見出し画像

Androidのヘッダーと通知画面に必要な「スモールアイコン」のサイズ・色・ファイル形式調べてみました。

春

Androidアプリ開発をしていると、リリース直前に「アイコンのサイズが足りない」と困ることがよくあります。

iPhoneユーザーだとこういうアイコンが必要なこと自体認識していないことが多いのですが、Androidでは「通知画面」「ホーム画面のヘッダー」に通常のストアアイコンとは異なる特別なアイコンが表示されます。

このアイコンのことを「スモールアイコン」というそうです。

赤枠部分がスモールアイコンの表示箇所。画像はGoogle Pixel 6 Pro

それぞれ同じアプリで通知が来ているときにスクショを撮っていますが、よく見ると同じアイコンが表示されています。

このアイコン、厄介なのが表示サイズが超小さいため通常のロゴ・アイコンを転用することができません。(ほとんどの会社で個別アイコンを用意しています)

【結論】スモールアイコンは白と透過、サイズは「128 × 128」で用意。色はコードで指定する

結論は見出しに書いたとおりですが、スモールアイコンは

①サイズは128px × 128px(小さいサイズには自動変換される)
②白と透過で用意して、色はコードで指定する

というのが良さそうです。

ロゴやアイコンを使えないことが多いので、例えば不動産なら物件のモチーフ、キャラクターがいる会社はキャラクター、メールなら封筒など、それらしいアイコンを個別に制作して設定している会社が多いです。

公式のドキュメント

https://developer.android.com/guide/topics/ui/notifiers/notifications?hl=ja 

参考記事(この記事が一番わかりやすいです)

https://qoopmk.hatenablog.jp/entry/2019/10/17/080000 

注意点

  • Androidのバージョンごとに指定した色が表示できないこともあるらしい

  • アイコンの色は「白色+1色」しかコードで指定できない(白は背景の色なので、ダークモードにすると「黒色+1色」になる)

  • 色を指定しても適切じゃないと判断されて自動で色が変更されることがある

以上。Androidアプリを開発している方は参考にしてみてください。

※Wordpressで公開していた過去記事のリライトです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
春
名古屋系プロダクトマネージャーです。プロダクトマネジメント、UIUXについて備忘録を兼ねて書く予定です。