見出し画像

タロットに縋って何を得たか。

タロット占いは面白いツールだと思っている。何が面白いって、あまり情報を伝えていなくても割と「ああ、そうかも」と思えるような結果が出てくるところ。

少し前までは対面鑑定に強く拘っていたが、今は特定のyoutube動画を観るだけになった。youtube上でも様々な方がタロット動画を上げているけれど、個人的にどれも「んーなんか違うんだよな」という違和感のような感覚があり、観るチャンネルは固定化されている。その感覚は当たる当たらないとは別で、大雑把に言うと"相性"なのかもしれない。

youtubeの場合、万人向けの配信であるというのは理解したうえで、述べられている説明がピンと来ないのは仕方がないよなとも思っている。

youtubeに限らず、強く拘っていた対面鑑定すら殆ど興味が無くなってしまった。正確に言うと、タロット含め占いというツールの結果に対して情緒が惑わされなくなったから興味が薄れたのだと思う。

2年半ほど前から数ヶ月前まで占い結果に一喜一憂するほどハマって(縋って)いたのに、なんとも不思議な感じ。



そもそもハマった理由は、(当時)大好きだった子が忘れられず自ら調べ、情緒不安定のまま対面鑑定をしてもらったのが始まり。対面鑑定も十数回、複数人にみて頂いたけれども、振り返ると過去・現在の内容は当たっているように感じても未来は何一つ当たらなかったように思う。

タロットの場合、スプレッドの種類(展開法)にもよるけれど大体が過去・現在・未来、対策(アドバイス)を説明してくれる。けれど正直、どんな対策(アドバイス)を聞いても私にはしっくりくるものが無かった。それは誰の説明であっても。それでも、アドバイス通りに行動してみたけど、変化を感じることは出来なかった。

それは何故か。結果自体を疑っていたというよりも、鑑定師は他人であり、私と相手とのこれまでの関係などを言葉で説明したとしても伝わりきらない訳で。そのうえでの対策(アドバイス)はその人のこれまでの経験を述べている訳で。他人のアドバイスは当てにならないと言う事では無く、「相手の反応をマイナスに捉えてばかりじゃ自分の中での感覚を自分が掴めないままだし、アドバイスも意味を成さないよな」というこの感覚、伝わるかなぁ。


(まあ伝わらなければ、それはそれで構わない。)



だとしたら、『相手の反応とどう向き合うかを考えて、自分を偽らず、素直に丁寧に関係を築いていくことが大事なのでは』と気付いて今に至る。今なら「そりゃそうか(理解の意)」と思うけど、当時は何かに縋ってまで安心材料が欲しかった。

因みに自分を偽らないとは、自分を素直に表現するという意味合いであり、常に相手と対等な関係を保つということ。我慢しないけど無礼とは異なり、合わなければどちらかが去るだろう、という感覚。やっと沁み込ませることが出来たこの感覚。




もうタロットに縋る理由は無いけど、ある方のyoutubeチャンネルは面白いしタメになるからチェックしている。その方とはタロット鑑定でもお世話になったのだけれど、常に「マインドを整えることは大事だよー視点チェック大事だよー」と教え続けてくれた人。その意味が今なら解るし、とても感謝している。

信者では無いけど、次はどんな事をされるのか気になる(追っていたい)人物であることは確か。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ただの事務員さん☺︎ ▼マイペースに更新 ▼オフで居られる関係性 ▷どうあがいても時間は前に流れていくものであって(Kenshi yonezu)◁ ◆世界があたしを拒んでも 今、愛の唄 歌わせてくれないかな(wowaka)◆

ありがとうございます!励みになります♡
ただの事務員さん☺︎ ▼アウトプットする ▼未完成=変化し続ける ▼オフでいられる関係性 ▷どうあがいても時間は前に流れていくものであって(Kenshi yonezu)◁ ▶︎ 思ってることが100万あるとしたら喋れるのは3くらいだよね(wowaka)◀︎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。