見出し画像

自宅軟禁 in NY - その5

その4はこちら

4月5日

頭痛から回復。テンションが急激に上昇。その結果noteを始めて今に至る。

最近の7pm clappingの様子

NY州

一日ごとの死者数が4月3日をピークに減少に転じた。
新規の入院者数は前日と比べて半減し、退院者数は増加。
医師、看護師、専門技師など約1000名が連邦政府によって派遣された。

感染者数 / 死者数

NY州:感染者数は122,031名、死者数は4,159名。
NY市:感染者数は67,551名、死者数は3,048名。

4月6日

洗濯をした。残念ながらよく使っている安いコインランドリーが2軒とも閉まっていたのでちょっと高い近所のコインランドリーへ。

画像1

街の様子。天気は良い。車は少ない。

昨日からの高いテンションが続いている。反動が心配。明け方だけだと思っていた雄叫びおじさんの声が深夜に聞こえる。24時間営業になったのだろうか。

NY州

- 死者数の増加は599名と横ばい
- 入院者数も358名と大幅に減少
- 公共交通機関等をなるべく使用しないNew York State on PAUSEは4月29日まで延長
- ソーシャルディスタンスを徹底しなかった罰金が$500から$1000にアップ

PAUSEの延期はCOVID-19に関するホットライン、692-692より、SMSで届いた。

NY市

- 手術衣やマスクを生産する施設がブルックリン海軍造船所に建設された。
- アジア人、特に中国人に対する差別が報告されている。人種差別にあったら311に連絡してほしい。
- 人工呼吸器などの不足が危ぶまれたが、火曜日か水曜日までの在庫の確保ができる見通しになった。

感染者数 / 死者数

感染者数は130,689名、死者数は4,758名。
感染者数は72,181名、死者数は3,485名。

4月7日

早起きに成功。やったね。
授業があったが、先生の体調が悪いらしく、先生は不参加。ゲストスピーカーのトーク。

インスタントラーメンを作ったのだが、お湯を入れすぎたのか味が薄い。(私は袋入インスタントラーメン、麺とスープを分けて作る派。今回は適量のはずなのに...)

NY州

一日あたりの死者数が731名と、過去最大になる。
医療スタッフが不足している。

感染者数 / 死者数

NY州:感染者は138,863名、死者数は5,489名。
NY市:感染者は76,876名、死者は4,009名。

4月8日

画像2

絶望の起床。そして授業。クラスメイトの背景がリアル自然で良かった。(右下)鳥のさえずりまで聞こえた。

20時前にスーパーマーケットへ行った。大方すべてのモノはふんだんにあった。

画像3

随分と前から行われていたことであるが、いくつかの商品は一度の購入数が4つまでとなっている。

ついでに晩御飯をシェイクシャックでテイクアウトした。冷めたポテトフライってどうしたらいいんですか?

そしてNYCのコロナウイルスはヨーロッパから来たものが大半とのニュース(Yahooニュース, Bloomberg)を発見。NYUの研究者が発見したらしい。

NY州

平均入院者数は平坦化している。
昨日に引き続き、過去最大の779名の死者が出てしまった。
失業者に対して追加で600ドルを給付する。

クオモ知事が、「パンデミックの前の状態には戻れないと思う。うまく乗り越えることができれば、新しい日常を迎えることはできる。」というような内容のことを言っていた。NY州知事のメッセージなどはこちら

NY市

人種によって死者数が異なっている。暫定的な数値として、死者の割合はヒスパニック34%(人口の割合29%)、アフリカ系28%(同22%)、白人27%(同32%)、アジア系7%(同14%)となっている。

感染者数 / 死者数

NY州 : 感染者数は149,316名、死者数は6,268名。
NY市 : 感染者数は81,803名、死者数は4,571名。

4月9日

授業、そして料理。カレー。

NY州

本日の死者数は777名と高いが、ICU収容者数が始めて減少に転じた。。
政府長官等を中心に、市、政府と連携して、基金・慈善家・チャリティー・寄付などをつなげて、必要なものを必要な人に推進していく"NY Loves"を推進していく。

NY市

これから先は3つの段階がある。(1)広く感染が拡大する段階(Widespread Transmission)、(2)感染が少なくなる段階(Low-Level Transmission)、そして(3)感染がなくなる段階(No Transmission)である。現在は広く感染が拡大する段階で、最後の段階に至るのは数か月先であろう。

感染者数 / 死者数

NY州:感染者は159,937人、死者数は7,067名。
NY市:感染者は87,028名、死者数は5,150名。

4月10日

大学主催の2つのオンライントークイベントに参加(映像を見た)。テンションの下降が始まる。

NY州

検査体制の充実を急いでいる。本日300の抗体検査を行うことを皮切りに、来週に1000,再来週には2000と拡大する。

NY市

USオープンテニスの会場である、ビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンターを野戦病院として開院する。

感染者数 / 死者数

NY州:感染者数は170,512名、死者数は7,844名。
NY市:感染者数は92,384名、死者数は5,663名。

4月11日

ソーシャルルディスタンスを保ちつつ自転車に乗った。高校生の頃は自転車で遠くに行っていたが、それも過去の話。運動量は減り、自転車には乗らなくなり、バイクに乗るようになり、それらの積み重なりとレンタル自転車の進まなさが相まって大変に疲れた。特に橋を渡るのはしんどい。

閉まった公園

画像4

空気がきれいな気がするマンハッタン

画像5

ちらほら人がいる橋。普段がどれくらいなのかは知らない。

画像6

NY州

昨日の死者は783人であった。
NY州は社会経済の「再開」と感染の「第二波」について検討するためのベストな専門家を集める。「再開」は段階的なプロセスになる。

NY市

市内の公立学校について、2019-2020年度の残りの期間をすべて休校にする。(しかしこれは州知事の決定が必要)9月に再開できることを目指す。

感染者数 / 死者数

NY州:感染者数は180,458名、死者数は8,627名。
NY市:感染者数は98,308名、死者数は6,201名。

その6に続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
瀧本花乃介 / Hananosuke Takimoto / Qux ( https://blog.qux-jp.com ) というグループでものづくりをしています / SFC -> ニューヨーク大学(NYU)のXEという専攻で学んでいます。