株式会社ハロスマイル『マッチング』と『サポート』の動きがよく分かるノート

はじめまして。 人材業界18年間、総勢1,000名以上のスタッフさんに関わってきました。。 お仕事の相談だけではなく、恋愛・教育・借金話までさまざま。 積み重ねてきた経験を活かして、人材・世の中の出来事・流行・SNS・ツールなど色々な情報を、配信していきます。
    • ❒パワハラ防止措置の義務化 厚労省が法整備提案 企業側慎重論

      厚生労働省は労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で、職場のパワーハラスメント(パワハラ)の対策として、企業に防止措置を義務付ける法整備をあげた。ただ、経営側の委員の中には「慎重に考えるべきだ」との声があがり、具体的な方向性は決まらなかった。 パワハラには、企業に法的な防止義務が課せられていない。同じハラスメントでも、セクシュアルハラスメント(セクハラ)は男女雇用機会均等法、マタ二ティーハラスメント(マタハラ)は育児・介護休業法などで企業に防止措置を定めている。企業は相談窓口設置などが求められている。

    • ❒介護の外国人材、5年最大6万人  外食5.3万、建設4万人

      外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案をめぐり、法務省は、14業種別の受け入れ規模を国会に提示した。新制度を導入する2019年4月から5年間の最大見込み数は介護が最も多く6万人。外食5万3千人、建設4万人などとしている。安倍晋三首相は国会答弁でこれらを「上限」として運用する方針を示している。

NEWS情報配信サービス、始めました!

▼株式会社ハロスマイル ホームページ https://harosmile.com ----------------------------------------------------------------------- 「3つのキーワード文字」を…

2020年4月1日「同一労働同一賃金」スタート

2020年4月1日から大企業と派遣会社を中心とした「同一労働同一賃金」が満を持してスタートした。 スタートして約5ヶ月が経過しました。 簡単に「同一労働者同一賃金」の内…

人手不足、30年に640万人 女性・シニア就労課題 民間調べ、AI活用も必要に

遣の4割正社員希望 厚労省が実態調査、中高年化も進む

❐ 協会けんぽ ❐  人材派遣健保、今年度で解散 協会けんぽへ移行