たすけてくれてありがとう

20年前の「わたし」へ。

風の音がする。窓の外にすすきの原が広がっている部屋を選んだのは正解だった。風が流れるたびに、さわさわと優しい音。その音を耳にするたびに、心が凪いでいく。

鳥の声とすすきの擦れる音。揺れる洗濯物。そこから微かに漏れる柔い光。そんな窓辺を、こよなく愛している。洗濯物のなかには、時々訪れるちびたちの小さな下着やパジャマも混じっている。そのことが、私をほんのりと優しい気持ちにさせてくれる。



2か

もっとみる
忘れたくない言葉が、私のなかで生きている。それらの力は、存外大きい。
104

#減らない100円プロジェクト

私が100円を出資します

これが原資です。

私はこの100円を使って、「ステキだな♪」と思うクリエイターさんのスポンサーになります。

さて、ここからが問題です。

「#減らない100円プロジェクト」

このプロジェクトは、善意に基づいて行われます。

まずは、私、しみPから、

100円のスポンサー料を支払います。

「ありがとう♪」 の感謝を込めて。

さて、

その100円を受け取ったあ

もっとみる
ありがとう。お返しにこれを……♪
10

土地の利活用を考える。

ココをちょっとした糧にしよう。

そんな思いで開拓してみた。
私たちの私有地です@日本

立地としては、よくも悪くも・・・
よく言えば絶景。
海の傍。

悪く言えば超ド田舎。
しかも、ドえらい山側を少しのぼったところに位置する。

自宅から歩いて二分くらい?!
これがいいのか悪いのか。。

春からようやく時間ができたので、荒れに荒れた雑草仕事からスタートすることに。
なにしろ二年ほど見て見ぬフリを

もっとみる

キメラゴンへの手紙✉️

この記事は僕がキメラゴンさんに貰ったものなど含めて感謝の気持ちを伝えたいと思いこの文を書いています。

もしキメラゴンさん観ていらしたらコメント下さい。

「僕がキメラゴンさんにもらった物」

僕がキメラゴンさんを観たのはゆたぼんとのコラボ動画でした…
その時の自己紹介で文章を書く仕事をしている!っとおっしゃってました。

その時僕はブログやWEBライターなんて仕事知りませんでした。
月収1000

もっとみる
フォローもお願いします。
201

父へ

この御時世、人が多く亡くなっているのを耳にすると私にはどうしても思い出してしまうことがあります。

”パパと一緒に来るか?”

3月11日は私の弟の誕生日。そして9年前に父の命日となりました。

私の父は、私が13歳の時に母と離婚しました。父は婿養子だったために父だけが家を出て行きました。私は兄弟の中でも父親っ子で父が大好きで、父もまた自分に似ている私のことがお気に入りでした。だから父は、家を出る

もっとみる
嬉しいです、ありがとうございます!
314

自己紹介 コロナ禍で失ったもの 獲得したもの

はじめての投稿を始めてから一か月が経ちました。当初は緊急事態宣言下、知らない誰かに数分の暇つぶしを提供できないかと書き進めていました。どのように書こうか迷った結果、カーヴァー方式をとることにしました。日常の体験を出発点に、想像力を膨らませ書き連ねる。結果、功を奏したことがあります。それは後ほど。
 
コロナ問題の渦中、私の日常も激変しました。
一つ、職を失いました。生活の基盤を失うと、心の均衡は揺

もっとみる

大人に救われた

大人の理不尽からしばらく時間があいてしまいました。

ここで誤解してほしくないのが、世の中、理不尽な大人ばかりではない。

ということ。

中学生のころから大人と話すのが怖くて、個室で教師と進路相談をすると必ず泣いていた。情けない話、20代半ばまでそれは続いた。

再就職先で

20歳で就職し、3年で辞め、再就職した。

話はそれるけど言わせて 再就職先は契約書では土日祝休み 残業代有 とあったの

もっとみる
スキ、ありがとうございます!励みになります!
5

やさしさのキャッチボール

この1ヶ月。。。

お店に来てもらいたい気持ちと来るのを控えてほしい気持ちが入り混じり、お店のマーケティングを担当する私としてはどんなメッセージを発信したらいいのかとても悩ましい時間でした。

家族で営むお店なので、家族の誰かがコロナにかかってしまったら家族全員がかかってしまうし、それこそお店も立ち行かなくなってしまう。ましてや自分は実家を離れてお店のマーケティングをしているので、私の発信によって

もっとみる
飛んで喜びます!
3
ありがとうございます!応援よろしくお願いします!
7