アドベントエッセイ2020

アドベントエッセイ(154/365) えっ、狭い部屋でも汗だくになれるエクササイズが?

早いものでクリスマスまであと212日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、154日目はフィットボクシングの話。

外出自粛、運動不足も甚だしい。ということで、最近ニンテンドーSwitchの「Fit Boxing(フィットボクシング)」というソフトをやっている。

その名の通り、左右のコントローラを握りしめて、ボクシングのフィットネスを行うゲームである。

「家の中でやるし、ゲームだし、いうて

もっとみる
瓶を開けてくれてありがとうございます!
2

アドベントエッセイ(152/365)豚さん、液タブを買う

早いものでクリスマスまであと214日を切った

どこよりも早いアドベント企画、152日目は、「まともに絵を描いたことないのに液晶タブレットを注文した」話。

転職活動を始め、並行してこれから先の人生について考える日々が続く。

キャリアとしては、今までやってきた「書く」仕事の延長に進むのが一番順当な気がするが、同時に「ゼロから挑戦すること」への謎の熱も出てくるから不思議なものだ。

「もしもピアノ

もっとみる
嬉しいです、今夜赤飯炊きます
3

アドベントエッセイ(151/365) 明け方の部屋にブラキオサウルス

早いものでクリスマスまであと215日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、151日目は「印象に残っているクリスマスプレゼント」の話。

毎日その時思いついたことを書いているエッセイ。たまに書いている本人も忘れそうになるが、この企画はあくまでクリスマスに向かっている。

ということで、今回はクリスマスプレゼントの思い出を振り返る。

我が家では、確か小学校の終わりくらいまでは「起きたら枕もとに

もっとみる
生まれてきてくれてありがとうございます!
6

アドベントエッセイ(150/365)

早いものでクリスマスまであと216日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、150日目は「」の話。

今日は何を書こうかしら、と思いながらテレビのチャンネルを回していると

日本舞踊をやっていた。

和太鼓のアーティストとコラボした舞いだった。

凄かった。

日本舞踊というものをほとんど見たことがないのに、凄さがビリビリと。

「言葉がなくても伝わるって凄いな」

普段言葉を扱う仕事をやって

もっとみる
私もあなたを知りたいです!
4

アドベントエッセイ(146/365)書く・熱放つ・甘味食う

早いものでクリスマスまであと220日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、146日目。

今の今まで、noteで新しく出た「#ゆたかさって何だろう」というお題について、エッセイを書いていた。

しかし、思ったより迷路で、言葉が上手くまとまらない。明日以降の宿題にして、いったん今日のエッセイを書くことにした。

頭をふる回転させながら文章を書いていると、体が芯から熱くなることがある。

今夜は

もっとみる
あがりとう ごいざます
6

今日はアドベントエッセイ(○○/365)なのか

早いものでクリスマスまであと231日を切った。どこよりも早いアドベント企画、136日目は「クリスマスまであと231日でもないし、エッセイ136日目でもない」話。

毎日エッセイを書いているが、最近なんか日数のカウントがバグっているような気がしていた。

思い立って過去記事をたどると、なんと64日目からカウントが狂っている。嘘だろ。

なぜこんなことが起きたかというと、私は毎日前日のノートから前文二

もっとみる
こんな山奥までありがとうございます!
6

アドベントカレンダー(143/365) 愛着について中途半端に考えてみたら

早いものでクリスマスまであと223日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、143日目は、「ものに対する思い入れ」について。

家の駐輪場に置いていた自転車が盗難にあった。ネットで「火災保険は自転車など家財の盗難も保障の対象になる」という情報を見つけたので、警察に盗難届を出したのち、保険会社に問い合せた。

結果、なんと購入時とほぼ同じ金額の保険がおりた。

「得したな」

と思った。

私は

もっとみる
こんな山奥までありがとうございます!
4

アドベントエッセイ(128/365) 肩から湧き出る泉

早いものでクリスマスまであと238日を切った。

 
どこよりも早いアドベント企画、128日目は、ツボ押しを神棚に飾りたい話。

数日前、しつこい肩の痛みに悩まされた私は、マッサージ棒的なものを買った。鈎状に曲がった金属アームの先端に、ツボを押すための硬いゴム材がついたやつ。

今日届いて、早速使ってみた。

実は、届くまでの数日間で件の痛みは治まっていたのだが、該当部分のツボを押してみると、目の

もっとみる
Grazie tante!
3

アドベントエッセイ(126/365) おっくうな途方のなさ

早いものでクリスマスまであと240日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、126日目は、「途方もなくなる」話。

たまに、当たり前のように通り過ぎていたものの前で立ち止まってしまうことがある。

例えば、都心に立ち並ぶ高層ビル。

一人の人間が、会社を立ち上げて、地道に利益を出して、会社を大きくしていって、小さいオフィスからだんだん拠点が大きくなり、働く人も増え、大量の社員が生活できるように

もっとみる
私もあなたを知りたいです!
7

アドベントエッセイ(78/356) 季節を纏えるひみつ道具が欲しい

早いものでクリスマスまであと288日を切った。

どこよりも早いアドベント企画、78日目は「最近欲しいひみつ道具」の話。

「ドラえもんのひみつ道具でこんなのあったらなぁ」

誰もが1度は想像したことがあるのではないか。私は、大人になった今でも絶賛、新たなひみつ道具を夢想している。

最近欲しいのは、「季節を纏う道具」。

今日の朝、家を出ると、空気がすっかり春の匂いになっていた。

「もうすぐ春

もっとみる
こんな山奥までありがとうございます!
3