受苦と共感と救済の物語:P.K. Dick 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」 "Do Androids Dream Electric Sheep?"

映画「ブレードランナー」で有名な Dick の傑作のひとつである。個人的には、「UBIK」 や「テレポートされざる者」 あるいは「Valis」のほうが好きだ。それらと比較して「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」は、どちらかというとまとまっていて、あまり破綻したところがないからだ。

ここに描かれる世界は、少し異様に思えるかもしれない。舞台は、核戦争後の廃墟となった地球である。太陽も隠される灰色の空

もっとみる

電気羊とアンドロイドと牛乳コント

「アンドロイド」という言葉を聞くと、つい「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という小説のことを連想してしまいます。「ブレードランナー」の原作なので、ご存知の方も多いと思います。

このイラストは2017年に午後のロードショーで「エイリアン」シリーズが連続放送されたときに描いたものです。

ふたりともアンドロイドですが、首だけになってしまうのが「1」に出てきたアッシュ、胴体を切断されるのが「2」に

もっとみる
ありがとうございます。泣けなくても素晴らしい映画ってありますよね。
5

サイバーパンクは青くて赤く、熱くて冷たい紫の夜。そして、雨。

今年の東京ゲームショウ(TGS)にキアヌ・リーブスが来ていたらしく、話題になっている。訪日の理由は「Cyberpunk 2077」のプロモーションだ。詳しくはignの記事から。

TGSに最後に行ったのは2015年。AmazonのPC事業部でマーケターをやっていた頃だった。ビジネスデーで、ゲーミング商材の商談をしに訪れたように思う。そういえば、その昔、パソコン雑誌の編集者をやってた頃は毎年のように

もっとみる
彡(^)(^) < thx!
9

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

オススメ530。"『動物を飼わない人間がどう思われるかは知っているだろう?不道徳で同情心がないと思われるんだよ。』"1968年発刊の本書は映画ともまた違う、人間とアンドロイドの差異を共感をテーマに、自分と世界の内面的揺らぎを描くニューウェーブ小説としての"心地よい混乱"『ディック感覚』をもたらしてくれます。

個人的にはリドリー・スコット監督によるハリソンフォード主演の1982年の映画化作品『ブレ

もっとみる

物忘れ

『FlyFisher』2013年10月号掲載

最近物忘れが多い。先日は車で走り出した時に普段よりエンジン音が大きいなと思ったらリアドアを全開にして走り出していた。川に下りてから偏光グラスを忘れたり、キャンプでガス缶を忘れコンビニのおにぎりで夕食を済ましたりと、細かい物忘れを上げたらキリが無い。
アワセそこなったイワナもフライに出た事なんてすぐ忘れてしまってくれればいいのに。

「忘れる」と言えば

もっとみる
ありがとうございます!
1

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』フィリップ・K・ディック◆SF100冊ノック#20◆

■1 あらすじ

 未来。地球は戦争によって荒廃し、太陽も刺さない放射能の灰が降る死の大地となっていた。賞金稼ぎのリック・デッカードは、主人を殺して火星からやってくる逃亡アンドロイドを殺す刑事。でかい賞金首を殺して、本物の動物を飼うことを夢見てる―もうペットが電気羊とバレるのに脅えたくはない。
 アンドロイドを人間を見分けるためには、共感する力を測定するフォークト・カンプフ検査しかない。アンドロイ

もっとみる