時間をブロックすると優先順位が上がる
見出し画像

時間をブロックすると優先順位が上がる

篠原丈司|タイムマネジメント研究家


タイムマネジメント上達のコツ。

その1つが「時間をブロックする」

要は、先の予定を確保するということ。「重要だけど急がない」タスクはブロックを使うと実現しやすくなる。何も決めないと先送りを繰り返してしまうだけ。使い道が決まっていない時間も「何も予定を入れない予定」としてブロックしておく。

ブロックに慣れることで時間管理の能力は飛躍的に向上し、自分の大切なことに大切な時間を使えるようになる。

僕の周りにもブロックが苦手な方はいる。

先の予定を決めてしまうと他に急用が入ってきた時に変更しないといけないのが嫌だというものだ。気持ちはわかるが、それだと常に他人に振り回されてしまう。

僕が取り組んでいるブロックが、

・月曜日の午前
・金曜日の午後
・毎週平日の1日
・毎月平日の1日
・毎月最終水曜日の16時以降

それぞれ役割や趣旨は違うが、ブロックを確実に実行するために段取りなど工夫をしている。

残業が多い会社でも新人歓迎会が入っていれば定時でピタッと終わるようなものだろう。

もちろん、他に優先すべき予定が入るかもしれない。その時は変更する場合だってある。

しかしながら、どうやってそのブロックを実現するかを考えて実行することで能力が向上していく。

無意識に片っ端から大切な時間を使っていくことが問題だというわけだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
篠原丈司|タイムマネジメント研究家
タケシです。ジョージでも可。座右の銘は「時間の使い方を変えると人生が変わる」タイムマネジメントを小学生から広げていき、6月10日「時の記念日」に全国の学校で授業が行われることを人生の目標にしています。社会保険労務士です。https://happy-spiral.jp/