ウェブ小説

努力が報われる(作品が見出される)鍵は、検索の使い勝手

努力が報われる(作品が見出される)鍵は、検索の使い勝手

当たり前の話ですが、どんな名文も、読者の目に留まらなければ読んでもらえません。 どれほど頭をひねり、文章を工夫して書こうと、そもそもその存在に気づいてもらえなければ、読まれることはありません。 なので「作品と読者が出逢う機会」はとても大切で、必要なものなのですが… 残念ながら、この機会はそれほど多くはなく、また、全ての作者が平等に得られるものでもありません。 小説投稿サイトの考察記事で「スタートダッシュが肝心」「連載開始後の一定期間内にランキングに載らないと、その後の

スキ
33
「作品紹介」や「あらすじ」が苦手です(それで読まれるかどうかが決まるなんてプレッシャーが酷過ぎる…)

「作品紹介」や「あらすじ」が苦手です(それで読まれるかどうかが決まるなんてプレッシャーが酷過ぎる…)

小説投稿サイトさんに小説を投稿する際、大概はその小説の「あらすじ」や「概要」「作品紹介」のようなものを求められるのですが… 正直、自分はこれを書くのが、ものすごく苦手です。 昨今のウェブ小説界では、まずタイトルやこの「あらすじ」で「読む・読まない」をふるいにかけられてしまうと聞いているので、変な緊張を強いられますし… 「想像力があり過ぎる」のが祟り、「このパターンだと、こういう性格の読者には合わないだろう」「こういう書き方だと、こういうタイプの読者には読んでもらえないだ

スキ
2
安全策で約5万字追加したら、まるっと第2部できました

安全策で約5万字追加したら、まるっと第2部できました

小説投稿サイトでは、時々「コンテスト」や「賞」が開催されます。 会員登録していると「賞に応募してみませんか?」というようなお知らせが、メールで届いたりするのですが… 時々、その応募条件が微妙に分かりづらいことがあります。 自分も「試しにちょっと応募してみようか」と思って調べた時に「ん?」と思ったことがあります。 それは、某小説投稿サイトさんのファンタジー小説大賞に応募しようとした時のこと… 応募要項の載ったページに「期間中に5万文字の追加更新で…」という文言を見つけ

スキ
1
色んなサイトで1位を取りまくった小説に電子出版の打診が来たが「詐欺」みたいだった件

色んなサイトで1位を取りまくった小説に電子出版の打診が来たが「詐欺」みたいだった件

 初めまして。私、数多のウェブ小説サイトで活動している『流石ユユシタ』と申します。   実績としまして、小説家になろう、カクヨム、ハーメルン3つの小説サイトで月間1位を獲得しています。ハーメルンで4半期も1位。アルファポリスでも日間1位を獲得したこともあります。  さて、いきなり本題に入ります。  『百合ゲー世界なのに男の俺がヒロインを幸せにしてしまうまで』 と言う小説を書いているのですが、この小説を電子出版したいと言う話が来ました。少し、嬉しかったのですがちょっと怪

読書好きとウェブ小説の関係

読書好きとウェブ小説の関係

 昔に比べて、書いた文章を人目に触れさせるハードルは低くなっていると思う。コラムやエッセイであれ、小説であれ、レビューであれ。  特に小説は、以前なら紙に印刷(あるいは手書き)して、何かしらの賞へ応募したり投稿したりして掲載されるという過程を経る必要があったのに対し、今では自分のブログに載せてもいいし、Web上の小説投稿サイトに出してもいい。賞への応募でさえ、Web上で完結させられることが増えてきたようだ。  ずいぶん手軽になったといえる。  そうなると問題として浮かび上

スキ
24
作品アピールが苦手なら「打率の高い」小説を書くしかない

作品アピールが苦手なら「打率の高い」小説を書くしかない

世にウェブ小説(ネット小説、オンライン小説)は溢れていますが、その全てが読者に読まれているわけではありません。 中には本文を読まれることすら無く終わっている、野球で言えば「打席に立たせてもらえてもいない」小説もあることでしょう。 どんなに優れたバッターも、打席に立たせてもらえなければヒットを打てないように、どんなにクオリティーの高い小説を書いたとしても、読んでもらえなければ評価されることはありません。 本文を「読んでもらえる・もらえない」の違いは何なのか…それはズバリ、

連続ハゲ小説BE BALD!執筆開始しました。

連続ハゲ小説BE BALD!執筆開始しました。

どうも、アラフォーハゲ男です。 ブログのほうで連続ハゲ小説というなんともヤバいジャンルのネット小説を書き始めました。 そして、こちらnoteではそのウラ解説的な感じで補足説明などできればと思っています。 某ドラマにインスパイアされたわけではありませんが、名古屋の地名をいろいろ解説しています。 序章 第一話の解説 今回は序章ということで、 若ハゲを気にするアラサーハゲ男が同窓会への出席を決意する 場面です。 かつての野球漫画のように、「投げてからミットに届くまで

スキ
14
~Web小説~クソ雑魚英語力大学生の英語ジャーナリング12日目

~Web小説~クソ雑魚英語力大学生の英語ジャーナリング12日目

表に出していかないと、できない主義なのでnoteにて行います。 ルールは、1日5分間(わからないことがあれば、止めて書き留める)でテーマに沿ったことについて、自分の考えを英語で書く。その際、辞書は使用禁止。終わったら、主にGrammarlyを用いて直し、ほんとは表現したかったことがあれば調べる。頭の中を英語にするため、正確性は担保できない。 では早速。 Theme: Web小説 My hobby is reading web novel. My favorite ge

スキ
4
カクヨムコン4の歩き方

カクヨムコン4の歩き方

本作について ・本作は以前カクヨムで公開した創作論を転載したものになります。元記事はこちら ・「note版公開にあたって」以外は全て、カクヨム版と同じ内容になります。 (以下カクヨム版概要より転載) ◇本作について◇ ・本作は「カクヨムコン4」を題材にした「作品を読むときにやった方がいい事」を主観でまとめたものです。 ・本作が「完璧な正解」であるとは思っていません。あくまで「こう思うんだけど、どう?」くらいの理解でお願いします。 ・本作は作品の評価等を「強要」するもので

スキ
1
予備知識ナシでも楽しめる歴史小説

予備知識ナシでも楽しめる歴史小説

「恋愛群像ヒストリカ」は、歴史小説でありながら、固有名詞をほぼ一切出していません。 (唯一出しているのが、過去の哲人として登場する「ソクラテス」のみ。「ダモクレスの剣」は故事扱いのため固有名詞にカウントせず。)   それはこのシリーズの目標が「歴史の予備知識が無くても楽しめる歴史小説」だからです。   1つ1つの物語が短い「短編小説」となっているのも、その一環です。   「世界史なんて難しそう」「知識も無いし、分からないんじゃないかな…」という読者様でも読んでいただけるよう