見出し画像

Work in the Morning

市街地で仕事する朝。

韻を踏んで独特のリズムを刻むBGMの歌詞に圧倒されて、言葉の海にたぷたぷと浸りながら街へ向かう。

いまにも雨のしずくが滴りそうな曇り空のあちら側には、白く光る真夏が広がってる。身ごと味わった事実。忘れもしない、アリゾナの上空。

カフェテラスを望むラウンドテーブル、店内にこだまする麗しいEnglish Conversation、大きなガラス窓の外側を足早に行き交うビジネスマン。いつも、毎日、きれいなショットを切り取れば、映画のワンシーンのように美しい瞬間を感じられる。

イヤホンをはずして、会話に耳を傾ける。いろんなひとが当たり前にいる空間ってほんとうに気持ちがいい。

小さなPCのディスプレイも、シティホテルのcoffee shopも、片道のエアチケットも、この惑星の各国をつないでる。

郊外で仕事する朝。

気が向いてファストフード店に寄ってみると、ボサノヴァの流れる清浄な気配に満ちていて驚く。通り道にこんな穴場があったなんて。

人はまばら、ゆとりのある客席。大きすぎない音楽、ここでならイヤホンはいらない。転調する音の散らばりが耳に心地よく響く。

なぜか、バカンス中のホテルでのbreakfastが思い起こされる。小麦の甘さの詰まったパンと、湯気のたつ舌触りのいいスープ。オープンテラスの向こう側に広がる山や海を眺めながら、少しづつ、ゆっくりと起動していく思考。

現実逃避?No,it isn't.

よき体験は無限の可能性を持ち、その後の日々の創造性に効力を発揮するのだ。永遠に。

いいことを思いつく場所は宝なり。

そして、

日々はまるで長い長い旅のようだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
旅するように読めるエッセイと旅したくなる写真のページ https://happytortilla.nethttps://sub.happytortilla.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。