見出し画像

新社会人必見!必ず使いたいツール3選!

スケジュール管理


スケジュール調整AI『スケコン』|日程調整を一瞬で
https://schecon.com/login
スケコンは ビジネスMTGから遊びの予定調整まで、30分単位で調整が出来る便利ツールです。スケコンを使えば、AIが面倒な予定調整を一瞬で調整してくれます。Googleカレンダーと連携すれば、更に便利に。あなたの空き時間が一瞬でわかり、決定した予定の入力を自動でしてくれます。


https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fschecon.com%2Fassets%2Fimages%2Fsummary_large_image_event.png&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r


まず新社会人におすすめしたいのがこのScheCon(スケコン)というツール。スケジュール調整をAIが自動で行ってくれるという優れもの。

新社会人がまず戸惑うのが予定への認識の違いです。学生までは予定管理に少々ミスがあってもなんとかなりましたが、社会人になるとそうはいきません。

一度のミスが今後の信用を大きく失う事につながります。ほとんどの新社会人がそんな事はわかっていると思いますが、そう簡単に順応できないのが人間です。

そこでこのツールが活躍してくれます。
ScheCon(スケコン)の魅力
数ある予定調整ツールの中からこのツールを推薦した理由についてです。

まずGoogleカレンダーと連携する事ができ、空き時間をAiが一瞬で確認してくれるという点です。通常だと自分でどこの時間帯が空いているかを自分で確認し、相手と調整しなければいけなかったのですが、このツールを使えばその調べる時間を短縮する事ができます。

また複数人での予定調整も簡単にシェアして調整できるため、会社のミーティングや私用でも活躍する事が想定されます。


Schecon | スケコン -「空き時間確認」編 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=J_cq-kleKY8
誰とでも、何人とでも、予定調整が一瞬で。 AIスケジュール コンシュルジュ サービス「スケコン」 https://schecon.com/ 面倒な予定調整をGoogleカレンダーと連携して、誰とでも、何人とでも、予定調整が一瞬で。簡単予定調整、出欠管理ツール「Schecon | スケコン」の「空き時間確認」機能を...
https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fi.ytimg.com%2Fvi%2FJ_cq-kleKY8%2Fmaxresdefault.jpg&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r


情報管理


Google ドライブ - 写真やドキュメントなど、ファイルのクラウド ストレージとバックアップ


https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/
Google ドライブを使って写真や動画など、さまざまなファイルをバックアップ。安全なクラウド ストレージに保管されているファイルにどこからでもアクセスできます。
https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fdrive%2Fstatic%2Fimages%2Fdrive%2Flogo-drive.png&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r


Googleドライブ。使っている人も多いとは思いますが、念のため使っていない人もいるかもしれないので紹介しておきます。

各種ファイルの保存・共有が可能なクラウドストレージ(インターネット上のフャイル保管庫)サービスです。ドキュメント、スプレッドシート、スライドなど様々なファイルを保存可能。

社員になったらまずGoogleアカウントを作りましょう。(5分もあればできます)それだけで会社からの情報の受け取りが円滑に行えるようになります。


Skype


Skype | 無料通話とチャット用のコミュニケーション ツール
https://www.skype.com/ja/


いつでも気軽に連絡し合いましょう。携帯電話や固定電話、および Skype for Business に発信できる無料のオンライン通話やメッセージ、手頃な料金の国際通話を利用して、効果的なコラボレーションを実現します。


https://rr.img.naver.jp/mig?src=https%3A%2F%2Fsecure.skypeassets.com%2Fcontent%2Fdam%2Fscom%2Fog%2Fskype-fb-og.png&twidth=300&theight=300&qlt=80&res_format=jpg&op=r


会社員になると打ち合わせなどの話し合う機会が増えます。そこで活躍するのが「Skype」。少人数、もしくは1対1の打ち合わせにおすすめです。

1ヶ月あたりの通話時間の上限が100時間をあるため十分無料で使う事ができます。

ライン電話よりも音質がいいし、接続状況も安定するのでこちらを使いましょう。仕事の電話となると、こういった少しの違いでも重要になってきます。


時短の感覚を身につける


今までの日本はインターネットの普及が進んでいなかったため、社会人の時間はみんなほぼ平等でした。なぜならツールなど大して存在しなかったし、そもそも情報の流通が不十分だったため、どうしても周りと同じように時間を使わざるを得ないかったように思います。

しかし、現在は様々なツールが存在します。テクノロジーの発達によって今までの固定概念をいとも簡単に覆すようなサービスがどんどん展開されるようになりました。

そこで私たちに求められるであろう能力が「時短感覚」です。時代の流れに乗れていない人は未だに自分でやる必要のない事を当たり前のように自分でやっています。または必要以上の時間的コストをかけて作業をしています。

テクノロジーをうまく使いこなせない人は今まで以上に周りに置いていかれます。分かりやすい例を出すなら、高齢者と若者です。彼らには決定的な違いがあります。それはスマートフォンが使えるかどうかという違いです。

若者が当たり前かのように使っているスマートフォンが高齢者にとってはよく分からないツールなのです。ゆえに使っていない人が未だにたくさんいるのです。

私からすれば、ほとんどの人がテクノロジーの発達についていけていないように感じます。それくらい発達スピードが早いのです。

自分にしかできない事はなにかもう一度考え直してみましょう。もっと自分の時間を有意義に使えるようになるかもしれませんから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネットビジネス初心者に向けて情報発信中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。