遥 美沙樹

はるか・みさきと読みます。日本性科学会会員・性問題カウンセラー・TABOUとAZOTHの所長さんです。女性が男性を抱くという性行為を推奨しています。個人的に形而上学なども。

遥 美沙樹

はるか・みさきと読みます。日本性科学会会員・性問題カウンセラー・TABOUとAZOTHの所長さんです。女性が男性を抱くという性行為を推奨しています。個人的に形而上学なども。

    マガジン

    • 遥美沙樹の大福帳

      モヤモヤとした考えの中で、ある結論にたどり着いた話を主に書いています。特殊な見聞録としてお役立てください。

    • 遥美沙樹のメヲミヒラク

      19年間延べ8000人以上のデータを持ち、その中から水滸伝のようにひとつひとつのドラマを開いていきたいと思っています。よりコアな内容には、お値段がついておりますが、執筆の励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします。

    遥美沙樹の大福帳

    モヤモヤとした考えの中で、ある結論にたどり着いた話を主に書いています。特殊な見聞録としてお役立てください。

    すべて見る
    • 14本

    新宿三丁目駅E1までの道

    今さらご存知の方も多いと思うのですが、 一応形にしておこうと思い立ちました。 これは帰り道ですので、 向かってくる時は逆からご参考くださいね。 TABOUがエリアとしているホテル街から、 最短で新宿三丁目駅E1出口までの道のりです。 大体の方が、この交差点を左折して駅に向かうと思うのですが、 ここは、まっすぐ進みます。 お馴染みの九州ラーメンと最短で閉まる(!)サブウェイの交差点です。 すると、左手に吉本興業東京本社が見えてきます。 ここはよく芸人さんと遭遇します。

    スキ
    3

    ストーカー行為とは

    ※この話に出てくるストーカーは、TABOUやAZOTHの会員さまではありません。 この業種に限らず、いわゆる「夢を売る仕事」にありがちなのが、 過度な執着で追い詰めていくストーカーです。 かくゆう私も昔、家の鍵を開ける寸前で声をかけられ一発で家バレしたり、 毎日使う駅でずっと待ち伏せされたりもしましたが、 相手の気持ちが醒めてくれるのをずっと待つしか方法はなかったのです。 これ、どのくらいの恐怖かわかりますか? 私たちは、お客さまの「最も都合の良い夢を見せる仕事」をして

    スキ
    8

    これがTABOU(遥美沙樹式)のアナル開発です。

    遥美沙樹として生きて、早21年が経とうとしています。「早えぇ…!」。来年には大学卒業の年数ですが、ひと様の肛門でご飯を食べていますというと、なんとも妙な気持ちになりますねwいつも私に乾くことのない好奇心を与えてくださり、ありがとうございます。 さて、私のアナル開発の方法は、どうも他の施術する方とはずいぶん違うようで、それがきちんとTABOUのキャストたちに伝わっているのか少々不安ではありますが、こんな感じになりますということを、ここに書いておこうと思いました。 巷ではピン

    スキ
    67

    コロナ対策の衛生管理

    こういうことは、公にするには適さないと思っていたのですが、 同業の知人から、ぜひアピールすべきだと助言されたので、 それならと認めておきます。 TABOUとAZOTHは、 狭い事務所兼待機所ですので、 自粛期間中の前からキャスト、スタッフ共に自宅待機というシステムで営業しておりました。 それと同時に、 事務所ではこのようなことを徹底してもらっておりました。 汚い字ですみません;;(∩´~`∩);; それと元来、衛生管理を徹底していましたので、 洗面所も共用のタオルでは

    スキ
    4

    遥美沙樹のメヲミヒラク

    19年間延べ8000人以上のデータを持ち、その中から水滸伝のようにひとつひとつのドラマを開いていきたいと思っています。よりコアな内容には、お値段がついておりますが、執筆の励みになりますのでぜひよろしくお願いいたします。

    すべて見る
    • 13本

    新聞取材にご注意の巻

    これは私の母が亡くなったときの話です。 その1週間ほど前に、某新聞から取材を受けていたのです。 アナル開発について、とても熱心に質問をしてくださり、大変良い記事なると思うと担当記者さんは言ってくださり、私も満足してその場を終えました。 そして母の訃報を聞き、実家に帰ったわけです。 お葬式の遺族側の経験がある方ならお解りでしょうが、お葬式の参列者の数というものは、喪主の人徳がなせるものだと私は思います。 母は社交的な女性ではなかったのですが、父がその筋では有力者だったので、驚

    スキ
    3
    有料
    100

    ドラマのような偶然

    もう時効なので話せるネタなんですが、私は一時期この仕事から退き、関東近郊で古民家ライフを楽しんでいた時期がありました。 そこで新しく友達になった方々もいて、もちろん私の素性なんて知らないので、フツーの人としてお付き合いしていたのです。 しかし人間、どこでなにが起きるかわからないというサンプルのような事件が起きました。 いま思い出しても、あの数秒間は何時間にも思えた瞬間でした。 こんなこと、ドラマじゃなくても起きるんだなぁと。 当時、仲良くさせていただいていたご夫婦が居ま

    スキ
    2
    有料
    100

    後イきを神戸まで引っ張った男

    彼は50代後半の独身生活を優雅に楽しんでいる男性で、そのルーティンは聞いていてとても楽しいものでした。 旬の食べ物やお酒を取り寄せて楽しんだり、ちょっとした一人旅にも、とてもセンスを感じるものでした。彼のおかげで私のお取り寄せ欲もずいぶんと刺激され、12月になると今年はどこのおせちを買うか、どこのお酒がよくできているとか、そんな情報交換をするのが常でした。 彼が私のところへ来るようになったのは、数年前のこと。アナルには興味はあれど、怖くて踏み切れないし老後を考えるとリスク

    スキ
    6
    有料
    100

    メヲミヒラク#10女性の理解力が求められる時代へ

    ある男の旅に、たくさんの反響ありがとうございました。 正直、これほどに反応があるとは思ってもいませんでしたが、 みなさんそれぞれ、反応する場所が違うのも実に興味深かったです。 この話を一番最初にしたのは、うちのキャストたちにでした。 つまり自立した独身女性ですね。 彼女らは、既婚者が経済的援助なしに、 妻以外の女性と付き合っていることに理解できないと反応しました。 実にわかりやすい。 確かに昭和の愛人関係はそれでしたね。 甲斐性のない男が外に女を作るなんてありえない時

    スキ
    5
    有料
    100