キックドリル

ストライド頻度を増やすには(単純なバットキックドリルでも同じことができ、踵を素早く引き上げる練習をすればストライド頻度を増やすことができる)

スプリントドリルを考える
以前のレベルで応用したスレッドプルがずっと軽く感じられるようになったら、スタートから10ヤード(9.1m)にかけて加速し、10ヤードから20ヤード(18m)の区間でトップスピードに切り替え、さらに10ヤードを全力疾走する練習を行います。

これは40ヤード(37m)ダッシュのテクニックを応用した30ヤード(27m)スプリントになります。
パートナーと組んでハーネスを使うト

もっとみる
ありがとうございます!
1