カイブツ書簡

『笑いのカイブツ』漫画化決定!

『笑いのカイブツ』漫画化決定!

『笑いのカイブツ』、漫画化決定!!!!! 漫画家・クレパス専門画家・史群アル仙によるコミカライズ企画、 Championタップ!(秋田書店)にて、4月28日より連載開始予定です! 以下、ツチヤタカユキさんより史群アル仙さんへのお手紙を掲載します。 拝啓 史群アル仙 様 はじめまして。 ツチヤタカユキと申します。 今回は、僕の小説を読んで下さって、 漫画化のお話を、お受けして下さり、 本当にありがとうございます。 突然ですが、作品の方を、拝読させて頂きました。 僕は、

スキ
12
MOROHAアフロ ⇔ ツチヤタカユキ

MOROHAアフロ ⇔ ツチヤタカユキ

ツチヤタカユキさんが小説を書くために、ノートの最初のページに、書いた言葉は、『VS MOROHA』という言葉でした。 仮想敵にしてきたという異才のヒップホップユニットMOROHA。そのラッパーであるアフロさんに『笑いのカイブツ』の感想をいただきました。アフロさんへのツチヤさんのお手紙を併せて掲載します。 MOROHAアフロ → ツチヤタカユキ 「お前の言ってる事はわかるよ。けどさ・・・」 そう口から漏れたのだけど 「けどさ・・・」 に続いて浮かんだ言葉の不潔さに、下らな

スキ
3
「おい! どこでハッピーエンドにしとんねん! アホンダラァア!!」

「おい! どこでハッピーエンドにしとんねん! アホンダラァア!!」

cakesで、『笑いのカイブツ』番外編 「おい! どこでセックスしとんねん! アホンダラァア!! 」 が公開中です。 タイトルは、たいへん悩みました。 正直、もうすこし無難なもの、かっこいいもの、内容の軸に沿うもののほうが安心です。 「自分が死ぬべき最高のタイミングを逃した男」「27歳で死んだ、僕を乗せて走る銀河鉄道の夜」「僕は、僕を、終わらせたかったのに」「誰からも愛されないと思っていたから、このまま、愛されとる状態のまま、死にたいねん。」「笑いのカイブツ 番外編」……

スキ
5
竹原ピストル ⇔ ツチヤタカユキ

竹原ピストル ⇔ ツチヤタカユキ

ツチヤタカユキさんの敬愛するミュージシャン・竹原ピストルさんに、『笑いのカイブツ』を読んで頂き、真摯な言葉をいただきました。 竹原ピストル → ツチヤタカユキ 共感したり、同情したり、壮絶さに息を飲んだり、ときによっては嫌悪感を覚えたり。 心の忙しい一冊でした。 それでいて、読み終わった後の素直な気持ちとして、ぼくはツチヤさんのことを好きだとも嫌いだとも思いません。 ツチヤさんが正しいとも間違っているとも思いません。 ただ、本文中の何箇所かに散りばめられている、ツチヤ

スキ
23