見出し画像

有名税

【君、想像したことある?】
ぼくは小学6年生です。タレントだけど、ふつうの女の子です。
今から書く言葉は君には届かないかもしれない。だって、いじめてる子は、自分がいじめっ子だなんて思っていないから。
いじめがばれた時、いじめっ子が口をそろえて「じぶんはいじめてない」って言うのは、大人が言う保身のためだけじゃなく、その子の正直な気持ちじゃないかなと思います。
ただ遊んでいるだけなんだよね。自分より弱いおもちゃで。相手を人間だと思ってたら、いじめなんてできないよね。感情のおもむくままに、醜悪なゲームで遊んでいるんだもんね。
ぼくもツイッターでよく死ねとか消えろとかブスとかウザいとか言われます。顔が見えないから体は傷つかないけど、匿名なぶん、言葉のナイフは鋭いです。
ぼくだけでなく、時には家族を傷つけられることもある。涙が出ないくらい苦しくて、死にたくなる日もあります。
けれどぼくは、ぼくがいくら泣こうが、本当に自殺しようが、その人たちが何も感じないことを知っている。いじめられた子が苦しんで、泣いて、死んでも、いじめた子は変わらず明日も笑ってご飯を食べる。いじめは、いじめた人には「どうでもいいこと」なんです。
いじめを止めるのは、残念ながらいじめられた子の死ではありません。その子が死んでも、また他の子でいじめは続く。いじめは、いじめる子に想像力を持ってもらうことでしか止まらない。
いじめゲームをしている君へ。
あのね。キモい死ねと連日ネットで言われるぼくが生まれた日、パパとママはうれしくて、命にかえても守りたいと思って、ぼくがかわいくて、すごく泣いたらしいですよ。この子に出会うために生きてきたんだって思えるくらい幸せだったんだって。それは、ぼくが生意気になった今でも変わらないそうですよ。
想像してください。君があざ笑った子がはじめて立った日、はじめて歩いた日、はじめて笑った日、うれしくて泣いたり笑ったりした人たちの姿を。君がキモいウザいと思った人を、世界中の誰よりも、じぶんの命にかえても、愛している人たちのことを。
そして、その人たちと同じように笑ったり泣いたりして君を育ててきた、君のお父さんやお母さんが、今の君を見てどう思うのか。
それは、君のちっぽけな優越感と引き換えに失ってもいいものなのか。いま一度、考えてみてください。(はるな・ふうか=タレント 2012/8/16 当時小6 朝日新聞掲載

______________________________ ✍🏻

有名な人間にはどれだけ悪意をぶつけても良いと思っている人が大勢いる。しかも彼等は咎められると「軽い気持ちで感想を言っただけなのに反応されて傷つきました。あんな人をテレビに出さないで下さい」と匿名でクレーム出来る切り札を持っている。更にその言い分で分が悪くなれば、黙ってアカウントを消して逃げられる。いつだって顔のない人たちは自由だ。

僕は幼い頃、ひょんなことから「twitter」という本意ではないところで有名になってしまった。そのため何年もの間、身の丈に合わない多くの有名税を支払ってきた。ストーカー対策や防犯にかけたお金、何度も警察に呼ばれる事で削られたスケジュール、弁護士への相談に通った日々、かかった労力も馬鹿にならない。

経験を逆手にとって、インターネットの被害体験を語るサロンや講演会をしないか?と言う依頼を戴くこともある。確かにそれは有効な手段だろうし、トロールの有効な利用の仕方だとも思う。でも仮にそれで収入を得られるとしても、訳の分からない被害にあった上、見知らぬ他人から「可哀想な被害者」だと思われるのは僕のプライドが許さない。同じような被害にあって苦しんでいる人のために協力したいという気持ちはあれど、インターネットの被害者という哀れなポジションにはなりたくない。世間から「可哀想な人」と思われるのは嫌だ。それに被害者として語ることは、匿名の卑怯な攻撃が「効いている」と言うことになってしまう。

僕は傷ついてもいないし傷つけられてもいない。顔のない人間に、他人の誇りを傷つける事など、絶対に出来はしない。

ゴロゴロしながら指先ひとつで悪口を書き散らし、日常の憂さ晴らしにクレーム電話をかける、そんな人たちに簡単に傷つけられて辞めてしまうほど、僕の芝居への想いは軽くない。ただずっと耳の横を飛んでいる蚊のように腹立たしいだけだ。そんな人間に面白半分に仕事を妨害され、その上、何事もなく平和に生きている人たちからも優しさという哀れみの目で見下されるのは、とてもじゃないが耐えられない。

ただそうは言っても、現実問題としてコストはかかる。みるみる収入は減っていくのに有名税だけが取られ続ける。身を守るためとはいえ、僕はどれだけ無駄金を使うのだろう?そのお金は大好きな仲間と素晴らしい舞台を創って稼いだものであり、お客様が僕達の演技をみるために払ってくれた貴重なものだ。それをこのような防衛戦のために使い続けることが許されていいはずはない。お客様からいただいたお金は、本来、女優として成長し、もっとお客様に喜んでいただくためにのみ使われなければならない…。

インターネットは楽しかった。何処の馬の骨とも分からぬ女の子の内面を知って貰える事が嬉しかった。否定的な意見も含め、他の人が世の中の物事にどのような感想を持っているのかを知ることは楽しかった。この9年間、僕はそれなりに有意義な時間を過ごしてきたと思う。意見を積極的に発信してゆくことで、ぼくの出演する「芝居」にも興味と関心を持ってくれる人がちらほらと出てきてくれたのも嬉しい。

でもその裏では目立つ発言をするごとに、僕はトロールの玩具にされていた。発言を切り取って揚げ足を取られ、拡散され、本業の仕事をつぶされ、攻撃的な人から身を守るコストだけが年々膨らんでゆく。たまりかねて直接、そういう事を書くのは止めてくださいとか、それは誤解なので訂正してください、と丁重にお願いしても、晒された!ひどい!芸能人が一般人の私をいじめた!と騒がれ、ガンガン職場にクレームを入れられる。ある公演前には、春名風花を起用する舞台を中止しなければ劇場と所属事務所を爆破する、という脅迫もあり、警察が劇場入口と劇場の中でお客様のボディチェックをするような騒動になった事もある。メンバーにも、お客様にも嫌な思いをさせたし、本当に多大な迷惑をかけた。

何が悲しくて、芝居を観に来てくれるお客様を疑うような真似をしなくてはならないのだろう。自分のお客様だけでなく、仲間の大切なお客様まで。ここまで他人に迷惑をかけて、僕は演劇をやっていて良いのだろうか。

「あなたを使いたかったが、予算上警備に人員を割けなかった。何かあっては申し訳ない」と、決まっていた仕事をキャンセルされた事も、実は一度や二度じゃない。それでも圧倒的な人気さえあればリスクも承知で使えるのだろうが、残念ながら僕にそこまでの集客力がない。インターネットでの発言に興味を持ってくれる人は増えても、その人たちがみんなテレビを観てくれたり、舞台やイベントに来てくれるかと言うと、そうではないのだ。

真綿でじわじわ首を絞められる生活が続く。僕が仕事を潰されていく横で、同年代の仲間は誰に妨害される事もなく、毎日楽しく仕事をしている。「なぜ自分だけがこんな目にあうのだろう。」と思ってしまう夜もある。そんな日は、あたたかな飲み物を飲んで早く寝る。どんな理不尽も自分の蒔いた種だし、それで他人を羨むようなことは僕の美学に反するからだ。しかし、そうは言っても仕事を潰されるのは、本当に精神にこたえる。自分のやるはずだった仕事を、何も知らない別の誰かがやっているのを自宅で見てしまうこともある。この先も慣れる事はないだろうな。

僕はそこまで間違った事は言っていないと思う。それに、もし僕の意見が間違っていたとしても、Twitterでの議論はTwitterでやるものであり、職場にクレームするものではないはずである。だが過激なネットトロールはそんな話が通じる相手ではない。いったん「ムカつく芸能人」と認定すれば、社会的に死ぬまで追いつめる。僕の家族だけでなく友達や仲間までが僕と交流があるというだけで粘着され、監視され、匿名掲示板に名前を書かれていると知った時は心臓が潰れそうになった。皆「大丈夫だよ。気にしてないから遊ぼう」と言ってくれたが、迷惑をかけるのが怖くて、僕はあれこれと言い訳をして、そのうち誰とも遊ばなくなった。特に芸能関係の仲間とは距離を置いた。学校でも話さなくなった。中学時代の友人は、今も数える程しかいない。学校も職場も友人関係も、全てを焼け野原にするまで攻撃は続くから。

ただ一つだけ良かった事は、そのとき距離を置いた友達が、次々とブレイクしたことだ。迷惑がかからなくて本当に良かった。被害が僕一人で済んで、本当に良かった。カムパネルラ的に言うと、僕はほんとうのことをしたと思う。


色々な人の協力を得て、やっとの思いで一人の身元を特定することが出来たが、相手が精神疾患でどうすることもできなかった事もある。当時やっていた番組…特別支援学校のヒーローが、心の病相手に裁判をすることは出来ない。仮にもし勝てたとしても、その後の芸能活動は難しい。あきらめるしかなかった。彼がどこまで僕の生活を破壊しようが、僕は芸能界にいる限り強者で、彼は保護されるべき弱者なのだ。Twitter上でもフォロワー数の多い者は強者と呼ばれ、どんな中傷にも言い返すことが出来ない。そもそも人前に立つ仕事をしていると言うだけで、僕達は何にも反論することが出来ない立場なのかも知れない。世の中は理不尽で出来ている。

やがて心労からか親が体調を崩し、実家の家計は更に火の車となった。こんな生活で、セキュリティにお金や体力を使う余裕はない。本当は他の場所に寄ってストーカーをまいて帰らなくてはならないのだが、疲れてそれどころではない。

もうバイトや舞台稽古が終わったら、真っ直ぐ家に帰りたい。


基本的に有名税を要求される人間は、多くの人より成功し、それなりの収入を得ている事が多い。相手が一線を越えてきたら裁判に持ち込めるだけの余力がある。「一般人より良い思いをしているから、叩かれるぐらい何だ。有名税だと思って我慢しろ」という身勝手な妬み恨みを一身に受けるのに相応しい地位にいる人物と言ったら何だが、叩かれている人々は皆努力し、社会的成功をおさめている。しかし僕は違う。何らかのビジネスが成功して売れたのではなく、ただインターネットで無償で名前だけが広まっていっただけの高校生である。Twitterでいくら名が知られても、それは1円の儲けにもなっていない。成功もしておらず、収入も得ていないのに、「炎上商法」「売名行為」などと陰口を叩かれるのは全く納得がいかない。

(話はそれるが小学校でも、中学でも、高校でも「SNSは匿名ではないよ。悪いことをすれば必ず特定されて捕まるよ。」という授業を受ける。僕はその授業をいつも苦笑いで聞いている。「必ず捕まる」。嘘ではないが、そんなに容易いものじゃない。被害届を出すだけで何日も取られた殺害予告や爆破予告ですら、僕は捕まえて貰えなかった。学校の先生は、民間で誹謗中傷した人間を特定する発信者情報開示請求の費用が最低いくらかかるか知っているのだろうか。僕達中高生やその親に、ポンとその費用が払えると思っているのだろうか。プロバイダのログ保存期間はびっくりするほど短く、費用を工面している間に消えてしまうと知っているのだろうか。時効がすぐに来てしまう絶望感を味わった事はあるのだろうか。新聞やニュースで見るような裁判を起こせる人は、ほんのひと握りである事を知っているのだろうか。(もしここで僕が立ち上がり、何の力もない被害者が犯人を特定し罪を負わせるまでに、いったいどれだけの労力が必要なのかを話したら、先生は困るだろうな。)

大した収入が無いのに、コストをかけて身を守らねばならない生活がいつまでも続けられるはずはない。このままでは仕事も生活も、いずれ破綻するだろう。世の中の理不尽な事に声をあげて行きたいと思うが、その前に自分が壊れてしまう。

2月4日で18歳になる。

これ以上有名税を払えないし、払いたくない。なるべく目立つ意見を発信しないように、注意を払って発言してゆきたい。話を聴きたい人は正式に取材を申し込んで貰うようにしたい。言いたいことはきちんと事務所を通し、仕事として、番組や取材の場で話すことにしてゆきたい。それならば時間もお金も体力も、少なくともマイナスになる事はない。

今日もTwitterを開けば、気になる話題ばかり。語りたいことは沢山ある。でも、それによって僕が消されてしまう訳には行かない。

泳げないのに、溺れた人を救うことは出来ない。そして同じ事を発言するのでも、無力なままの自分と、何かを成し遂げた者では説得力も違うはず。だから、今じゃない。


高校を出たらお金を貯め、指導をたくさん受けて技術を上げたい。進学もしたい。もっと有意義な時間とお金の使い方をしたいし、一人前の役者になりたい。今は、女優・春名風花として生きる事だけに集中したい。それが舞台を観てくれるお客様のため。

でも、この長く辛かった時間も、僕は無駄じゃないと信じたい。全ての経験は僕が芝居をするためにあったのだと、いつか懐かしく振り返れる日が来ると信じたい。

幸せな人が想像だけで生み出す架空の物語ではなく、実際に苦境を生きた人間の怒りや哀しみがあるから、名作と呼ばれる沢山の壮絶な芝居がある。役者をやる上で、経験に勝る勉強はない。どんな理不尽も、どんな孤独も、全てを演技に変えられる日がきっと来る。


有名税。僕がいつかこれらを演じられたその時に、きっと僕の払った有名税は戻ってくるはずだ。



春名風花

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みくださりありがとうございます🌸サポートをしていただくと僕がお肉を買って食べることができます。よろしくお願いいたします✨✨✨(*˙ᵕ˙ *)

ありがとうございます‪⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬💕✨
3293
日常を取り戻す

この記事が入っているマガジン

有名税
有名税
  • 17本

新型コロナの影響で裁判が延期になってしまい、今後の期日もまだ決まっていない状態です。普通の平和な日常を取り戻せるまで頑張ります。

コメント (25)
Twitterのはるかぜちゃんと思っていたから、ここ迄辛い思いをなさって来たとは知りませんでした。僕には貴女の嫌いな安っぽい同情以上の事は出来ません。舞台等で、本当の、役者としての春風さんに触れたいけど、病身の我身には中々難しい。
世の中には理不尽な事が多くて、むしろ納得できる事の方が少いかも解らない。無責任を承知で申上げます。何があっても黙らないで、悪意に曝されて苦しんでいる無数の人にとって、春風さんが私心無く発信して下さって、大きな、いやむしろ偉大な希望を抱けた。春風さんの払った代償は大変に重かったみたいで、僕には到底想像もできない。
でも、貴女の様な目の見える若者の存在は大袈裟でなく人類の至宝だよ、どの世にも私心無く行動する人が居て、漸く世界は動く。春風さんにその役割を負わせるのが余りに酷なのは、極最近貴女をフォローし始めた僕にだって判る。ネットに溢れる悪意は恐ろしいです。
でもねぇ、有名人なら恵まれてる、とは限らない位、春風さんクラスの人のファンなら解ってますよ。
僕に言えるのは唯一、貴女は人一倍物が見える。人を見る目もある筈です。始めは安っぽい同情でも、僕みたいな駄目人間と違って、世の中には信頼できる人も大勢居る。そう言う人と思いっ切り一緒に泣いて、甘えて。人間はどんなに歳をとっても子供だよ、誰にも迷惑を掛けず甘えずなんて有得ない。誰かと共に泣くのは人間にしかできないでしょう?怒りの鉾を振回すのはどんな下等な動物にも出来るけど。

春風さんを知ってまだ日が浅いけど、貴女は僕の誘導灯です。より一層の御活躍を祈念しつつ僕も、大変な人と共に泣ける人間になれる様、努力します。
最後に一言、あなたなら大丈夫、己の語彙の乏しさに嘆き入りつつ、平凡ながら「応援していますよ!」
最後に、と言ったけど再読してもう1つだけ、長々御免なさい。優しさを見下す意味で使う人も居る、それは否定しません。でも、憐れみは決して、断じてそう言う意味ではありません!!!!憐れむとは嬉しきを共に喜び、苦しきを共に苦しむ事。
素直になれない時があっても、人の憐れみの心だけは疑っちゃいけない。苦しい時は神頼みでも良いから、どこかで支えてくれる誰か、又は何かを忘れないで!一銭の支えも出来ぬ身で、何ら偉そうな話はできぬけど、貴女の与えた希望によって誰か必ず心の底から感謝してる。「主人公力」忘れないでね、繰返しますが、応援してます!辛い時は泣いて、嬉しい時は笑って下さいね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。