見出し画像

さくら石鹸

十年来の友人から、誕生日祝いに「さくら石鹸」というのをもらった。

桐の入れ物のたたずまいは品がよく、持った手に軽い、美しい品物。

花びらの形をした、紙よりも薄い石鹸が、その小さな正方形のなかで重なっている。まるで、降って積もった春の桜の花のように。

一枚の花弁を手に取ってみる。そこに一滴、水を垂らす。

楚々と泡立ち、かすかに、しかし豊かな香りを漂わせて花弁は消える。

小さな儀式はいつでも人に力を与える。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
旅するように読めるエッセイと旅したくなる写真のページ https://happytortilla.nethttps://sub.happytortilla.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。