【転職あるある】志望動機が思いつかない
見出し画像

【転職あるある】志望動機が思いつかない

これまでの職歴は過去の経験を思い出し整理すれば、応募書類も書けるし面接でも話せると思います。

が、「志望動機は書くのが難しい」という方、多いです。それもHPや求人票で企業の情報は調べたのに。


そんな人にお伝えしたいのは「自分のこと考えるの忘れてませんか??」ということ。

つまり、自分軸の会社選びの基準を持っているかです。


例えば、

自分の強み・得意なことはどんな仕事で活かせるか。
どんな職場環境(上司・会社の方針)なら働きやすいと感じるか。

これを考えてみる。


新しいことにチャレンジするのが得意なら、

既存顧客ではなく新規顧客が多い仕事のほうが活かせるでしょうし、

前例踏襲ではなく改革や改善を行っている会社のほうが働きやすいでしょう。

経験や年齢関係なく何でも話せる職場や、提案を受け入れてくれる上司がいると良さそうですよね。


となると、会社選びの基準は、

・新規顧客の多い仕事
・改革や改善を行っている会社
・経験や年齢関係なく何でも話せる職場 と考えることができます。


そしたら、応募する企業はこの会社選びの基準に当てはまるか。当てはまるならこれで志望動機を作ることができます。

「私は新規顧客の多い仕事、改革や改善を行っている会社で働きたいと考えています。私の強み、新しいことにチャレンジする力が活かせるからです。御社は〇〇、△△で(→ここにHPや求人票で調べた情報を入れる)それが実現できると思い志望しました」

もし、会社選びの基準に当てはまらないなら、そもそも応募するかどうか考え直したほうがいいですよね。


志望動機を考えるには、企業の情報収集に加え、自分のこと(活かせる仕事や環境)も考える。

それが、より良い転職に繋がります!


◇◇◇

「今の仕事を続けるかどうしようか」と考えている方に、転職キャリア相談を行っています。詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです♪
私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。