あきたぷらす

新たなあきらぷらすの方向性を考えてみた

眠れなかったので、かねてから考えていたあきたぷらすのリニューアル案を考えてみた。「交流できる地域情報誌」というコンセプトのWebアプリ。秋田の活性化を目指して頑張りたいと思っている。ちなみに備忘録的に書き残すだけで、これが決定というわけではない。

スキ
8

秋田の日本酒をレコメンドするアプリを作った話

タイトル通りなのですが、こういうことです。 画面を見て頂いた方がわかりやすいかもしれません。 好きな日本酒を選ぶと、選んだ中から「それが好きな人なら、こういう秋田のお酒が好きかもしれません」というのを提案するアプリになっています。 なんで作ったの? AIを使って何か作ってみたかったからです。正直お酒である必要はそんなになくて、「これ作ったら秋田のPRになるかな?」という軽いノリでお酒をチョイスしてみました。あと「お酒だったら通販で県外のユーザーでも気軽にネット通販で買え

スキ
13

「秋田の今を残す」アプリを考えてみたら仲間ができた話

昨日、ふと思いついてこんなツイートをしたんですよ。 先日書いた「秋田に聖地がないのなら自分たちで作ればいいじゃないという話」で立ち上げた「秋田会議創作分科会」で作っている「秋田に聖地を作るためのノベルゲーム」では、秋田の民話を中心に作っていこうという話になっていて、そうなるとまぁ民話なので現実世界の話ばかりではないのですが、これって「秋田の昔」に触れる作業になるわけなんですよね。生活習慣等の文化とか、地名とか。 で、そういうのを考えていく中で、「秋田の昔」だけじゃなくて「

スキ
9

よくわからないけど先日書いたnoteが編集部のおすすめに登録されたらしい。 よくわからないけど嬉しい。

スキ
2

秋田に帰りながら地方活性化の本を読んでモチベーションがアップした話

週末の間、ちょっと用事がありまして新幹線で秋田に帰省していました。その移動時間にふと、「そういえばあの本、買ったは良いもののまだ読んでかったな…」という作品があることを思い出しまして。 それは、秋田県在住の漫画家、こばやしたけしさんの『地方は活性化するか否か〜マンガでわかる「地方」のこれから〜』という本でした。 Webマンガから火がついて書籍化された作品らしいです。で、読みたい読みたいと思って購入までしてたんですが、今まで他のことで手が回ってなかっておらず、全然読めていませ

スキ
30

秋田に聖地がないのなら自分たちで作ればいいじゃないという話

前回、「秋田のことを語り合いたくて秋田会議というチャットスペースを作った話」というのを書いたのですが、今日はまた別のチャットスペースを作ってしまったというお話です。 これ、本当に無責任に「できたらいいなぁ」くらいの気持ちで書いたんですが、意外と反応を頂きまして。しかも前回作った秋田会議の参加者であり、かつあきたぷらす開設当初からお世話になっている黒虚さんも興味を持って下さっているとのこと。 最近、アニメやラノベに登場する街を「聖地」と言い、そこを訪れることを「聖地巡礼」と

スキ
9

秋田のことを語り合いたくて秋田会議というチャットスペースを作った話

2020.5.10 こちらの記事の「秋田会議」は現在メンバー募集を締め切っております。ご了承ください。 秋田SNS「あきたぷらす」というサイトを運営しておりますこんばんは。 私は現在こちらのツイッターで秋田関係の方々をフォローさせて頂いて秋田のことを勉強しているのですが、昨日その中で興味深いツイートを見つけました。 というものです。で、こちらのツイートで(掲載しきれないので割愛しますが)リプライがめっちゃ集まってまして、「秋田をどうしていけばいいのか」ということについて非

スキ
6

秋田の遊び場としてVRイベントを作れないか妄想してみた話

先ほど、「秋田SNSあきたぷらすの今後の方針を考えるためにアンケートを取った」という記事を書きました。これはその番外編になります。 そのアンケートの中で、実はあまりあきたぷらすとは関係のない質問が紛れていました。 『秋田で「遊びに行く」というとどんなところが挙げられると思いますか?』 というものです。何でこんな設問を作ったか。それは、先日テレビで秋田の人にインタビューをする企画をやっていて、その中でみんな口々に『秋田は遊びに行くところが無い』と言っていたからなんですね。 で

スキ
6

あきたぷらすの方向性に迷ってアンケートを取ってみたら学びが多かった話

先日、秋田SNS「あきたぷらす」の公式キャラクターをLINE botにしたという記事を書きました。で、せっかくなのでbotにいろいろと秋田のことを教えて、秋田コンシェルジュとして成長させようとしたのですが。。 そもそも「秋田コンシェルジュ」ってどういう知識を持ってれば良いんだ…?という疑問が頭から離れなくなってしまい、結局botの更新をストップしてしまう事態に。 で、このままじゃいかんよなぁと思い直して、急遽「あきたぷらすの今後の方針をどうするべきか」というアンケートを作

スキ
6

そういえばあきたぷらすって、最初は「秋田に移住したい人たちを秋田の人たちにサポートしてもらえるサイト」を目指してたんだよなぁ。でもパートナー候補だった人に相談したときに、「秋田の人たちの方にサポートするモチベーション無くない?」って言われて方向転換したの思い出した。振り返り大事。