見出し画像

こんな時だからこそ免疫力を上げる鍼灸

皆さん鍼灸ってどんなイメージお持ちですか?

私が鍼灸師になる前は、お爺ちゃんやお婆ちゃん、スポーツ選手が良くやっているイメージでした。何に効くのかもわからない、「鍼を身体に刺すの・なんか怖いな。大丈夫?」そんなイメージでした。

最近ではNHKのテレビや民放の放送でも良く目にするようになりましたよね。それも、美容鍼や不妊鍼灸が一番目にする機会が多いように思います。昔は鍼灸の受診率は3%ぐらいと言われていましたが、現在は13%ぐらいまで引きあがってきたと言われております。その背景は、美容鍼灸の人気が高くインスタグラマーさんや芸能人が受けていることがきっかけで鍼灸の受診率がアップしました。

そんな鍼灸なにがいいの?

鍼灸はアジア圏(中国、日本、韓国)多く取り入れられるイメージですが、実はドイツやアメリカ、イギリスなど欧米諸国でも医療の一つとして東洋医学は使われています。WHO(世界保健機関)が鍼灸の有効性を認めています。最近では国家をあげて研究を進める国もあり、科学的に解明されていることもあり少しずつ進歩しています。

東洋医学ではストレスからくる症状や特定できない症状、慢性症状など西洋医学で苦手としている分野を鍼灸では積極的に導入されています。鍼灸が敵用な疾患は多くあり、鍼灸は病気にたいしてアプローチするのではなく、全身の健康状態を整えていく特徴があります。

人間には「治そうとする力(自然治癒力)」「抵抗しようとする力(免疫力)」の二つがあり鍼灸はその2つを引き出す力があります。

その為、美容鍼を受けたのに不眠症が治った、頭痛で鍼灸施術を受けたのに便秘が解消されました。など健康面全般で良いことがたくさんあるのが鍼灸の魅力的なところです。

鍼灸の刺激が全身にもたらす影響が大きいので日々のケアで病気を未然に防ぐことができます。

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
奈良県生駒市、鍼灸整骨サロン HARIARTです。 HARIARTは、一人ひとりが健やかに美しく生きることをサポートします。東洋医学、西洋医学の観点から正しい知識を共有し、3つの美容を約束します。 詳しい情報はこちら https://linktr.ee/hariart4