はっぱちゃん

冷静で前向きになれる自分なりの工夫で気づいたことなどの記事多め、初めて知ったあれこれのシェアと日々の呟きなど… ごきげん予報の中のひとでもある。

はっぱちゃん

冷静で前向きになれる自分なりの工夫で気づいたことなどの記事多め、初めて知ったあれこれのシェアと日々の呟きなど… ごきげん予報の中のひとでもある。

    最近の記事

    • 固定された記事

    【持ち物見直し】私のコスメは窓際族?〜夏編〜

    所要で化粧品を揃えてから 出かけない日も化粧をしてみるようにしている。 化粧も練習、そして、自分の顔を見慣れておくのも練習。 どちらも意外と大切なことと感じるひとつ。 ただひとつ、夏場の化粧での悩みは 私たちが人たる故に汗をかき、 その汗によって瞬く間にクレンジングいらずのカッパが川流れするよりも鮮やかにメイクは汗滝と共に去りぬ… になるのだ。 とはいえ、肌はそのままでは直視できる状態でもない、色ムラを、整えておくだけでもしたい…と、悩んだ末に行き着いたメイク法と直す

      • どげんかせんといかん。 ノートにあまり最近参加できてなかった… そして、過去に書いた自分の記事を読み驚いて唖然とする。 こんなん書いてたんか!!

        • 多分2日続けて20:00や21:00まで 残業したから疲れてて 何となくモヤッとイラッ とすることが多かった。 今日は定時プラス35分 これだけでも全然違う。 明日は金曜日。神様ありがとう。

          • はっぱちゃんの散らし書き ゼロ

            これから思った事をつらつら書く、散らし書きのブログを書いてみようと思う。別アカウントをつくってはじめたかったけどそれが出来なさそうなので、現存するこちらのアカウントで書き始める。 といっても、noteのブログなどはしばらく書く事がなかったのでごぶさたに文章をかいている。ツイッターですら、本当に気が向いたときにしか つぶやいていない。 発信するってしんどいんだな・・・ しばらく発信する事を課して行っていたときに 山に登りたてのときに中腹までくるのに凄くしんどい思いをして

            職場での雑談から

            マダムがおもむろに話し始めた。 『結婚のススメ』 今回の短期の派遣では3人雇われている。 マダム以外は独身、1番若輩者は私。 手が空くと、何らかのタイミングでそれぞれのことを話す機会になる。 その会話の手綱はいつもマダムが握っている。 「あなた達、結婚は、したくない派?…」 と、控えめな質問から徐々に徐々に 穴が大きくなるような形で深く掘られる。 「全く考えたことがありません」という人はいないと思う。重なってくるものが増えていく度にプレッシャーになっていたものが、

            【緊急】きみを読む物語…から…私たちへ届く物語【タロット】

            社会が変わろうとしているこの時期… 未だ、価値観が変わらない世界も存在しながら… 全く価値観が変わった中で生きる人たちも混在している中で… 過去の世界とも言える、過去になったような価値観の世界では… まるでそれが音を立てて崩れるかのように 様々なトラブルや不協和音が発生している。 本当はその時点で「誤り」にも気づき、動いていかなければならない所なのだけど、なかなか価値観を変えることは難しい…そんな中では価値観の変化に抗い、価値観を変化させないというままの人たちは一定数存在

            きみを読む物語〜9月は誰に微笑むか…?〜

            気がつけば….。o○(いや、もっと早く分かっておくべき)8月もおわり…、あな、もう、9月…。 オリンピック目前に始まった緊急事態宣言も、まさかの延長… いったい、私たちのゴールはいつ来るのかと… 途方に暮れた気持ちになるのも本当によく分かります。とはいえ、 時間は平等に経過します。 いよいよ来る9月、もう9月になると 少し意識しないようにしていた年度末について意識してしまうのも無理ありません。 そんな9月はどんな時間になるでしょうか… 今回もカードで見ていきたいと思い

            【コレいいよ】ちふれのアイシャドウ

            久しぶりに«ちふれ»のコスメを購入した。 女性がお化粧を始める時、 まだお財布事情との相談により 導入編コスメとして手の届きやすいプチプラから始める人は多いと思う。 マスクをして外に出かけるのが当たり前の世の中になって1度ずっと面倒だと思ってた化粧をやめたり、スキンケアに注力しようと思ったり…、という方は結構いたと思う。 とはいえ、 やはり必要になる化粧をするシチュエーション。 焦りも混じり、グラデーションアイシャドウをさがしてたがなかなかしっくり来ない。 肝になる

            きみを読む物語~終戦記念日と問題を問題たらしめたい人たちからの卒業~

            2021.8.15 終戦記念日です。 終戦記念日は、誰にとっての終戦記念日なのでしょうか。果たして、この日に、終戦したのでしょうか… そして、今 世間での共通認識として問題だと思われてることは、誰にとっての問題で、このことを各々の頭の中に“問題だ”と思って欲しいのは誰で、このことを問題だと認識して欲しい人たちは、なぜ“そのこと”を、“問題”と思考させ社会に“問題”を定義しているのでしょう。 つまり、“問題”は作られ、小さな穴から1つ排出されたものを大きく大きく塗ったり固

            【歯医者記録③】歯石除去とフロスの大切さ★結構重要★

            3回目の歯科医診療で人生で初めて歯石を取りに行きました。 私は36歳なのですが、この歳で初めて歯石を取りに行ったというとちょっと驚かれる方もいると思います。 そのような方のために… 【歯医者記録①】 ↑大人になってから初めての歯医者で衝撃だったこと。 【歯医者記録②】 ↑2回目の歯医者で歯の大切さと手入れの大切さをまとめてます。 ということで…初めての歯石除去 顔にタオルが乗り何が行われてるのかわからない状態で歯医者で聞く音といえば…というような“キーーーーーン

            近くの古墳にいってみた

            お盆真っ只中 思うところあって 気になっていた古墳を探して 近くの古墳に行ってきました。 調べてみると… 色んな物語が込められてることがわかりました。 思えば東国三社を回った時から お話は続いていたのかもしれませんね。 ※念のためにその記事↓ 東の国三社をめぐらせて頂いた時の記事 私が行ってきたところ 可能な限りで写せるところを写真で撮ってきました。 1箇所目、内裏塚古墳 説明はこの解説書きの写真と重複するので割愛しますが、この場所は民家から少し離れた所にある海に

            きみを読む物語〜8月の奇跡は私たちのもの〜

            オリンピックも終盤。 盛り上がってますね。 私はテレビを持っていないので、 オンタイムで見ることが出来てませんが 活躍の記事を目にするとどうも目が潤み 感動してしまいます。 最後まで駆け抜けてくれてる日本の選手団の皆さん、そして、世界の選手の皆さんの活躍を心から応援しながら明日の閉幕まで安全に健康に気をつけて活躍なさられることを祈ってます。 さて、オリンピックのうらで、日々増減を繰り返す感染者数ですが、感染者数に関わり無く人は動き出してると感じてます。 そんな8月も初旬

            東国三社の旅道中

            思い立って鹿島神宮、息栖神社、香取神宮の三社にご挨拶をしてきました。 個人的に参ったので写真などは撮るのはやめようと思っていたのです。 参った順番は ①鹿島神宮 ②息栖神社 ③香取神宮 どちらも本日はじめて伺ったのですが 忘れられない旅になりました。 そして、この参った順番に理由があったのは途中で知ることになったのです。 ①鹿島神宮 鹿島神宮は大きく、開けたところで森が大きく奥が深い所でした。また、ただいま令和の大改造中で奥宮が工事中でした。 本当は家を出る時は

            【歯医者記録②】歯磨きの真相〜必要なアイテムは個々違う

            初診では口の中の歯たる歯の写真を撮影しましたが、2回目の診察の内容は… ・唾液検査 ・歯周病検査 ・歯磨きチェックと歯磨き指導 3点となりました。 私の1番の目的だったものがどうなるのか 結論から言うと、 →虫歯は治療しない   【レントゲン撮影の結果虫歯の凹みが生じて                 いないため、近々に治療は必要ではないと      の判断のため】 →親知らずはまだ判断中    【抜歯の専門医に問い合わせ中】 そして、この2回目の診察でまずしたこと

            【歯医者記録①】歯と私の気付き

            大人になってから30代後半になるまで 歯医者さんに行ったことなかったのです。 歯医者さんに行くことになったきっかけ①親知らずらしき雰囲気を発見 ……年齢がある程度すると、出てくると言う話は聞いてました。右下奥に一昨年くらいに一度虫歯の痛みかと思う痛みがあったのですが、歯磨きをがんばり、しばらくしたらいたみがおさまりました。ところがよく見たら歯茎の下の低いところに歯が生えて来てました。これが噂の親知らずか!と思い驚いたのですがまた何か変化があったら行こうと思い放っておきました