見出し画像

ただただ幸せ

ハルカ

七ヵ月前に、
Free!に出逢って人生が変わった。

私の人生には、推しがいる日々が当たり前だった。

七瀬遙に出逢うまでは、リアルな人間が推しである世界だったし、人生で一番長く推している人がいた。いたにもかかわらず(コロナで現場も離れていたし自分の人生を生きるのに推しに時間をさくのも減ってきていたのはあるが)、その世界をがらりと一瞬にして変えさせて、夢中にさせたアニメのキャラクターは、Freeの七瀬遙だった。

出逢ったタイミングがただはまりしてしまう流れだったのかもしれない。七ヶ月前は、Freeシリーズの七瀬遙の物語の最終章の映画公開直前で、情報だったり超絶盛り上がってるときに出逢ってしまった。

私自身にとっても、人生の中で、少しひとつのことが落ち着いたタイミングでもあったから、それも加速させた所以ではあるだろう。

本当に、自分の人生をがらりと変えさせてしまう出来事があるとおもう。それが、私にとって、七瀬遙、はるちゃんであることは間違いがないし。

七ヶ月前に出逢って、流れで、FreethefinalStrokeの前編の公開初日がお休みで、初日初回を拝んで、そして衝撃をうけて、七ヶ月後の未来をずっとずっと待っていた。カウントダウンするほど待っていた。

その日を、2022年4月22日に迎えて、初日の公開に立ち会って、後編を無事にみれた私の感想は、「ただただ幸せ。ありがとう。」という気持ちでいっぱいになった。

本当に素敵な作品だし、すべてのキャラクターに対しての愛が溢れていて、七瀬遙らしくて、Freeらしさが溢れてて、本当にはるちゃんは最高にFreeなヒーローなんだなぁって。

映画をみる前は、正直、七瀬遙の物語最終章で、はるちゃんのことを腹の底の部分で、理解できるのかなぁと不安だった。はるちゃんのことは大好きだけれど、天才肌すぎるし、言葉でなくて表情とかで彼の想いを汲み取るということが、本当に最初は至難の技で。はるちゃんの周りにいる仲間の言葉で理解できる部分はあるけど。はるちゃんも、はるちゃん自身の内側にあるわかりきれていない自分の感情や自分の未来や夢に対する想いだったり、自問自答しているからこそ。


心配してたことを、全部ふっきらせてくれるようなストーリーで。はるちゃんのことをさらに大好きになったし、でてくるすべてのキャラクターもさらに大好きになった❤️こんな気持ちにさせてくれた、Freeを愛して製作してくださった、製作に携わってくださった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいになった❤️京都アニメーションさん、ありがとうございます❤️

ただただ幸せな作品を創ってくださり、この世のなかにだしてくださりありがとうございます❤️はるちゃんに出逢えて、ほんとうによかった!七瀬遙って、本当に最高なヒーローだと思う。本人がそれを自覚していないし、よくわかっていないのも、本当に最高なんだよね。

これからも、人間、七瀬遙を見守っていきたい。はるちゃんが大好きだから。

はるちゃんの周りにいるみんなのことも、大好きだから見守っていきたい。見守らせてほしい。

そんな気持ちです🌸
もっと書きたいことあるけど、整理つかないので、また!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハルカ

よろしければ、サポートお願いいたします☺️❤️ 愛のエネルギーを循環させていただきます❤️❤️❤️LOVE💖