いきなりステーキ

忙しい出張も終わり年末まで仕事も落ち着いてきたため、普段休みの合わない嫁さんと休み取って出掛けてきました。

夫婦ともに肉が大好きなので肉を喰らいに行くかってことでいきなりステーキに行ってきました。

いきなりステーキは何年か前に行ったきりでかなりの久しぶり。

どんどん店が閉店して僕の住んでる所は近くに1店舗だけになってしまっていた。

味は美味いけど値段が高いかなと当時は感じてたけど今はどーな

もっとみる

くぅちゃんは肉食。

スマホの通知。懐かしい名前がそこにはあった。

「覚えててくれたのか…」

11月は僕のアニバーサリー月間だ。去年はどうだったのだろう。思い出せない。何かをプレゼントされた記憶はないが、食事をご馳走になったかもしれない。

くぅちゃんと会わなくなって、どれくらいが経つだろう。半年くらいだろうか。終わった時間の記録を残しておくのが嫌なタイプの僕は、最後の日を正確に思い出す事もできない。

くぅちゃん

もっとみる
じゃんけん パー!
38

デビュー

やっと
「いきなりステーキ」のデビューを果たした。遅すぎ。

わたしのからだは、半年ほども前は「パン」でできていた。
だがしかし!パン屋で仕事するようになってからパンが食べられなくなったんだよね。

「いきなりステーキ」には
パンがないからお店に行けなかったのだけど(全く信じられない理由)

すっかりお米党となったいまは「いきなりステーキ」にも行ける!♡といきなりw思ったので行ってきた!

、、、

もっとみる
ありがとう、嬉しい!

いきなり!ステーキは幻の味が2種類存在する。

いきなり!ステーキは熱々な鉄板にステーキがあちちあちちと運ばれてくる。そしてステーキソースで更に温める。

ステーキソースが弾ける音と共に焦ってしまいステーキはお好みの加減を通り越してしまう。

ステーキソースの調整ができずステーキソースが多めのステーキになってしまい何かが違うと考えていた。

そして私は閃いた。

最初に何もつけずに食べればいいのではないか。

試してみた。

まずステーキソース

もっとみる

セブンイレブンのアイスカフェラテ

ごきげんよう〜
自己責任!菊ちゃんです。

コンビニコーヒー

アイスコーヒー、ホットコーヒー
ほぼ、コンビニ。

缶コーヒーからスイッチした感。

でさぁ〜

アイスカフェラテ買って、アイスコーヒー注ぐ〜

ボンミス!定価以上で、買ったことになるのよね〜

アイスコーヒーにホットコーヒーボタンをポチッとすると、めちゃくちゃ薄くなるのね〜

ボンミスで、薄口コーヒーに。

気ぃ〜抜けてる証拠。

もっとみる
『スキ』note『スキ』ありがとう。note『スキ』
6

お腹減った 既婚40代の日常2020/11/11

本日の体重 84.9kg ダイエット88日目

どうもこんばんは('◇')ゞ

今日は朝から会社に出社して年に二回の研修を受けてきました。

眠くて眠くてたまりません。たまらずこっくりこっくり

会社は駅近くの栄えているところにあるので今日のお昼ご飯はちょっと贅沢して

いきなりステーキのステーキ重

最近どこのどんな飲食店でも大体テイクアウトをやってるのでいいですね。

お店で食べるのはなんか落

もっとみる
ありがとニャン♪
6

おいしくおにくをたべるには

体重:63.8kg
体脂肪率:40.8

お肉の欲求を満たしたく、いきなりステーキに行ってきました。

(食べる前に撮れ)

いつも、リブロースステーキにしてしまうのですが、今日はサーロインステーキ200gにハンバーグ(150g)トッピング。
ブロッコリーも忘れずに。

それでも350gですよ…

出された瞬間大きくてビビりましたが、玉ねぎ焼きで上げ底でした。

なので余裕で完食。
あ、ご飯はもち

もっとみる

いきなりステーキには仲間がいる

体重:64.1kg
体脂肪率:40.8%

私はお肉が大好きです。
40過ぎると脂が…なんて人もいますが、私はへっちゃら。

胃が強い
気持ちが若い
と言われますが、多分それは体質。

高校生の娘は
「牛肉食べると胃がもたれるねん」
とボヤいてます。
若い子は肉好きというイメージがありますが、けっしてそうではない。

一昔前は「お肉はダイエットの敵、肉より魚」という図式で、私も「肉なんて食べてると

もっとみる

類似店舗はできるけど、やっぱりいきなりはいきなり…、かな。

今日は肉だなぁ‥、と思っていきなりステーキ。サーロインを300g、ミディアムレアで焼いてもらいます。

展開の当初。まだファンと呼ばれる人たちが「立って食べるステーキ」というコンセプトに熱狂していた頃は、どうしようもなく嫌いだった。
凶器のように熱い鉄板が行き交う通路は狭く危険で、凶器にもなるナイフフォークを立ったままで使わせる。安く食べるためにこれほどまでの危険を侵さなくてはならないなんて、ボク

もっとみる