見出し画像

受託エンジニアしんどい

エンジニアになりたいと思った大学4回生の夏、未経験ながらとりあえずrubyが良いと言われrubyとrailsを勉強したがtodoリスト作るので精一杯。コンサルティング会社に就職しようと思っていたけど周りがなんか意識高くて気持ち悪かったので辞退。このままでは露頭に迷うと思ったのでどこか入れるところはないかと気合でエンジニアに就職。ここまでは良かった。

どうも新卒エンジニアでっす(。ゝω・。)ゞ

こんな感じで去年から新卒エンジニアとして働いているはるかすです。振り返ってみると、独学でruby触っていた時よりは幾分か進化しました。サーバー周りはまだ勉強途中ですがfirebaseとreact使ってwebサービス作れるくらいにはなりました。(firebaseヤバイ)

ただ日々成長を感じる1年でしたが最近悩みを抱えます。

クソみたいな修正、クソみたいなコードを改修

まずクソみたいな修正について、私は受託会社でのエンジニアなので基本的にはクライアントから修正依頼を出されたら修正を行わなくてはいけません。今の案件ではクライアントと話をする人、私(フロント)、同僚(バックエンド)、バックエンドの見守り役、フロントエンドの見守り役の5人くらいで回っていてその中でもフロント、バックエンドの2人で開発をしています。現在は開発自体も終わりサービスのリリースも済んでいるので世間で言う保守運用といった類に当たるのでこの少ない人数で回っています。

さて話がそれましたが、そのように開発も落ち着き人数も少ない中で細々とした修正がよく起こります。ここの文言変えてください、フォント変えてください...etc

こういったちょっとコード変えれば良いものは楽ですが、たまにここの仕様どーなってんのエラーじゃない!?とか言われるとさぁ大変です。なぜなら

仕様なんて知らん!

最初から開発しているわけではないのでどう言った経緯でこうなっているかなどわかるわけもありません。(正確にはわかるにはわかりますが探すのもめんどくさい。)

まぁでもこちらもお金をもらっているのでそう言うことは言えません。とりあえず、コード的にはこうなっているのでこうなっていると言ってみます

いや、こうしてって言ってましたよねどうなってるんですか?

いや、こっちが聞きたいです。と若干キレられながら修正を行う毎日です。まだ簡単な改修なら楽ですが、これがまぁまぁめんどくさい物とかだと最悪ですね、コード書いた奴コメントくらい書いておきなさい。

そしてそこから発展していく次のイライラ。クソみたいなコード書くなについて、これはマジでキレそう。

機能を追加したり、複数人で開発すると起きてしまうのですが、同じ機能であっても実装のしかたが違うなんてことがよくあります。こっちではこう定義しているのに、そっちではこう定義している。さてどっちが正解ですか!?ボタンのコンポーネント作ってるのにそれを再利用せず独自定義したり...探すのに手間取る!!!

あと、コード内に

TODO:あとでやる committed 1 year ago

いややれや😠

やらないtodoならむしろ書かないでいただきたい。コメント書けと言いましたがtodoリストを書く場所ではありません。やってなかったらpushしたときにでも出るようにしとけ。

とまぁ日々イライラが溜まってきていますが、楽しいことももちろんあります。やはり受託会社の良いところは色んなサービスを見れることだと思います。

firebaseを使っているサービスやawsを使っているサービス、両方使って実装しているとか、技術を色々な使い方をしているのを見るのは純粋に勉強になります。ついでに実装の内容などもみれますし自分が作ってみたかった機能ってこうやれば作れるんだーみたいな発見もあってシンプルに楽しいです。あと、タスク降ってこないと暇なので基本的にyoutubeみてます✨バレなきゃOK

あとはやはり良し悪しはありますが、自分で機能を考えなくても良いと言うことですかね。エンジニアをやる人は大体が何かを作りたいって思って始めると思うのですが、初心者のうちは作りたいのものってなかなか見つからなくて結局挫折....みたいになりませんか?

そう言った部分はない(作れって言われるスタンスなので)のでまぁ楽っちゃ楽です。ただそのままだと腐りそうなので、自分だったらこうするなーとかって考えたりして想像力を養ってます。←

やはりとりあえずやるのは正義だと言いたい。浪人して1年エンジニアの勉強するとか言っていましたが、ここは働いていて良かったところです。

最後に

エンジニアは楽しいです、受託エンジニアも楽しい(?)です。次はバックエンドを頑張ってそのあとはモデリングに進みます。はい。アニメ作ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
東京の人は道を譲らない
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。