子育て応援記事まとめ

301
【勉強法】なぜ、勉強に対する「やる気」がなくなってしまうのか。

【勉強法】なぜ、勉強に対する「やる気」がなくなってしまうのか。

大人になった今、やっと「勉強」の楽しさを知ったJUNです。 そして、その「楽しさ」を子どもたちに伝え続ける日々。 しかし、そのミッションはなかなか手強いと言わざるを得ません。 ipadが一人一台支給されたことで、かりそめの勉強モチベーションは見られているのですが、本当の勝負はここからです。 本日は、そんな話題。 イメージとして、「勉強=つまらない」とか「勉強=我慢してこなすもの」というのは拭い去れません。 では、なぜ、「勉強」に対するイメージは、こんなにも悪いので

スキ
4
【子育て】子どもに教えてあげたい!「ストーリー」を描くことの大切さとは。

【子育て】子どもに教えてあげたい!「ストーリー」を描くことの大切さとは。

伝記が大好きなJUNです! とにかく、人の人生に興味あり。当たり前ですが、僕は僕の視点でいきていて、他者とは違った価値基準で判断します。 ということは、本当に当たり前ですが、誰とも同じ人生になることはないのです。 そう考えると、一人一人の人生物語に興味がわいてきませんか。 本日は、そんな話題。 子どもさんにぜひおすすめしたいのは、「どんな人になりたいか。」をテーマに妄想ストーリーをつくること。 この妄想が、子どもさんの人生を豊かにしてくれるのです。 その理由につ

スキ
16
【子育て】「発言」が、自分の「成長」につながるという話。

【子育て】「発言」が、自分の「成長」につながるという話。

会議では、「早く終えること」に最大のコミットをしているJUNです。 モチベーションがない訳ではありません。むしろ、早く終えることにモチベーションMAXで望んでおります。 このように書くと、大変失礼なやつだと思われる思うのですが、会議の内容をないがしろにしている訳ではありません。 発言することも心がけています。 思い返してみれば、小学校の通知表には、 「答えを書くことはできても発言しません。」 と、明確に書かれていました。当時の先生は、なかなか厳しかったですね。

スキ
27
あれほど「後悔」したのに、同じ「あやまち」を繰り返してしまう理由とは。

あれほど「後悔」したのに、同じ「あやまち」を繰り返してしまう理由とは。

「僕は、どうしてここに来てしまったんだろう。」と割とよく感じるJUNです。 大丈夫。今のところ頭は正常に動いていますし、急にSFを語るサークルを始めたりしません。 むしろ、あなたにはありませんか? 「もうやめよう。」と思っていたのに「またやっちゃった。」という経験が。 本記事では、「僕たちは、なぜ『あやまち』を繰り返してしまうのか。」について話題とします。 ぜひ、「後悔ループ」にハマる前にループを断ち切れるよう、子どもさんへアドバイスしてあげてくださいね。 ▼僕た

スキ
18
【サークル投稿内容ちょい見せ!】学校では教えてくれないこと~自己理解編~

【サークル投稿内容ちょい見せ!】学校では教えてくれないこと~自己理解編~

おかげ様でサークルを立ち上げて約10か月が経過しました!! サークルの皆様におかれましては、何の確証もないような僕の気づきや妄想をあたたかく受け止めてくださり、本当にありがとうございます。 本当は、もっとサークル運営に努力すべきなのですが、「なかなか時間が・・・。」という言い訳をしながら、今日は、毎週投稿している記事の内容をちょっとだけ共有してしまおうという、思い付きの回でございます。 これから確実に変容していく「教育界」。 こらから確実に重要視されてくる「教育界」。

スキ
26
【子育て】子どもに教えてあげたい!「覚悟」を決めることが、「幸せ」を引き寄せる理由。

【子育て】子どもに教えてあげたい!「覚悟」を決めることが、「幸せ」を引き寄せる理由。

「第一印象」に全身全霊をかけているJUNです。 人見知りながら、サービス精神はあるので、なんとなく話を合わせるという能力はもちあわせているため、初対面で敵視されることはないと自負している次第です。 そんなことを言いながら、敵視されるかもしれない記事を一つ掘り返してみましょう。 ず~と前の過去記事で、「見た目」について言及した記事を書きました。 シビアな話、「人間は見た目じゃない!」と言い切れない部分もあるのです。 そんな「見た目」がかなり前面に出されて判断されるのが

スキ
23
【子育て】なぜ、「チャレンジ」が、自分を救うのか。

【子育て】なぜ、「チャレンジ」が、自分を救うのか。

どちらかというと見きり発車ばかりのJUNです。 しかし、見きり発車にも利点はあります。 もちろん、じっくり熟考することにも大切さがあるので、一概にどちらがよいのかという判断は難しいでしょう。 しかし、ひとつだけ確かなことは、 「チャレンジしないよりもチャレンジした方が結果的に自分を救うことになるよ。」 という話。 本記事では、その理由を解説していこうと思います。 ▼なぜ、チャレンジがあなたを救うのか。突然ですが、あなたは「後悔」するほうでしょうか。 「後悔」と

スキ
28
【子育て】子どもに教えてあげたい!情報収集する上で、注意すべきこととは。

【子育て】子どもに教えてあげたい!情報収集する上で、注意すべきこととは。

人生の最大の目標は「長生き」であるJUNです。 とにかく、変わりゆく世界が見たいのです。 10年前にさかのぼれば、現代がこんな感じになっていることを予想した人は、ほとんどいなかったでしょう。あの猫型ロボットだって、予想できなかったのですから。 ということは、今から10年先も、僕たちには予測不可能ということです。 そんな未来をつくっていく子どもたちに対して、伝えたいことを記事としましたので、ぜひとも、子どもさんへアドバイスをしてあげてくださいね。 ▼情報収集でおちいり

スキ
13
【子育て】子どもに教えてあげたい!情報を取捨選択する必要性とは。

【子育て】子どもに教えてあげたい!情報を取捨選択する必要性とは。

情報収集は、もっぱら音声メディアに偏っているJUNです。 というのも、テレビを見る習慣がないもので。ニュースもあまり見ていませんでした。 しかし、最近は音声による情報収集を続けております。 ほぼ長い私事になるのですが、きっと「有益な時間の使い方」を伝えられるなるはずなので、しばしお付き合いください。 ▼情報過多社会だからこそ。いうまでもなく、ちまたには情報があふれています。 情報処理能力に自信がないため、極力情報とたわむれないよう配慮していたのですが、情報収集に少し

スキ
29
子どもに教えてあげたい!なぜ、たくさんの人の前で話すことに緊張感を覚えるのか。

子どもに教えてあげたい!なぜ、たくさんの人の前で話すことに緊張感を覚えるのか。

人前で話すことが苦手な方の教師こと、JUNです。 仕事というのはある程度似た者同士が集まるもの。教師というのは、人前で話すことを頻繁に求められるので、どちらかというと話好きが多いように感じます。 だからこそ、子どもたちにもスピーチを求めることが多いでしょう。 あなたのお子さんのクラスも、朝の会で日直のスピーチが日々繰り広げられているのではないでしょうか。 スピーチ方法については、別の記事に書くとして、本記事では「人前でスピーチをするときになぜ緊張するのか。」について書

スキ
30