見出し画像

「非認知能力」獲得のために意識したいこと。~教師、家庭の両面から~

僕の学校では、「非認知能力」が専ら話題の的となっています。来年度から小学校のカリキュラムが大きく変わります。プログラミング教育の導入や英語の教科化などに注目が集まりがちですが、それと同じくらい大きな変化は、「学習評価」です。通知表の評価の観点が、3観点になるのです。

小学校において「学習評価」がどう変わるのか。

例えば、今年度まで国語科の評価の観点は、

国語への関心・意欲・態度
話す・聞く能力
書く能力
読む能力
言語についての知識・理解・技能

という5観点についてそれぞれ、A、B、Cのような評価をつけていました。社会科では、

社会的事象への関心・意欲・態度
社会的な思考・判断・表現
資料活用の技能
社会的事象についての知識・理解

という4観点について評価していました。しかし、来年度からは、どの教科においても、

知識及び技能
思考力・判断力・表現力
主体的に学習に取り組む態度

の3観点に統一されます。この大きな転換により、教師も新しい授業づくりを試行錯誤しています。「新しい」といっても、子どもたちに新しいことを求めるということではなく、「教師がこの3観点を、具体的な子どもの姿として授業を計画し、ねらいとした資質・能力が身についているのかを評価できるよう意識して授業改善していかなければならない。」という教師の課題が大きいと思われれます。

新しくなった3観点の中でも特に話題になっているのは、「主体的に学習に取り組む態度」です。ここで、重要なポイントとなってくる力が「粘り強さ」と「自己調整力」です。以前の記事でも書いたのですが、国語で「お気に入りの本を紹介するポスター作を作ろう!」という授業を例にすると、

「粘り強さ」を発揮している子どもの姿とは、
ポスターの構成について複数考え、「どの構成にすれば、自分の伝えたいことが分かりやすく伝わるか。」を試行錯誤しているような姿や、「一度書いた下書きを読み直し、分かりやすい文章になっているのか検討して、必要でああれば書き直す。」ような姿が考えられます。簡単に言うと、自分の目標を達成するために「こだわって」活動しているかということです。

また、「自己調整力」を働かせている子どもの姿とは、
事前に立てた計画を意識して、「計画では、ポスターの下書きを2時間で終える予定だったけれど3時間かかっているから、推敲の時間を計画よりペースアップして終わらそう。」と自分の学びを振り返りながら見通しを修正したり、「あらすじを書き出してみたけど、うまくまとまらないから、今日はもう一度じっくり本を読み直してみよう。」と、自分の学び方を調整するような姿が考えられます。簡単に言うと、「自分の学び方を客観的に振り返り、どのように進んでいけば目標を達成できるのか。」自分自身で学び方をデザインしていくようなイメージです。

そして、「粘り強さ」と「自己調整力」という2つのキーワードは、深く関わり合っています。「自己調整力」を発揮できる子は、「粘り強さ」を持ち合わせていると言ってもいいでしょう。ポスターをさらっと書いて、誤字脱字や記事の分かりやすさもチェックせずに提出して「1番だぜ!」と言っている子どもには、「粘り強さ」や「自己調整力」を発揮していないとみとられてしいまうかもしれません。

「主体的に学習に向かう態度」こそ「非認知能力」。

話題としている「粘り強さ」と「自己調整力」についてですが、実は、これこそ、「非認知能力」が深く関わっているのです。

「非認知能力」というのは、テストの点数に表されないような能力のことを言います。評価のキーワードとして挙げた「粘り強さ」を発揮するためには、「最後までやり抜く力」であったり、自分の感情をコントロールする「自制心」、ときには、「思いやり」が必要となることもあるでしょう。これらは、点数化して計ることはできませんが、学習場面に影響を及ぼすことは間違いありません。

「非認知能力」獲得のために、家庭でもできること。

では、この「非認知能力」は、どのようにすれば身につくのでしょう。それは、幼児期後半から、「自分で決定したことを実行する。」「成功体験や失敗体験を積み重ねる。」「仲間と協働的に活動する。」ことを通して獲得されていきます。ここで、重要になってくるのが、「環境要因」です。子どもが、「子ども自身が選択して決定し、納得して活動に向かえる。」環境になっているでしょうか。子どもは、様々なことに興味・関心があります。大人から見ると「危険」に感じても、興味が勝って行動してしまうこともあるでしょう。大人から見ると「失敗」の可能性が高そうなことでも、進んで挑戦していくでしょう。自分も含めて「親」としては。つい「注意」して止めてしまったり、「成功」が確実な方向へ誘導してしまったりするものではないでしょうか。そのようなときこそ、大人が非認知能力を働かせ、子どもが選んだことを尊重してあげたいものです。そして、大人から見た「成功」や「失敗」と判断せず、その体験から感じたこと、気付きを共有してあげることが大切です。

「非認知能力」は、小学校生活の充実度を左右する。

小学校に入学すると、当たり前ですが、日々授業があります。そこで、「非認知能力」がどれだけ獲得されているかで学習効果に大きな差が出てきます。もっと具体的に言うと、最後までやり抜く力があり、自分が「今」すべきことに集中して取り組むことができる。そして、課題を丁寧に仕上げようとする力があれば、教科に関係なく成果を残すことができるのです。これは、成績あるあるですが、最高評価Aの分布を見ていくと、どうしても偏りがちになることがあります。それは、「主体的に学習に取り組む態度」がAの子どもは、他の観点もAになる確率が高いからです。やはり、学習に対する意欲が高い子どもほど、テストの結果も高くなることが多いです。

「非認知能力」の獲得は、幼児期が大切ということを書きましたが、小学校生活の中でも身に付けることができます。僕たち教師は、この事実を胸に刻み、テストで100点が取ることを目的とした直線的な授業をするのではなく、子どもの興味・関心を高めながら知識を吸収することができ、さらに追究意欲を掻き立てるような授業をつくりあげていかなくてはならないのです!さらに、学校で得た知識を家庭生活に結び付けることも大切です。ぜひ、学校での様子を家庭でも共有することにより、子どもたちの学びへの意欲を高めることにつなげてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ママ応援宣言!「ママが元気になれば、子どもが変わる」を合言葉に、子育てをより楽しく!教育を変えて子どもの可能性を伸ばす方法を追求しています!

子育ても息抜きが肝心!
8
不登校から小学校教員。あたり前に囚われない柔軟な実践。十三年目にGLS開塾!「母親を笑顔に!」をテーマに、安心できる居場所と学校ではできない支援を子どもに提供。自己実現を応援します!問合せ・相談はこちら→hanex@hotmail.co.jp/Twitter@hanex0326

こちらでもピックアップされています

子育て応援記事まとめ
子育て応援記事まとめ
  • 30本

子育てにおける考え方や実践。そこから、発展させた母親支援事業「Grit Leaders School」の取り組みについてまとめました!

コメント (6)
続けてすみません。長文を打ったらうまく遅れなかったので😅「非認知能力」を育てることに秀でた教師は、昔からいました。問題児として取り上げられていても、その教師が担任になると、たちまち才能が開花して大活躍する!ような。ただ、認知能力に注目されるあまり、取り上げられていなかったのが実情です。今回の改訂では、日の目をみなかった支援がうまい教師にとってみれば、当たり前のことかもしれません。
最後に、細かいことを言うと「主体的」の評価の中身は①指導に生かす評価と②記録に残す評価の2つに分かれています。
①指導に生かす評価は、通知表へ直接反映されるものではなく、教師が授業改善へ生かすためにみとるものです。
②記録に残す評価は、通知表へ反映する評価です。
このようなスタンスが発表さらたことからも察すると、教師が授業改善をすることで、子どもたちが社会に出たときに本当に役立つ「生きて働く資質・能力」を身に付けさせろ!という教師側へのメッセージなのだと思います。
長々とすみません。お答えになっていれば嬉しいです。またご質問がありましたらぜひ!全力で答えますので、よろしくお願いします(^-^)/
とても丁寧な返信を下さりありがとうございます!

そうですよね。
もともとそういった支援がうまい教員の方にとってみれば、当たり前のことでしょうね。
こういった意識が教育機関全体に広がっているのは喜ばしいことだと思いました。

ただ、現行の教育システムをやりきるだけでも、大変だと伺っております。教員の方々にとっては負担が増えることになるかもしれませんが、あまり無理なさらないようにお身体気をつけて変革していってください。

陰ながら、現場で働く教育関係者の方々を応援しております。

また何かありましたらコメントさせていただきますので、その時はよろしくお願いいたします^^

ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。