見出し画像

加害について

いじめは、いじめる側の問題です。いじめられる側に問題があるのではありません。加害者にどれだけのストレスがあろうと、被害者にどんな欠点や個性的な特徴があろうと、それは決して、人をいじめて良い理由にはなりません。

虐待は、虐待する側の問題です。虐げられる子ども責任はありません。親にどれだけの同情すべき事情があっても、それは何の罪もない子供には、一切関係のないことです。

差別は、差別をする側の問題です。差別される側の問題ではありません。差別をする側がどれほど偏見まみれの環境で育ったとしても、生まれた時からそれが当たり前の社会だったとしても、みんなやっているよ!と言われても、それは絶対に、差別をして良い理由にはなりません。

自分以外の人間の人権を、踏み躙ってはいけません。もしも誰かをうとましく感じたり、偏見の目で見てしまいそうになったときは、ほんの少しためらい、美味しいものを食べたり、フワフワのお布団で眠ったり、おしゃべりしたり、空を見上げて深呼吸をしたりしましょう。

他人を傷つけて「いま」自分だけ生きのびようとするのが動物の本能なら、いまあるパンを分け合って他人と助け合い、多くの人間と知恵や能力をシェアして、よりよい「未来で」生きてゆこうと考えられるのが、人間に与えられた、素晴らしい才能。

ほんの少しためらう。どんなときも、どんなに間違っていないと信じて疑わない時でも、自分以外の他人に関わろうとするときには、そのほんの数秒を忘れないようにしましょう。たとえそれが家族や親しい相手であっても、ずけずけと他人のパーソナルスペースに侵入して、勝手に花を摘んではいけません。他人とは、違う人格を持ち、異なる価値観を持った、尊重すべき隣人です。

いじめや差別をなくしたい!と言うと、「いじめられたこともないくせに語るな」「差別の歴史について学んでないなら語るな」「まだ若いくせに、経験もないくせに…」と言われてしまうことがあります。でも、聞き入れる必要はありません。世の中を良くしたいと願うのに、資格や許可はいりません。若くても、経験がなくても、感じたことはどんどん話しましょう。なぜならこれらの問題については人生経験が豊富な大人よりも、わたしたち若者や、まだ何もわからない生まれたての赤ちゃんの方が「スタート地点の気持ちに近い」のだから。

わたしたちは最初、誰もが赤ちゃんでした。他人に危害を加えることも、歪んだ偏見の目で世の中をみることもない、ただ快適に幸せに眠ったり食べたりすることだけを望む赤ちゃんでした。なのに成長して様々なものを手に入れてゆくにつれ、わたしたちは少しずつ嫌な生き物になってゆく。もっと得をしたい、愛されたい、嫌われたくない…。

欲しいものが増えるたび、他人をうらやみ、不公平を嘆き、そうしてだんだんと少しずつ、心を黒く染めてゆきました。どこで間違えてゆくのだろう。どこでこうなってしまったのだろう。

どんな知識や経験も、生まれたときのまっさらな気持ちに立ち返って考えてみることに勝るものはない。わたしはそう考えています。

毎日起きて人生にログインするだけで自動的に溜まってゆく常識のログインボーナスや、何の装備もないアバターにゴテゴテと飾り立てた偏見のコレクション…。

今の自分をかたちづくっているものは何なのか、それらを自分に与えた人はだれなのか、その価値観はこの先も一生自分に必要なものなのかを、いるものといらないものに分けて確かめてみませんか。思い出して欲しい。人生の旅に出たとき、いったい何を持っていた?

死ぬ気でリセットしなくても実は、人生にはセーブボタンがついている。自分が知識や偏見と引き換えに「大切なものをなくしている」と感じたら、いつでも記憶をたどって、思い出せる限り子どもの自分に戻ればいい。

いつの間にかびっしりとこびりついた「世の中こんなものだから」というあきらめや、「こうしていれば安心だ」という習慣や、「もうおかしいと感じなくなった」常識を、ひとつずつ丁寧にはがしてゆく。そうして最後に残ったものがきっと本来の自分自身なのだと思うし、その姿を取り戻すことで、誰もがほんの少しずつ、誰かに優しくなれると思うのです。


春名風花



⭐おまけ


今日は稽古休みだったけど一日Twitterを見るのをやめて、気分転換に友達と遊んできました。帰ってきたら弁護士さんから、先日勝った発信者情報開示の報告書が届いてて、相手の身元が分かりました。めっちゃ近所に住んでたりしたら怖いし嫌だなって思ってドキドキしてたけど、とりあえず住所は遠かったです。ホッとしました。笑  これから刑事・民事両方で、損害賠償請求をしてゆく予定です。頑張ります。自分のしたことが何だったのかを知って欲しい。考えてみて欲しい。これで少しでも、悪質な投稿をする人が減りますように…


またねー!!🐤✨





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

130
18歳になりました

コメント4件

お疲れさまです。
色々大変だと思います。
支えになるような応援がんばります!

加害者側の色んな理由は、
どれも自己中の内容が多いです。

被害者の立場から見れば
理不尽な内容ばかり。
悲しくなります。

ノーと言えない人のため、
声をあげられない人のため、
私も声をあげていこうと思います。

それから、風花さん自身の件も進んでいるようでよかったです。
ずっと応援します。
早くいい方向に解決するよう祈っています。

裁判の件、ご自身も仰る通り春名さんの判例が今後悪質な投稿を減らす切欠になるかもしれない、とても社会的な意義のあることだと思います。
こんなコメントするだけの自分が無責任にも感じるけど、応援しています。
頑張ってください!
春名さんのように、何事にも疑問を持ち、それを表現することを続ける人を見たことが残念ながらあまり多くありません。もっと増えたらいいなと心から思います。春名さんに刺激を受け、私も自分の周りから日本を支配している偏見や凝り固まった思考を変えていきたいと思っています。応援しています。
人は〜してはいけない。では変われないという経験をしました。沢山の「してはいけない」を身にまとっていた頃は、「だって何何が……」が付きまとっていました。それがあるとき「そんな者でありたくない」と思ったのです。その瞬間から人生が変わりました。それは私の主体性の獲得であり、プライドの獲得でした。そこからが本当の意味で私の人生の始まりになった気がしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。