イズム宣教師

noteは、現代のシルクロードだ。|note×鳥羽登壇イベントで確信した僕らの進むべき道

第三者が、noteを使ってブランドの″人となり″を伝えていくことがスタンダードに。

これからもっとこの流れは加速していくと考えています。

僕たちが考えるnoteの良さは、″リアル″です。

noteが持つクリエイターに対するリスペクトとサポート力が、クリエイターとファン両方の熱量を増幅させています。

「誰もが創作をはじめ、続けられるようにする」

このミッションが道標となっているのでしょう。

もっとみる
スキ、ごちそうさまです!
39