はじめて借りたあの部屋

下落合から聞こえる夜の音

数年前、新宿区の下落合に住んでいた。

下落合は新宿と池袋に挟まれていて、あの頃は電車なんて使わず自転車があればどこにでも行けた。新宿区と豊島区だけで生きてた。
その割にすごく静かで落ち着いた街だった。馬場や池袋、新宿とは違って"人が住んでるなぁ"と感じる街。ちょっと歩けば商店街もあり、妙正寺川と神田川も流れていた。西武新宿園ののどかな感じもたまらない。

部屋は新目白通りから一本入ったところにあ

もっとみる
わたしもスキです♡
3

好きな人の好きなものは好きになる

誰かと別れると、その人が好きだったものだけが家に取り残される。

私は好きになった人の好きなものを好きになりがちなので、家にはそれに関連するモノが未だチラホラ残っている。

好きになった人というのは、「恋愛的に」好きになった人。処分していないのは、その人に未練があるとかではなく、それは元々好きな人の好きなものだったのが、今では「私も」好きなものだから。

今私が歌手のaikoや漫画のワンピース、ジ

もっとみる
今日の運勢は大吉です。
10

生まれてこのかた横浜市民

みなさまこんにちは。生まれてこのかた横浜市民、眞野いるかです。

高校までは横浜市内の学校に通学していたわたくしですが、大学で東京に出ると出身地をよく聞かれることになります。サークルだの必修クラスだのに属することになるからね。
そこでまー毎回なんのためらいもなく「あ、うち横浜!」と答えていたのですが、予想外の反応が結構あったんですよね。

「なんかさ、横浜出身の人って、「神奈川」じゃなくて「横浜」

もっとみる
嬉しいです、ありがとうございます。
35

はじめて借りたあの部屋コンテストで優秀賞をいただきました!やった〜!

嬉しいです
23

はじめて借りたあの部屋

はじめての一人暮らし。
知らない土地。
私の本当の家まで・・・6時間以上。。。
遠い街、、、星が見えない。
お母さんと妹が来てくれた。
二人が帰るのが、、、寂しかった。悲しかった。
これから、本当にひとりぼっちになる。
二人は帰った。。

料理も、これから作って・・・私はコンロに手を伸ばした。
あれっ?!火が付かない。
昨日まで普通についたのにーーーーーーーーーーー
NOノーーーーーーーーーNO!

もっとみる
やっほーい!
12

全ては自分の頭が作った世界

「はじめて借りたあの部屋」のコンテストで審査員特別賞に選んでいただきました。

講評にも書いていただきましたが、この話は下宿していた部屋での実際の出来事や、誰かに言われた印象的な言葉ではなく、全て自分ひとりの「妄想」で書いたお話です。

人と人の良いエピソードも出てきません。

自分と、自分が住んだ部屋と、両者を繋ぐ電車の音だけの無機質な話です。

でも、自分があの部屋で暮らした3年弱を総括した、

もっとみる
嬉しいです!
18

「幸せだ」って思ったら、そこで終わっちゃう気がしてた。

いつだって、欠けているもののことばかりが気にかかる。
終わったあとのこと、失くしたあとのこと。
今ここにあるものを、うまく見ることができなかった。

たとえば友達と約束をして、どこかへ出かけて、一緒に食事をして。それがどれだけ楽しくても、私はいつも残り時間ばかりを気にしてしまう。あと1時間で終電だな。そうしたらこの人はまた、この人の日常へと戻っていってしまうんだな、と考える。

ものを買う時も同じ

もっとみる

いい部屋ネットとnoteで開催した、「#はじめて借りたあの部屋」投稿コンテストの審査結果を発表します!

2019年11月19日から約1ヶ月半の間、みなさんがはじめて借りた部屋についての思い出を語る「 #はじめて借りたあの部屋 」投稿コンテスト。期間中(11/19-12/31)には、852件もの作品をご応募いただきました!はじめての部屋のエピソードが詰まった素晴らしい作品を投稿いただき、ありがとうございます。

noteでの応募作品一覧は、こちらをご覧ください。

審査会にて、審査員である夏生さえりさ

もっとみる
今日も楽しいnoteライフを✨
206

なんか純文学のような一日。
素敵な人たちが沢山登場。そこで起こる出来事、会話。なにかありそうで、何もないような。何もないようで、なにかありそうな。
突然知らないオジサンが飲み代奢ってくれた時は、アオハル的な何かを感じた。多分違うけど。あと、純文学なんて読んだことないけど。

初めて一人暮らしする人に教えてあげたい

初めて借りた部屋、それは22歳で上京して借りた部屋だ。

先に上京していた当時大学生の弟と住むことになったので、最初からそれはそれは広い部屋だった。3LDKの分譲マンション。場所は町田駅から徒歩3分ほど、住所は相模原市(神奈川)だが、上京の仲間に入れていただきたいと思う。

引っ越して早々、弟の分と自分の分、2人分のご飯を作った。炊事洗濯などの世話は姉なので容易い御用だ。おかずに添えられた

もっとみる
うぉおお!
23