原哲也 📸
67/365「僕はあなたの事を全力で応援するし、僕のことも応援してください」05/17
見出し画像

67/365「僕はあなたの事を全力で応援するし、僕のことも応援してください」05/17

原哲也 📸
朝から号泣した


インターネットで発信する。

それは

世界中に向け、そして半永久的に残る


だったら、カッコいいことだけを書く方がいいと思う。

僕は朝から号泣した。

「ワンワン」声を上げて泣いた。


涙と鼻水が止まらない。

45歳。2022年5月、早朝4時。

僕にだって書けない事はある。

たくさんある。

それでもこのnoteには正直に書きたい。

僕は朝から号泣した。「ワンワン」声を上げて泣いた。

朝、僕は瞑想をする。

いつものように瞑想アプリを開き、Airpods proを耳に装着して
座布に座る



今朝はこの瞑想を課金して購入した。


なんとなく気になったのだ。

想像していたものと違い、会いたい人をイメージして
その人からメッセージを受け取るといった内容だった。


離婚してから8年、一度も会えていない娘が浮かんだ。

僕はイメージの中で娘に会った。


メッセージもしっかりと受け取った。


「娘に会いたい」


「娘に会いたい」「娘に会いたい」


「娘に会いたい」「娘に会いたい」「娘に会いたい」


「会いたい」「会いたい」「会いたい」



僕の望みはそれだけだった。


分かってたけどそこからずっと逃げていた。


逃げられないことも分かっていたけど


ずっとずっとずっと逃げていた。


逃げて逃げて逃げて逃げて逃げて逃げて逃げて逃げ続けていた。

逃げるためにここに書けないようなこともした。

でも

もう逃げられない。



「距離」

写真展をする。僕は宣言をした。


そこには娘の写真が必要だ。


もう逃げられない。


本当に。


やるしかない。


僕のやりたいことはそれしかない。


いつまで逃げてるんだ。


もう時間はない。


これを読んでくれてる方でなにかからずっと逃げている人


そうあなたです。



僕と一緒に向き合いましょう。




僕はあなたの事を全力で応援するし、僕のことも応援してください。

<↓↓↓どん底の人を月に3人無料で撮影します。詳細は↓の記事をお読みください>



カッコつけてる場合じゃない。




また明日会いましょう

僕の新しいポートフォリオです。もしよかったらみてみてくださいね。



いい記事だな!って思ったら♡マークをおしてくださいね!
(共感したらSNS等でシェアお願いします!) 



プロのフォトグラファーとして23年やっている僕は、およそ30000人を撮影してきました。その中には、本田圭佑さん、庵野秀明さん、佐藤健さん、神木隆之介さん、奥田民生さん、斉藤和義さん、滝川クリステルさん、竹中直人さん [こちらにそれらの写真があります。ご覧ください
Tetsuya Hara photography(ポートフォリオ)
そして、このポートフォリオに写真はありませんが、名古屋のスタジオ時代には、蒼井優さん、上戸彩さん、綾瀬はるかさん、深田恭子さん、
その他にも、映画監督、俳優、タレント、ミュージシャン、スポーツ選手、経営者などたくさんの著名人の方がいらっしゃいます。
『人を撮る』事を僕の"仕事”にしようと決めてから、
どうすれば、僕の写真が人の役に立つのかを考えてきました。
そして、たどり着いた答えが、「プロフィール写真」撮影です。

SNSやチャットツールのアイコンなどの「プロフィール写真」の重要度は増しています。
そんな"今”僕の撮った「プロフィール写真」でこれから「成功したい!」「もっと飛躍したい!」「よりよい人生を送りたい!」と考えている人の後押しができるじゃないのか??
そう思うようになりました。
僕の撮影はその人の本来の姿を撮影するものです。
人は皆、想像力(creative)と才知に溢れ(resourceful) 、欠けのない存在(whole)です。撮影を通してそれらを取り戻すお手伝いをします。
面白い話しですが、僕の撮った「プロフィール写真」を使うと、収入が上がる、出世する、良縁に恵まれるなど、仕事もプライベートもいい方向に向かうと実際に撮られた方からご報告を受けています。
何故?そのような現象が起きるか?
3つの理由があります。
・「プロフィール写真」がその人の本来の一番いい顔で写っているものなので、信頼感や高感度が増します。それを見た人は「仕事を頼もう」「素敵な人だ」と感じてくれます。
・SNSやその他「プロフィール写真」(アイコン)から発せられる言葉がよりよいものとして発信され、多くの人に伝ります。普段の投稿も変わっていきます。
・本人も毎日この「プロフィール写真」をみるので、常に一番いい顔の自分がインストールされます。「プロフィール写真に引っ張られて自分がどんどんよくなる」と言っていただいた方もいます。
こう考えると、たかが「プロフィール写真」と考えるのはいささか、
もったいないかもしれません。
「成功したい!」「もっと飛躍したい!」「よりよい人生を送りたい!」
と考えているあなた。
僕に「プロフィール写真」を撮らせてください。
あなたの人生を"素晴らしいもの”にするお手伝いをさせてください。
必ず最高の「プロフィール写真」をお約束します。

そして、このnote(セルフポートレート)は毎日セルフポートレート撮ってアップしています。思いも綴っています。僕も人生を"素晴らしいもの”にするための行動です。
一年間で僕がどう変わっていくか見守ってください。
よろしくお願いします!

↑note(セルフポートレート)365日毎日投稿達成しました

今は毎日、その日に撮った自分の作品を文章とともにアップしています。

note(セルフポートレート)365日毎日投稿達成しました


<↓↓↓どん底の人を月に3人無料で撮影します。詳細は↓の記事をお読みください>

<Twitterのフォローお願いします←←←>

<Instagramのフォローお願いします←←←>






















この記事が参加している募集

私の仕事

これからの家族のかたち

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
原哲也 📸

[一人でも多くのどん底の方の背中を押すために僕をサポートしてください]現状、無料での撮影は月三人が限界ですが、みなさんのサポートで「どん底無料撮影」の人数を増やす事ができます。合計で2万円が貯まる度に一人無料で撮影します。サポートしてくれた方は記事内で紹介させていただきます。

いつかあなたの写真が撮れたら嬉しいです!
原哲也 📸
写真家 原哲也のポートフォリオ→tetsuyahara.com