どこでもUTM

新着の記事一覧

最近はDX化が進み、以前と比較して書類を印刷することは減ったと言われていますが、それでも紙媒体を重視する傾向は変わりません。データのアクセス管理は大事にしても、紙に印刷してしまうとその管理は個々人に任されることが多く、ここにリスクが生まれます。

他国ではGoogleドライブなど共有場所にファイルを置き、ファイル一つで済ませることが多いが、日本ではファイルをメール添付して共有し、それぞれPCのローカルディレクトリにファイルが存在する傾向にあります。一つのファイルで済むものが、多数の人に分散すれば、セキュリティリスクも高まる

不正検知システムは、不正検知サービス、不正検知ソリューションと呼ばれ、導入すると取引データや統計分析など、検知サービスそれぞれのノウハウから危険性を判別可能。各サービス毎に機能は異なりますが、マルウェアの検知が可能なセキュリティソフトであれば、よりサイバー攻撃の対策になる。

EC事業者に意識してほしいセキュリティ対策 ✅顧客の情報を漏洩してしまうとこのような不正に利用されてしまうことがある ✅正しいクレジットカード情報での決済でも第三者がなりすましている可能性がある まず日頃から不正アクセス対策を行い、顧客の情報を守る運営を行いましょう。

✅不正アクセスがなくならない2つの理由 ①セキュリティ対策が公開されているため、不正アクセスを仕掛ける側も最新の対策情報を入手しやすい ②なりすましや詐欺など、人間の深層心理を突いて不正アクセスを仕掛ける巧妙な手口が存在

生体認証だけで不正を完全に防止できるわけではありません。スマートフォンで言えば、指紋を入手することは日常生活の中でも可能ですし、何度かエラーが発生した場合に従来通り暗証番号でロックを解除できます。

なりすましを完全に防ぐことは企業側には不可能です。企業側でセキュリティを強化しても ✔フィッシング ✔リスト攻撃 ✔総当たり攻撃 ✔ダークウェブ などで個人情報が漏れている場合は、防ぎようがありません。そのため、不正アクセスされた場合にログインを防ぐ対策を取ることが大切。

クレジットカードの不正対策には不正検知システムの導入が効果的です。不正検知システムを導入し商品の発送前に不正を見つければ、被害を最小に抑え、業務効率を最適化できます。

予算やリソースによる制約

セキュリティとパフォーマンスの両立