イギリス旅行

特別な入国審査

入国審査で止められたことがある人の割合は、海外旅行経験者の何%なのだろう。観光で入国できないことはぼないから、きっととても少ないはずだ。
しかし驚くことなかれ、私はばっちり止められたことがある。

イギリスへの一人旅で、事件は起きた。入国審査で質問され、苦手な英語にしどろもどろになった。すると、あれよあれよと別室に連れていかれたのだ。

施錠された狭い部屋。どんどん青くなる私を見て、入国審査官が声

もっとみる
thanks♡今日も一日楽しい日になりますように!
1

大人がドキドキするヤングアダルト洋書

大好きでハマっている英国人作家がいます。

Anthony Horowitz(アンソニー・ホロウィッツ)氏。

僕の最近の記事を頻繁にチェックされてる(稀有な)方は、「またかよ」と思われるかもしれません。

だって、最近の僕の生活は、通訳してるか、アンソニー読んでるか、食器洗ってるか、くらいですから。

あ、あとスタバにいるか。

あ、あとジューサーでジュース作ってるか。

あ、あと(もうええわ)

もっとみる
Thank you so much!
10

スタバで英国ロック

スタバによく行きます。

頻繁に行きます。

1日に複数回行くこともあります。

そんな時は、ワンモアコーヒーのシステムがありがたい。

コーヒー2杯目お代わりが格安になるっていう。

ロンドンではそんなシステムなかったなぁ。

スタバといえば、かかってる音楽が好きなんです。

選曲してる人と気があうなぁって思うんです。

だって、「なんやこれ」という曲がかからないというだけでもすごい。

それだ

もっとみる
Thank you so much!
8

渡英9日目、手荷物で持ってきた方が良いもの

渡英9日目を迎えました。この間、

1日目 ホテル滞在

2日目〜8日目 Temporary Houseに滞在

8日目〜 別のTemporary Houseに引っ越し、滞在

上記のような場所に滞在してきました。

Temporary Houseは短期滞在者向けの普通の住宅で、基本的な設備は揃っていますが、用意されているものは場所によって様々でした。

今回は私が9日間イギリスに住んでみて、手荷

もっとみる
ありがとうございます♡
6

Back to London

ロンドンは、去る時にはもう二度と来ないと 地下鉄カードを払い戻し処分したりするのですが、すぐにまた行きたくなり、今まで計4回訪れ、また行きたいと思っている場所です。そんな街への自分なりの愛唱歌です。

(大意) 友よ、何かできますか ? 店先ではこんな心にもない社交辞令、値引きしますと言うけれど、元値が通常よりわざと高く書いてあるので、実際ディスカウントでも何でもない、トリックだらけの街、でも自分
もっとみる

イギリスだけどイギリスしてない、ロンドン名物2階建てバスが走るトロピカルな街ジブラルタル

スペイン南部下に忽然とイギリス管轄の場所があります。通貨もユーロではなく英ポンド、しかしスペインそして対岸のアフリカの面影に包まれてる街、それがジブラルタルでした。

もっとみる

先端のファッションを中世の美的雰囲気で包んで オックスフォード ストリート in ロンドン

リージェントストリートと交差するオックスフォードサーカス近辺です。EUから独立、都市は孤高の栄華へ向かうのか、没落貴族の如く名物灰色の空の様にくすんで行くのか、勿論私は前者であると思っています。

ロンドン近郊で「白い壁」を楽しむならココ!~ロックダウン後の観光スポット第1弾~

こんにちは。EIZOです。
現在ロンドン在住、20年余りが過ぎました。
初ブログです。
手始めに、イギリスのロックダウンが7月4日に4ヶ月ぶりに緩和され、息抜きに訪れたお薦めスポットを紹介します。
第一弾は「Birling Gap and the Seven Sisters」です。
ドーバーの白い壁は有名ですが、実際のところ確かに白い壁は見事ですが、ドーバーは港町で景観はイマイチです。
そこで白い

もっとみる
ありがとうございます!
17

40日間ヨーロッパ一周 Days 4     Sep . 16 ロンドン

まず北東部のストリートグラフィティを観に行きました。

カラフルです。

街のど真ん中から 2 ,3km 離れるとこういったレンガ造りが多いです。

南下して金融街、シティと呼ばれるエリアに来ました。このロケットの様な建物は、ガーキンの愛称で親しまれています。

更に南へ、テームズ川から見たシティ。個性的なデザインが多いです。

現代美術がメインのテートモダン、前衛的オブジェです。

美術館テラス

もっとみる

40日間ヨーロッパ一周 Days 3      Sep 15 ロンドン



まずはラッセルスクエア近くのお土産屋でTーシャツ購入。EU離脱の影響を尋ねたら、ポンドが弱くなったおかげで観光客の買い物量が増えて有難いけど、もうちょっと様子見だねとのこと。東京で2回同質問をしたときはいずれも今から不景気になると憂鬱な顔つきをされてましたけど、現在2020ではどう変わったのか興味あるところです。

このシャツをゲット

次に大英博物館、壁画やモアイ像を観させてもらいました。

もっとみる