ストリートカルチャー

HiVE#25 | WHEN SPORTS MEET STREET CULTURE

7/24(FRI) 16:00-16:45PM(JST)/7/24(FRI) 15:00-15:45PM(SGT)

■Abstract | セッション概要

Culture Cartel is one of a kind street culture convention started in Singapore. Sports and street culture are always bac

もっとみる

米神新都心(x)

朝起きて、一番の仕事をした。ぼくは時々、モーニングコールを依頼される。だから先月末、5月31日にモニコの起業をした。朝6時30分に依頼人Aからしていされた時間にその人に電話をかけた。昨晩、Aからメッセージが来た。その人とは高校時代に知り合ったが、基本的に今でも全てのやりとりを敬語で行なっている。お互い、敬語が落ち着くのだ。時々、タメ語の方が仲良くなれる気がする、という人がいるが、ぼくには理解できな

もっとみる

グラフティに広がる、裏の世界。

どうも。

今日のヘッダーはベトナムの街中にある
コンテナに殴り書きされていたグラフティです。

何でこんなところに「秋田」が?
書き方を見る限り、日本人が書いたようでも無さそうです。

誰が何の理由で書いたのか、気になりますよね。

自分は学生-社会人の4年間、
東京・原宿にある祖母の家に居候していました。

その時知ったのが、

グラフティと呼ばれる街中の落書きやステッカーです。

有名なもの

もっとみる

アートシーン-Swinging Londonとは

スウィンギング・ロンドン(Swinging London):1960年代のファッション、音楽、映画、建築などにおけるロンドンのストリートカルチャー、具体的には、ミニスカートやサイケデリック・アート(PSYCHEDELIC ART:サイケデリックな体験や幻覚に触発されたアート)、モーリス・ミニ(オースン)など。
もう少し、具体的には、まずは、”The Beatles”が挙げられるだろう、
そして、M

もっとみる
ありがとうございます!
118

映画「KIDS」から学ぶ現代を生きる術

こんにちは

欲望に忠実に生きる。

それは誰しも夢見る生き方ではないだろうか。

写真家として有名なラリークラーク氏の映画「KIDS」をみた。

一言で表すなら「ストリートカルチャーに生きる10代のリアル(90年代)」だろう。

そこに描かれていたのは、欲望のままに生きる10代の少年少女たちだった。

暴力、ドラッグ、セックス…今やりたいこと、今最高に楽しいことをやる。明日どうなるかとか、将来ど

もっとみる
おおきに!!
1

憧れのアメリカン・グラフィティ

グラフィティはアートか、それとも落書きか。
その答えはストリートカルチャーの捉え方によって変わってくるだろう。
私はアメリカに訪れた際は必ずその土地のグラフィティをチェックするようにしている。
きっかけはテキサス州オースティンのGraffiti Park at Castle Hillsを訪れた事だった。

オースティンを一望できるその小高い丘はグラフィティに覆われ、日々そのキャンパスは塗り替え

もっとみる
励みになります!
28

アトランタとは??

アトランタに移住して15年という月日が経ちました。

アメリカ南部最大都市で、マイノリティーの人口が半数以上を占めています。失業率や犯罪率も高く、怖い街という印象でした。これも、私が移住した当時の話で、アトランタ市内中心部は、開発が進み、他州から移住者がふえ、白人の人口が半数を占めつつあります。

サザンホスピタリティー、カルチャー、音楽。ヒップホップというジャンルに関しては、世界中、最も盛んな街

もっとみる

病原菌との当面の付き合い方について

第二回沖縄エンタメ業界の未来を語る会っていう番組を観た。
ZOOMとYoutubeを使ったライブ配信で、音楽や芸術に関わるスペースを経営している方やミュージシャンの方など、9人くらいの人がそれぞれの現状や未来について話していた。

いま一緒に活動しているNEO POGOTOWN / ALKSLKのユウくんも出演した。

画面の中のユウくんはレモンサワーをがぶ飲みしながら、とても良い話をまとまりのな

もっとみる
最近もらったバターナッツと僕です。
21

勝手に野菜を植えるゲリラたち

unkn0wn

先週末からZINEをつくりはじめた。
できれば今週中には入稿してしまいたい。

このZINEは主にユウちゃん×ヤマちゃんで制作している。
ふたりで本でも作ろうや って話をしてから3年も経ってしまったけど、俺たちのチュウニングはいまが1番合っている気がするから、一緒に物作りするのにベストなタイミングのように思う。

とは言っても、この世に生まれて31年と6か月、いつだって今が1番良

もっとみる
このカードを集めています。
34