ドロップアウト

反抗期のない子どもたち

反抗期のない子どもたち

公開しています。 https://drive.google.com/file/d/1l2LLD8ZXUlOdcdf-W6qs1GZgRBdRul8R/view?usp=drivesdk

ひきこもりだった彼が3カ月でセンター試験に挑戦する

ひきこもりだった彼が3カ月でセンター試験に挑戦する

高校一年で学校を辞めたS君。 S君とわたしは今年の2月に出会い、定期的に話す機会が増え、話す度に、S君が顕著に変化していくのを見せてもらいました。 外側の変化は、2月に会った時から6カ月を経て、体重が8キロ減、ダイエットに成功したことです。 ゲーム機に囲まれていた自室を整理整頓し、スッキリさせたことです。 内側の変化は、S君の心の変化です。 学歴や勉強することは、自分には関係ない、興味ないと豪語していたS君が、主体的に勉強を始めたことです。 S君は高卒認定試験を受ける

スキ
18
ひきこもりだった彼の前進

ひきこもりだった彼の前進

今日の朝、メールに嬉しいニュースが飛び込んできました。 ひきこもりだったS君からです。 彼が8月に受けた高卒認定試験合格の報告でした。 メールを見てすぐに「おめでとう」の返信をしました。 S君に直接「おめでとう」の言葉を伝え、喜びをわかちあいました。 そのあと彼が伝えてくれたのは、 合否の結果が出る前から、もう次の段階に進んでいるということでした。 それは、高卒認定を受験すると心に決めてから、大学にも行きたいと思ったのだと。それで、高卒認定試験が終わってから、大学

スキ
15
高学歴の人の大企業志向が理解できん

高学歴の人の大企業志向が理解できん

私は現在四十二歳であと三十年くらいは生きたいと思っている。その三十年を充実したものに出来ればそれでよい。充実していれば、もし途中で死んでも悔いはないだろう。ここでは詳細は書かないが、私には多くの後悔がこの半生である。しかし、死に様が良ければ多くの悔いがある人生を「悔いがあっても素晴らしかった」と満足できる人生として締めくくれると思っている。その人生を決めるのは私自身である。社会に生かされるのではなく、社会の中で自分の意志を通して生きるのだ。 私は現在、精神疾患に罹っている。

スキ
19
親御さんへ 引きこもりに対する必要な配慮はこういうこと

親御さんへ 引きこもりに対する必要な配慮はこういうこと

※非常にリアルな描写、体験をそのまま書いています。苦手な方は見ないようにして下さいね。  退職後も、私は意識下でずっと自分を責めていた。恐らく、自分の信頼していた会社が道徳的に並外れて悪かったこと。一緒に働いていた人との別れ。それを受け止められていなかった。  その後、アルバイトを試みたが心身の不調で出来る状態ではなく、何もできなかった。人生の挫折の谷に落ちてしまった。そう絶望し、自宅に引きこもるようになってしまった。  一時は回復したかと思ったが、兄の結婚が決まり、「社

スキ
2
続かない

続かない

3日坊主ならぬ2日で連続投稿終了。。 書かなければと思いつつ全く気が進まない。 しっかり書こうと思うと文章って思ってる以上に時間かかるもんなぁと実感。noteのために小一時間は割かなくちゃいけいないと思うとなかなか。。 そもそも発信する意味あんのかとか考え始めちゃって。始めるぞって思い立ったときはやる気に満ち溢れてたのになぁ。 ってな記事を投稿して一応続けてるふり。 続けるかやめるかはまだ検討中ってことで。

中学をドロップアウトし、ひきこもり、フリースクール、非行•高校中退等を経て、国家公務員になり、南の島に移住しました。

中学をドロップアウトし、ひきこもり、フリースクール、非行•高校中退等を経て、国家公務員になり、南の島に移住しました。

はじめまして、ひーです。 中学2年生の半ば頃、 自分の失態で学年のほとんどが敵になり いじめられ、不登校になり、 何度も死のうとしましたができず、 誰かにこの辛さをわかってほしくて リストカットをしても変わらず、 引きこもり、転校させてもらったにも関わらず 心が風邪をこじらせボロボロだった私は また不登校に(´-ω-`) 今考えればパニック障害に なりかけだったのだと思います。 交通機関を使うと、 知らない人達から、 自分の事を言われているような気がして、 動機や冷や汗がでて

スキ
549
note2日目

note2日目

毎日書くつもりまではないけれど、書こうかなって気持ちになれたので2日目投稿。 今日はブルーベリーとラズベリーの収穫でした。ブルーベリー&ラズベリーの畑とリンゴ&サクランボの畑の2果樹園で交互に働いてます。 せっかくだし未経験のことをどんどん挑戦してみようと思い、農業してるわけですが、特に興味があってやってるわけでもありません。農業始めた友達が「やってみたら?」って当時腐ってた私を誘ってくれたのでなんとなくやってみたっていうのが正直なところです。元々自然大好き!アウトドア最

再スタート

再スタート

人生ドロップアウトしちゃいまして。 経営していた会社を失い、財産を失い、家族も失いました。自業自得です。 とは言え、腐っていても仕方ないので(本日)42歳の誕生日を機に再スタートの意を込めて、これまでやったことなかったことや興味のあったことにチャレンジしてみたり、実験的な生活してみようと思いたちまして。 で、まずはこれまでも長続きしたためしがなかったブログ。今回はどーだろうと自身に半信半疑になりつつのnoteデビューです。 仕事。これまでは企画、デザイン、WEB制作など

スキ
1
くせの強い義●の話、ついに解禁・・

くせの強い義●の話、ついに解禁・・

旦那は自分で選びました。 旦那の両親と同居することも選びました。 嫁姑問題は、結婚前からみんな苦労されてる話を聞くから、私はそこは大丈夫!と、なんとなくイメージしていて、だから本当にいい姑で、娘のようによくしてもらっています。 ただ、イメージしてなかったことがあったんたんです! それは・・嗚呼、義父(舅)のこと。 私はお父さん子だし、実家の酒屋でおっちゃん達に囲まれて育ったから、おじさん得意だし、まさか義父で苦労するとは、全く、結婚前には思っていなかったんです!