アートのグローバル化

グローバルな企業文化を築くためには共感力を磨き、ハイブリッドな文化を築く覚悟が必要だ

先日ある人と潜在的なビジネスの可能性について議論させて頂いた際に、面白い案件が挙げられた。日本の大手企業からの依頼で、海外を本拠とする外国人上級幹部候補の人財プールに対して三か月の日本赴任を含めた継続的な研修案を考えている、と言うのだ。

その研修案の内容は以下の通り。

・赴任前:座学で二日間企業戦略・企業フィロソフィー、日本文化に特化した異文化理解を深める研修を提供
・日本への赴任中:三か月日

もっとみる
スキありがとうございます!
2

施光恒 英語化は植民地政策だ

英語化は植民地化政策だ

―― 施さんは『英語化は愚民化』(集英社新書)を上梓し、英語化に警鐘を鳴らしています。

施 結論からいうと、英語化は植民地政策の一環です。安倍政権は様々な面で対米従属を深めています。経済面ではTPP、軍事面では日米ガイドラインと安保法案、そして文化面でも英語化という形で対米従属が進行しているのです。

 しかし言語の問題は政治や経済とは訳が違います。国語は国家、民族、歴

もっとみる

アートのグローバル化

リーダーに必要なのは「認識のズレ」を乗り越える力

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43714

これ完全にアートの世界と共通しているのですが、

「グローバルな文脈で求められるのは認識の共有」。

アートってまず「認識の共有」ができていないのです。

例えばヨーロッパとアメリカでも違いますし、

日本とアメリカではもっと認識のズレがあります。

アートで

もっとみる