかるでしょう。

でもそんな方一握りです。

ダンサーはみんな華やかだし、スタイル良いひとも多いし、自己アピールが上手い人もたくさん!!

その中で埋もれないためには自分とよく向き合う事

もっとみる

ダンススタジオ選び 基準篇

結論どうやってスタジオを選べば良いのか!!

バックダンサーのお仕事をしたいならば今実際に現役で活動している人のレッスンに通い続けることです!!!

重要なのは通い続けること!!

私は実際バックダンサーをしたいけどジャンルはHIPHOPやストリートダンスが好きでバレエ、JAZZをやらなきゃとも思いつつも、、挑戦しては辞めてを繰り返していました。

本当にちゃんとやっておけばと今でもこれだけは後悔

もっとみる

求められるダンサーとは

ダンサーが活躍できる場所が増えてきました。オンラインレッスンとかも最近多いですよね。

さて、今日はこれからのダンサーのお仕事、どんなダンサーが求められてくるのかをお話ししていきたいと思います。

ダンス人口が増えて、バトルやコンテストも増えました。自粛期間もオンラインバトルが流行りましたね。最近知り合いの方がスタジオオープンしました。こんな時期にも関わらず体験の方々が来るみたいです。オーナーの努

もっとみる
ありがとうございます!!

⑥独学で仲間達と宇多田ヒカルのバックダンサーなった物語(全6話)

ダンスへ感謝!ライブ本番当日の武道館

そして、本番当日を迎えた。

九段下駅はすでに人がザワザワしており、ゲネプロとは違う熱気。
武道館に向かいながら思う。

「このほとんどが今日のお客さんなんだろうな」

入口付近も人でワサワサしていた。
裏の関係者口から入るのだが、スタッフのピリピリ具合を感じ本番ムードが高まってくる。

それにも増して、今日は海外から大物アーティスト2組も来ている。
セキュ

もっとみる
ありがとうございます!シェアしてくれたらもっと喜びます!
1

⑤独学で仲間達と宇多田ヒカルのバックダンサーなった物語(全6話)

ダンス界に激震!?初バックダンサーの優越感

こうして僕らは、無事に宇多田ヒカルのバックダンサーを射止めた。

初めての大物バックダンサー。
初めての武道館。
初めて何千人の前で踊る気持ち。

ダンサーでもこの経験をできる人は数少ない。
しかも、カリスマアーティスト「宇多田ヒカル」のダンサー経験人数は極小だろう。
なぜなら、バックダンサーをレギュラーで付けるようなダンス系アーティストではないから。

もっとみる
ありがとうございます!シェアしてくれたらもっと喜びます!
1