見出し画像

しょっぱい白くまアイス

今日も、朝から長男の試合だった。暑いなか、本当によく頑張った。

一度も勝てたことのないチーム相手に、接戦を繰り広げた。4クォーター終わりに息子のミドルシュートが決まり、同点に持ち込めた。会場は割れんばかりの声援に包まれていた。

延長戦。よく走った。一生懸命闘った。結果、3点差で負けてしまった。

悔しくて悔しくて、息子も他の子も泣いていた。私たち保護者も、うっすらと涙を浮かべていた。子どもたちの頑張りを知っていたから。

今日の試合に勝ちたくて。優勝したくて、夏休み返上で毎日蒸し風呂のような体育館で走り回っていた。苦しそうにしながらも、きつい練習に耐えていた。どんなに好きでやっていても、楽しいばかりじゃない。苦しくない練習なんてないし、まだまだ小学生だ。遊びたい気持ちも当然ある。

プールに行きたい。海に行きたい。旅行に行きたい。友達と遊びたい。のんびりゲームがしたい。

何よりも息子がしみじみ言ったのは、この一言。

『お母さん……朝寝坊したいね。』

苦笑いしながらそう言った息子は、引率に忙しい私が疲れてきていることにも気付いていた。でも一番頑張ってきたのは、息子たちだった。


帰り道、コンビニに寄ってアイスを買った。息子の好きな白くまアイス。私はチョコミント。

『お疲れさま。』

そう言って手渡したアイスを無言で受け取り、食べ始める音が後部座席から聞こえてきた。同時に、鼻水をすする音としゃくり上げる音も聞こえてきた。


勝ちに手が届きかけただけに、悔しくてたまらなかったのだろう。

私は後ろを振り向かなかった。慰めは求めていないことを、空気で感じたから。

ほっといて欲しい。泣かせて欲しい。気が済んだら泣き止むから。

そんな声が聞こえてくるような気がした。


アイスをすくう音と同時に聞こえてくる切ない泣き声。私はそれを聞きながら、チョコミントを食べた。頬は濡れたけれど、声は出さなかった。私の泣き声を聞いたら、息子は無理矢理涙を止めるから。ちゃんと、泣かせてやりたかった。


負けちゃったけど。悔しかったけど。

それ以上に誇らしかった。あんなにも一生懸命頑張っていた息子も、仲間たちも。


『勝ちたかった。』

そう言って、一際大きな声で泣いた息子。自宅に着く頃には涙は拭われていたけれど、目は赤いままだった。


家に着いてすぐ、お風呂を洗った。お湯を沸かして、『髪を洗ったら呼ぶから』とちびに言い含め、ぬるめの湯船に浸かった。

堪えていたものが溢れてきて、止まらなくなった。


勝ちたかっただろう。どんなにか。

息子の白くまアイスは、いつもよりどれほどしょっぱかっただろう。


頑張ったよ。よく頑張った。

格好良かった。一生懸命だった。

『負けは負けだ』とあなたは言い捨てたけど、お母さんは忘れない。勝ちたい気持ちを最後の一秒まで諦めなかった、あなたの頑張りを。あなた達の一生懸命を。


胸が詰まるほどの素敵なものを見せてくれた。

毎日たくさんのギフトをありがとう。


お母さんたちもいつか、あなたたちにそのお返しが出来るといいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。 頂いたサポートは、今後の作品作りの為に使わせて頂きます。 私の作品が少しでもあなたの心に痕を残してくれたなら、こんなにも嬉しいことはありません。

ブックカバーは「心象風景Koji」をお薦めします。
90
書くことは呼吸をすること。 cotreeアンバサダー。エッセイは育児関連が多め、小説はフィクションとノンフィクションの融合。原体験が軸。 「サバイバーからの伝言」マガジンで自身の経験を元に虐待抑止の発信を執筆中。*プロフ参照 《ブログ》https://harunomama.com

コメント11件

ちょうど昨日夫がスラムダンクを観ていて、大泣きしていました。
観戦しているこっちまで悔しい嬉しいですよね。
負けた悔しさを経験した息子さんは、きっともっと強くなるはずです。そして負けた悔しさを知った息子さんはきっともっと優しくなったはずです。
はるさんと過ごした夏の経験が、息子さんにとって貴重な時間になりましたね!
はるさんも、息子さんも本当にお疲れ様でした!素敵なお話をありがとうございます!
(やっぱり最高のお母さんだな〜…)
おまゆさん、いつもありがとうございます🍀
SLAM DUNK!名作ですね✨
いつ見ても泣いてしまう……(;_;)

息子の頑張りを見せてもらえて、私にとっても最高の夏を過ごせています。めちゃくちゃ忙しいけど、そのぶんたくさんの気持ちをプレゼントしてもらっています。

普段は本当に余裕のないカリカリイライラな母ちゃんなんです。汗
息子たちがいつも道しるべをくれるおかげで、何とかなってます。笑
うちの三人もバスケ部でした。次男は一番小柄でチビなのにチーム一番の俊足で、週末の試合では毎週、親子揃って燃えました。

勝ったときよりも、負けちゃったときの方が得るものが大きいと私、思うんですよね。
ハルコさん、ありがとうございます🍀
ハルコさんの息子さんたちもバスケ部だったのですね✨
燃えますよね~、分かります!笑

本当にそうですね。
負けることから学ぶこと、たくさんあります。
また一回り、強く大きくなれているんだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。