高栁 実 @和鞄プロデューサー

和装カバン工房アトツギ/年間1,000人超が受講する"経営心理士"の一人/職人技術を持ち、ユーザーの気持ちに寄り添うカバンプロデューサー/形見の帯や着物をオシャレな鞄に誂える/コーディネート実績200件超/ Hareru(ハレル代表) / アトツギベンチャー参加

和装バックが進化できない3つの理由②

前回の記事で、「革新的な形を作っても業界で評価されない」ということについてお話しました。 今日は和装バックが進化しない第2の理由、コスト面の課題についてお話した…

和装バックが進化できない3つの理由①

何故和装バックのデザインは変化しないのか?何故もっと便利にならないのか?今回のテーマですが、私は10年間和装バック製造に携わってきて見えてきたことがあります。 「…

私が本場大島紬のマスクをプレゼントする理由

私は大阪でHareru(ハレル)という小さなバック工房をしている高栁 実と申します。2010年に家業である和装鞄下請け工房に入社し、10年間和装バックのことを勉強し2020年4月…

何のために働くのか?

「何のために働くのか?」 幼かった当時の私が分かっていた筈はありません(笑) 生まれ持って自分の使命や、やりたいことがある人は稀だと私は思います。 無邪気な幼少時…